千本ゑんま堂 強運節分祭・狂言
          
f0155048_20535818.jpg
千本ゑんま堂にて、節分の狂言を見てきました。
ちゃんと鬼が出てきますよ~(^-^)







f0155048_2054233.jpg
千本ゑんま堂では、「強運節分会」と称して節分行事が行われました。
千本ゑんま堂は、正式には引接寺(いんじょうじ)と言います。


f0155048_2054921.jpg
ド迫力の閻魔様がご本尊。
閻魔法王像です。高さ2.4mもあるんですよ。


f0155048_20542267.jpg
最初の演目は「花盗人」。
殿様に呼び出された太郎冠者は「良き花、求めてまいれ」と命じられます。


f0155048_2054497.jpg
太郎冠者は花盗人を訪れ、その花をくれ、と頼みますが・・・


f0155048_2055773.jpg
いいようにあしらわれ、追い返されてしまいます。


f0155048_20554158.jpg
大名に叱られ、脇差しを貸し与えられて、再び花盗人のもとへ。


f0155048_2056076.jpg
力づくで花を奪い取ろうと試みます。


f0155048_2056247.jpg
やったー!
でも、実は花と引きかえに脇差しを盗られてしまっている太郎冠者。


f0155048_2056893.jpg
花を持って帰りましたが、脇差しはどうした?と尋ねられ、また叱られる太郎冠者。


f0155048_20561751.jpg
今度は太刀を貸し与えられて、脇差しを取り返しに行きます。


f0155048_2056289.jpg
鞘をはらい、チャンバラになった二人・・・
結局太刀まで盗られてしまいました。


f0155048_20563584.jpg
またドヤされる太郎冠者。
今度は殿と二人で花盗人のもとへ。


f0155048_20564742.jpg
殿様が花盗人を羽交い締めに!
そのスキに太郎冠者は刀を取り返しました。
殿は盗人に縄をかけよ、と命じます。


f0155048_20565049.jpg
なんと太郎冠者、縄でござりまするか、と、藁から縄を綯い初めます(笑)
これが「泥縄式」。泥棒を捕らえて縄を綯う。準備が悪いことの例えになっていますね。


f0155048_2125297.jpg
何をしておる!と叱られ、縄をもって縛りにかかりますが・・・
殿様を縛ってしまい、まんまと逃げおおせる花盗人、という笑い話でした。


f0155048_2132358.jpg
二つ目の演目は「鬼の念仏」。
節分らしく鬼が出てきましたよ。ここは六道の辻。死者がさまよう場所です。


f0155048_213587.jpg
そこへ現れたのは1人の亡者。


f0155048_2151070.jpg
鬼は地獄へ送ろうとしますが、亡者が鉦を鳴らしながら唱える念仏に参ってしまいます。


f0155048_21193545.jpg
鬼は「こりゃたまらん」と亡者を極楽に送ろうとしますが・・・


f0155048_21202598.jpg
亡者は地獄にいる他の亡者を救おうと策を巡らせます。



f0155048_2120322.jpg
念仏を唱えると調子が狂う鬼。


f0155048_21203991.jpg
そのカンカン(鉦)をやめてくれ、と鬼は頼み、亡者は、その棒を捨てるように言います。
背中に隠して誤魔化そうとしますが、見破られます。

f0155048_2120567.jpg
そして、鬼の力の源、虎のチャンチャンコも脱げと・・・巧みに鬼の力を奪います。

最後は鬼に墨染の着物を着せて、巧みに促して鉦を持たせ、念仏を唱えさせるというコミカルな狂言。

続きは動画のほうが楽しいでしょう。ぜひ御覧ください。




千本ゑんま堂の節分狂言、仕事帰りにとても楽しませてもらいました(^-^)
by kwc_photo | 2017-03-17 06:52 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27639734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-03-17 06:59
Katsuさん、物語がしっかり分かりますね、
解説を有り難うございます。
楽しんで、運が上がる、節分狂言にバグースです。
Commented by A-HIMEKKO at 2017-03-18 00:17
節分狂言・・・と
言うんですね。
おもしろい掛け合いでした。

それにしても・・・
2,4Mの閻魔様のお顔がこ・わ・い><
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-18 07:07
どのお面も、
怖いですねえ。
閻魔様の前で、
演じられる皆様も、
ヤりづらいでしょうね。
失敗したら、地獄行き(笑)。
Commented by kwc_photo at 2017-03-20 23:23
>umi_bariさん
ゑんま堂さんで演じられる狂言は、子どもにもわかるように
セリフもわかりやすく、ストーリーも面白いものになってて
とても楽しいんですよ。
節分に良いものをみせてもらいました(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-03-20 23:24
>A-HIMEKKOさん
こちらではGWや節分に狂言が演じられ、無料で見られるんですよ。
日頃見る機会がないので、楽しみにしています。
節分は閻魔様が見守る本堂内なんですよ。
迫力あるでしょう~(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-03-20 23:24
>j-garden-hirasatoさん
おおコワイ(笑)
いやいや、コチラでは鬼さんも閻魔様のしもべということで、
鬼は丁寧に扱われます。なので、豆まきの掛け声も
「鬼は~外」というフレーズはなく、すべて「福は~うち!」
なんですよ(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 興正寺の紅白梅 大徳寺・瑞峯院の雪景色 >>