龍安寺・桜苑と鏡容池の雪景色(後編)
          
f0155048_239282.jpg
雪の華といえば、枯れ枝がある所!
龍安寺のお庭は石庭周辺だけではなく、桜苑や鏡容池の周辺も美しいんですよ~。
春の桜、秋の紅葉と楽しませてくれる木々が、見事雪の華を咲かせました。

(※2月11日撮影)


龍安寺の雪景色(前編)はこちら。






f0155048_2393425.jpg
石庭を拝観したあとは、桜苑のほうへ。
涅槃堂の屋根も雪化粧。
玉砂利を敷き詰めてあるので、雪の積もり方も独特。


f0155048_2395692.jpg
いろいろな木々があるお庭なので、雪の華も様々。
見ごたえある光景です。


f0155048_2395898.jpg
台杉の雪の華の向こうから、朝日が登り始めました。
神々しい光景です。


f0155048_23101251.jpg
台杉が並ぶ道を進むと・・・


f0155048_23103043.jpg
桜苑です。
枯れ枝がホントに美しくコーティングされ、繊細な雪の華が楽しめます。


f0155048_23103381.jpg
見上げても見事。



f0155048_2310448.jpg
そして、やってきました鏡容池。
紅葉や桜が並ぶ池の周りは、冬場は全て枯れ枝です。


f0155048_23105580.jpg
そのおかげでこんなに見事な雪の華に。
池に映り込む様子も喝采モノです。


f0155048_23112652.jpg
目を奪われる雪景色でした。


f0155048_2311317.jpg
葉っぱのある植物は、それはそれで面白い雪の造形に(笑)


f0155048_23115189.jpg
これは椛の枝ですね。
青空が映り込む池にしだれかかる雪の華。



f0155048_2312810.jpg
木々の間から見えるのは霊光院。


f0155048_23121189.jpg
右に浮かぶ小島には、2016年の大河ドラマにもなった真田幸村(信繁)と妻・竹林院のお墓があります。


f0155048_23133292.jpg
波が立つ池に映る雪景色もまた美しや。


f0155048_23135647.jpg
最後は弁天島へ。
モノクロの雪景色の中、朱塗りの鳥居の鮮やかさが引き立ちます。


f0155048_23171346.jpg
青空に恵まれた龍安寺。
広いお庭で極上の雪景色を堪能できました(^^)
by kwc_photo | 2017-03-25 06:02 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27653238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-03-25 06:05
Katsuさん、見事な雪の華が咲きましたね。
青空で、池も青くなってさらに美しいですね、
バグースです。
昨日、近所のお寺さんの桜が一輪だけ咲きました。
でも、まだまだですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-25 07:37
枯山水の雪景色もイイですが、
こういう回遊式庭園の雪景色も格別ですね。
信繁のお墓、
龍安寺にあったのですか。
知りませんでした。
Commented by kwc_photo at 2017-03-26 18:27
>umi_bariさん
素晴らしい雪の華の光景でしたよ。
池の中に映る青空も良くて、ホントに夢見心地の雪景色でした。
桜、まだ眠ってますねぇ。
開花してたのは一部だけでした。来週末は仕事なんで・・・困るなぁ(=_=;)
Commented by kwc_photo at 2017-03-26 18:40
>j-garden-hirasatoさん
こちらは石庭の見られる方丈庭園と、外庭との両方が楽しめるので
得した気分ですよ~。池の周りの情景は紅葉の頃も素晴らしいです。
信繁のお墓はあちこちに有るようですが、こちらは信繁の娘が嫁いだ
石川貞清(またはその嫡男重正)との関係で、龍安寺塔頭大珠院に
貞清が供養塔を建てさせたということらしいです。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 満開の青谷梅林 東山花灯路2017・春乃流舞踊... >>