節分祭・奉納舞踊(宮川町・ふく珠さん、ふく英さん、ふく音さん、富美芳さん、叶幸さん)
          
f0155048_15514211.jpg
八坂神社で催された節分祭。
2月2日は先斗町と宮川町の舞妓さんたちが舞踊を奉納されます。
宮川町の奉納舞をお届けします。

先斗町の奉納舞はこちら。






f0155048_15524059.jpg
舞妓さん達が舞台に上がってこられました。


f0155048_15532869.jpg
宮川町は例年5人の舞妓さんにより「姫三社」を舞われます。
扇に鈴。スタンバイはOKですね。


f0155048_15535017.jpg
舞の立ち位置にそれぞれ着座されました。


f0155048_1554225.jpg
ふく珠さんです。


f0155048_1554841.jpg
そしてふく英さん。
ふく珠さんとWお見世出しだったのは2014年10月末のことでした。
2年半の月日がたち、すっかり中堅どころの立派な舞妓さんです。

f0155048_15542696.jpg
まずは宮司さんによるお祓いを受けます。


f0155048_15543261.jpg
そして、一礼。


f0155048_1554369.jpg
深々と。


f0155048_15543843.jpg
地方さんたちも気合いの入った表情。


f0155048_1555368.jpg
さぁ、舞が始まります。


f0155048_15551478.jpg
姫三社は、扇と鈴を使った舞。


f0155048_15555926.jpg
扇で顔を隠し、扇の後ろでシャンシャンと鈴を鳴らします。


f0155048_1556472.jpg
何ともミステリアスな始まり。


f0155048_1556973.jpg
そしてパッと扇がかえり、表情が見えました。


f0155048_15571261.jpg
シャンシャンと鳴る鈴の音は全編を通じて続きます。


f0155048_15573556.jpg
黒紋付による5人の舞は本当に豪華。
(残念ながら柱に隠れて叶幸さんが見えませんが・・・)


f0155048_15574757.jpg
5人が揃って舞う姿は優美そのものです。


f0155048_15583066.jpg
ふく珠さん。
センターで堂々たる舞。


f0155048_15585391.jpg
ふく英さん。



f0155048_15595072.jpg
背中に扇と鈴を回してシャンシャン。


f0155048_15591276.jpg
富美芳さん。
初めてお見かけしたのは半だらの頃でした。


f0155048_15593814.jpg
凛々しい舞妓さんになられましたね。


f0155048_1602893.jpg
姫三社の三社とは、伊勢神宮・春日大社(奈良)・石清水八幡宮のことだそうです。


f0155048_1604093.jpg
江戸時代に流行した三社詣で。


f0155048_1614425.jpg
その華やかで賑やかな様子が伺われます。


f0155048_1621441.jpg
ふく音さん。
この子も2014年秋デビューでした。


f0155048_2364547.jpg
節分は舞妓さんの変わり髷にも注目。
ふく英さんの髪型はおしどり(雄)。

f0155048_238687.jpg
ふく珠さんはおしどり(雌)のようです。
同時お見世出しのお二人、おしどり夫婦となったわけですね(^-^)


f0155048_1633654.jpg
富美芳さんは菊重ねでしょうかね。


f0155048_164394.jpg
この鈴を鳴らす仕草がかっこいいんですよね。


f0155048_1641392.jpg



f0155048_1643610.jpg
そして、くるり、くるり。


f0155048_1651254.jpg
おめでたい黒紋付がよくお似合いです。


f0155048_1652636.jpg
きりりとキマるポーズ。


f0155048_1654994.jpg
礼をして終了です。
華やかな舞をありがとうございました。


f0155048_166374.jpg
舞台から下がられたときに、叶幸さん、ふく音さんの髪型が見えました。
おそらく「お染」かと思われます。


f0155048_1664524.jpg
さて、舞、豆まきが終わって皆さんがお帰りです。
とし真菜さん、陰陽師、安倍晴明の格好のお化け。かっこいい!


f0155048_1672225.jpg
とし夏菜さんは雅楽家で安倍晴明の親友だった源博雅に扮します。


f0155048_1675158.jpg
し、渋い。
瞼の母、番場の忠太郎に扮したのは富美苑さん。


f0155048_1675710.jpg
そしてお登世となったのはふく愛さんでした。
18~19歳の娘役なので、赤い襟にかわいらしい簪。


f0155048_16844.jpg
二人汐汲の松風と村雨に扮したのはふく鈴さんと小ふくさんでした。


f0155048_1682114.jpg
小凛さん、小梅さんは昨年舞妓さんとしておばけに参加され、二年連続。
小凛さんは襟替えされて芸妓さんになりましたが、舞妓さんのおばけは珍しいですね。


f0155048_1684451.jpg
さぁ、舞を奉納した5人のお帰りです。
柱の陰で撮れなかった叶幸さん。


f0155048_1685115.jpg
富美芳さんもリラックスしたいい笑顔です。


f0155048_1691266.jpg
ふく音さん。目線ありがとう~。


f0155048_1692068.jpg
そして、最後はセンターだったふく珠さん。

舞もおばけもとても華やかだった、宮川町の節分奉納でした。
by kwc_photo | 2017-03-07 06:30 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27612860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-03-07 06:34
もの凄い人出の中、バッチリですね、今日も、Katsuさん
マジックですね、シャンシャンシャンと鈴の音が聞こえて
来ますよ、お見事バグースです。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-08 07:41
こういう奉納のときは、
一段と気を引き締めて、
舞われるのでしょうね。
凛とした表情が、
皆さん、素敵です。
Commented by kwc_photo at 2017-03-08 22:29
>umi_bariさん
宮川町の皆さんが踊る姫三社は、とても好きな演目です。
鈴の音が終始なり続けることもあって、賑やかさもあり、
切れの良い舞でもあるので、見る方もなんとなく姿勢が
ただされるような、そんな雰囲気をもった舞です(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-03-08 22:29
>j-garden-hirasatoさん
姫三社は神社へのお詣での様子の舞だからか、皆さん神妙な
表情が印象的です。シャンシャンと鳴らす鈴は巫女さんの
それをイメージさせることもあり、きっとこういう雰囲気
なのかなぁと思っています。
実際に見ると、何とも厳かな感じがしますよ~(^^)
Commented by まいまい舞妓 at 2017-03-14 23:30 x
素敵すぎる(´;ω;`)
舞妓さんになろうかな~笑
26ですが(^w^) 26の舞妓さんでーす笑笑

冗談はさておき、本当に美しいですね。
舞妓さんは10代なのに、色っぽさがあります。
もちろん芸妓さんのおばけも素敵!!

質問なんですが、
花街の中で変り中陰抱き桐菱の家紋の
置屋さんをご存知ですか?
だらりの帯にその家紋があるんです。
だらりの帯の紋=置屋の家紋 のはずなので
KWCさんなら様々な美しい芸妓さんを撮影
してきているのでご存知かなと思いまして。。

舞妓さんたちだけではなく、
京都や奈良などの神社仏閣の写真も見事です。
素敵な写真拝見致しました🎵
Commented by kwc_photo at 2017-03-20 23:23
>まいまい舞妓さん
ありがとうございます~。
憧れておられるんですね。

中陰抱き桐菱ですか。珍しい家紋ですね。
どの花街でしょう?写真を探してみたいです。

基本は京都の寺社仏閣を中心に季節の花景色を
撮影しています。また色々とアップしていきます
ので、今後ともよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 同志社と相国寺の雪景色 教林坊の絶景紅葉 >>