興正寺の紅白梅
          
f0155048_22543726.jpg
梅が咲き始める頃、真っ先に咲きそろう紅白梅が楽しめるのはこちら。
西本願寺の南側、興正寺を訪れました。

(※2月15日撮影)







f0155048_2256371.jpg
興正寺に到着。
門の額縁から溢れるように紅白梅が。


f0155048_22561637.jpg
紅梅、良い咲きっぷりですね。


f0155048_22564439.jpg
青空も出て、紅梅がよく映えます。


f0155048_22565792.jpg
ギュッと咲いた紅梅。
今年も元気で良かった。


f0155048_2257665.jpg
阿弥陀堂をバックに、紅梅すだれ。


f0155048_22573832.jpg
三門をバックに。
門の向こうから朝日がさしました。


f0155048_22575392.jpg
鐘楼をバックに。
白梅はやや寂し目でしたが、昨年もちょっと元気無かったかなぁ・・・。
弱ってきているような気がします。


f0155048_22582048.jpg
蕾も多く、少し満開には早かったかな?と思いましたが、上の方は蕾が少ないですもんね。


f0155048_22592445.jpg
紅白揃い踏み。
ちょっと白梅のてっぺんがハゲてる感じ(^_^;)


f0155048_22592995.jpg
というわけで、紅梅メインで。
色の暗い三門が背景になると梅の色が引き立ちますね。


f0155048_2311246.jpg
紅白梅越しの鐘楼。


f0155048_2313733.jpg
寺務所の甍と紅梅。


f0155048_2343625.jpg
少し花が寂しかった白梅にはプクプクのメジロちゃんが来て華を添えてくれました(笑)


f0155048_234561.jpg
朝日が登り、青空がくっきり。
元気な紅梅の咲きっぷりが嬉しくなります(^^)。


f0155048_2353649.jpg
三門の両側に咲く紅白梅。

来年は白梅にも元気を取り戻して欲しいなぁ~。
by kwc_photo | 2017-03-18 06:32 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27639816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-18 07:02
紅白の梅、
オメデタイですね。
早春の凛とした空気、
伝わってきました。
やはり、
梅にはメジロですか。
花札の世界、再現ですね。
Commented by umi_bari at 2017-03-18 07:11
Katsuさん、山門からの額縁で、もうワクワクしますね。
興正寺さん、こう紅白の梅は立派ですね、駅からも近いので
有り難いですね、バグースです。
Commented by kurese0535 at 2017-03-18 23:38
こんばんわです。
この日はどうもでした。
うわ!!めっちゃ晴れてるじゃないですか!!
やばい!!やっぱり僕が曇り男かも(^_^;)京都駅ついたら曇りだしましたし(汗)
白梅はすこし寂しかったですがここの紅白梅の存在感は素晴らしいですよね。
にしてもここも人が少しずつ増えているような気がします。
Commented by kwc_photo at 2017-03-20 23:24
>j-garden-hirasatoさん
こちらはホントに門の両側を紅白梅が彩ってくれるので
この季節には必ず訪れています。
毎年咲き具合が違いますが、年々白が元気がなくなってきて
いるような・・・。
メジロは今年は桜も梅も咲きが遅いので、待ちきれないように
こちらに飛んできていました(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-03-20 23:24
>umi_bariさん
門から覗く紅梅、とてもキレイでしょう?
京都駅から歩いていきましたよ。
梅の季節になると、まずコチラが思い浮かびます。
いつまでも元気な梅でありますように。
Commented by kwc_photo at 2017-03-20 23:24
>kureseさん
この日は偶然でしたね~。
朝イチは割に晴れていたんですよ。
あのあと、たしかに曇りましたね(^_^;)

両方がキレイに満開になる年が来ないかなと期待していますが、
白梅、昨年もちょっと元気がなかったので、心配です。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 龍安寺の雪景色(前編) 千本ゑんま堂 強運節分祭・狂言 >>