高桐院・雪景色
          
f0155048_22103356.jpg
雪を追いかけて向かったのは高桐院。
この日はお日様が出たり隠れたりでしたが、日当たりの良いところから解け始め。
雪の華は少しお疲れ気味の様相になりましたが、お庭の美しい雪景色をご覧ください。

(※1月15日撮影)







f0155048_22105358.jpg
高桐院入口。
キレイに雪かきしていただいています。
青空がが見えて、ちょっと木々の雪は解けかけています。


f0155048_22111090.jpg
立派な門ですよね。
日陰になっている分、ここの屋根や手前の松には雪がたっぷり。


f0155048_2212178.jpg
おお!
こちらは日陰だったおかげで、キレイに雪が残っていました。


f0155048_22121844.jpg
クランクを曲がり、受付へ。


f0155048_22125742.jpg
中に入ると、中庭は雪に埋もれていました。


f0155048_22132511.jpg
掛け軸と盆栽が出迎えてくれました。
盆栽の蓬莱庭園も雪化粧したかのように白砂がつかわれていますね(^^)


f0155048_22132958.jpg
「高桐院」の扁額がかかるお部屋から・・・
お庭が見えてきましたよ~。


f0155048_2215361.jpg
一面真っ白!です。
木々の雪の華は少しお疲れ気味でしたが、木漏れ日が雪におちていい雰囲気。


f0155048_22182925.jpg
利休好みの石灯籠。天下一と言われた逸品だそうです。
秀吉に取られそうになったため、一部を切り欠いて「傷物にござりまする故」と断りを入れたという。


f0155048_22183333.jpg
今はこのお庭の真ん中に鎮座しています。


f0155048_22183675.jpg
雪原のように真っ白なお庭の中に灯籠は鎮座していました。


f0155048_2218398.jpg
手水鉢は氷が張っていたようですが、真ん中から解けはじめてドーナツ型(^^)


f0155048_22185342.jpg
お部屋の額縁越しに、三斎(細川忠興)が使ったという井戸と墓所入口を望む。


f0155048_2219235.jpg
吊灯篭のバックも雪景色でした。


f0155048_22193843.jpg
分厚く積もった雪をさけて、いい場所に避難していたダルマさま(笑)


f0155048_2219492.jpg
加藤清正が朝鮮出兵時に、王城の礎石を持ち帰り、三斎に贈ったと言われる「袈裟型の手水鉢」。
いたずらにより、苔が剥がされてしまいましたが、随分元の姿に戻ってきていました。


f0155048_22201120.jpg
細川家の「五七の桐紋」の透かし彫り越しに、墓所より井戸を望む。



f0155048_22202336.jpg
日陰のおかげで、こちらはたくさんの雪が残っていました。


f0155048_22203779.jpg
客殿の茶席には「一鳥啼山更幽」のお軸。
静寂の中に響く鳥の声を聞くと、更に寂寥感が深まる」という意味。
雪のこの日は、まさにそんな雰囲気でした。


f0155048_22213129.jpg
森とした室内。
雪景色を眺める贅沢な時間。


f0155048_2223124.jpg
意北軒。
お寺の書院にあたりますが、千利休の居宅を移築したものです。
こちらにも静けさが漂っていました。


f0155048_22231995.jpg
侘び寂びを好んだ利休の趣味がわかるような、落ち着いた空間でした。


f0155048_22232854.jpg
華頭窓から覗く南天。
綿帽子をかぶって、何だか可愛らしい。

来シーズンは雪の華が美しい時間帯に再訪したいと思った高桐院でした。
by kwc_photo | 2017-03-27 06:06 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27658687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-27 06:36
高桐院の雪景色は、
雪が多ければ多いほど、
味わい深く感じますね。
Commented by umi_bari at 2017-03-27 08:36
Katsuさん、一枚目だけで大満足なのに、
素晴らしい作品をいっぱい有り難うございます。
バグースです。
参道から、ワクワクしてしまいますね。
Commented by 雪だるま at 2017-03-28 05:36 x
高桐院
お気に入りの塔頭の一つで
四季折々訪れていますが
未だ、撮影されたような雪景色には出会えていません
Commented by kwc_photo at 2017-03-28 17:53
>j-garden-hirasatoさん
高桐院さん、静かな雪景色でした。
参道のクランクのところは、もう少し早い時間だったら
雪の華も繊細だったかもしれませんが、4箇所目となると
仕方がないですね~。たくさん残ってて良かったです。
Commented by kwc_photo at 2017-03-28 17:58
>umi_bariさん
ありがとうございます。1枚めも心浮き立つ景色でしたが、
やっぱり参道がいいですね~。
井戸のまわりもとてもキレイに雪化粧してましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2017-03-28 18:00
>雪だるまさん
高桐院さん、四季折々の素敵な光景を見せてくれますよね~。
個人的には青紅葉の頃が好きですが、今回初めて雪景色を
楽しむことが出来ました。大徳寺は瑞峯院や高桐院、龍源院など、
魅力的な庭園があって楽しいですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< Prologue!京都の桜20... 満開の青谷梅林 >>