初寄り(祇園甲部)
          
f0155048_23284522.jpg
祇園甲部では、1月13日に芸舞妓さんたちが京舞の家元、井上八千代邸を訪れて
稽古始めのご挨拶を行い、一年の芸の精進を誓います。
お宅の中では、お雑煮や初舞で新年をお祝いされているのだそうですよ。






f0155048_23285230.jpg
朝、井上邸に幕が吊り下げられ、準備が始まりました。


f0155048_23285525.jpg
井上八千代さんです。
相変わらず「お寒いのにご苦労さんどす」と笑顔で声をかけてくださいます。


f0155048_2329388.jpg
さぁ、先にお姉さん芸妓さんたちが集まり始めました。
豆涼さんです。


f0155048_23291153.jpg
お、屋形の違う三人の舞妓さんが現れました。
会に先立って来られるこの三人が、今年の初舞のご担当。
まずは佳つ江さんです。


f0155048_23292099.jpg
そして、実佳子さんと清乃さん。
いい笑顔です(^-^)


f0155048_23292737.jpg
実佳子さん、初めてお見かけしたのは2013年の放生会でした。
あどけなかったあの頃も今は昔。すっかりお姉さんになられ、風格(オーラ)に包まれていますね。


f0155048_23293496.jpg
初舞のお当番、おつかれさまです。


f0155048_23293926.jpg
清乃さんももう初舞のお当番をするくらいお姉さんになったんですね。
早いものです。


f0155048_23294664.jpg
豆弘さんを筆頭に、にんべんさんの皆さんです。


f0155048_23295558.jpg
新井のお母さんとともに、豆千佳さん。


f0155048_2330452.jpg
そして・・・先笄姿の豆六さん。
先日襟替えをされて、芸妓さんになられました。


f0155048_23301383.jpg
佳つ菊さんがこられました。


f0155048_23301635.jpg
続いて小芳さん。


f0155048_23302125.jpg
小芳さんが入る時に、幕を上げていたのは小なみさんでした。


f0155048_23305035.jpg
小田本の皆さんが来られました。
佳つ扇さん、幕をあげるために一歩先を急ぎます。


f0155048_2331416.jpg
それでも知った顔を見つけてご挨拶。
いい笑顔です。


f0155048_2331409.jpg
佳つ智さん、佳つ雛さんらとともに入って行かれました。


f0155048_2331483.jpg
おや、やっぱり先笄なのでお忙しいのか、先頭を切って豆六さんが出てこられました。


f0155048_2332873.jpg
続いて豆千佳さん。


f0155048_23322234.jpg
先笄の後ろ姿、素敵ですね。


f0155048_23323814.jpg
入れ違いに来られたのは真希乃さんと真咲さん。


f0155048_2332453.jpg
反対側からは満友葉さんとつる葉さん。


f0155048_23325286.jpg
続いて恵里葉さんと・・・
お、新しい子ですね。ゆり葉さんです。


f0155048_23331485.jpg
もう一人は多都葉さん。まだお見世出し前の見習い舞妓さんなので、半だらの帯。
二人揃っての半だら姿、ちょっと貴重かも(^-^)


f0155048_2333264.jpg
紗月さんたち、つる居の皆さんがやってこられました。


f0155048_23335164.jpg
紗矢佳さんを先頭に、紗月さん、茉利佳さん、美月さんのつる居四姉妹。
べっぴんさん揃い、そして、人気者揃いです。


f0155048_2334756.jpg
お母さんとともに井上邸へ。


f0155048_23342919.jpg
ちょうどお帰りの方々が門の向こうに来られていました。


f0155048_2334446.jpg
小扇さんです。


f0155048_23345027.jpg
そして、小芳さん。


f0155048_23345979.jpg
小衿さん。幕を上げるポーズがバッチリ。
新年の挨拶回りのときも感じましたが、このあたり流石です。


f0155048_23353261.jpg
小なみさんも出てこられました。
「小」つながりですね。


f0155048_2336020.jpg
にんべん、柴田のみなさんが来られました。
豆そめさん、豆まるさん、豆純さん、豆こまさん、豆珠さんです。


f0155048_2337224.jpg
入れ替わりに出てこられたのは小田本の皆さん。
佳つ智さんと佳つ雛さんです。


f0155048_2337223.jpg
続いて佳つ扇さん。


f0155048_23373138.jpg
小花さん。
鮮やかな色の色紋付ですね。


f0155048_23375280.jpg
一際大きな集団、西村さんの皆さんです。
芸妓さんも多くて、色紋付のカラーもいろいろ。一気に華やかになりました。
幕を上げるため、年少舞妓の朋子さんが走ります(^-^)


f0155048_2338462.jpg
ホントに大所帯ですね。
先に初舞の当番の実佳子さんが入っているので、これでも1人少ないんですよ~。


f0155048_23383919.jpg
知余子さん、彰子さんが入る頃に反対側からやってきたのは中支志の市十美さんと市晴さん。
知余子さんと市十美さんは、昨年同じ時期に襟替えをされました。


f0155048_23385657.jpg
朋子さんと市晴さんが幕を上げている間に、皆さんが中へ。


f0155048_23391158.jpg
出入りが続きます。
真生さんです。


f0155048_23394358.jpg
そして真希乃さん。


f0155048_2339527.jpg
真咲さん。美の八重の三人芸妓さんです。


f0155048_2340495.jpg
続いて現れたのは福嶋の章乃さんと紫乃さん。
初舞の当番の清乃さんもこの屋形です。


f0155048_234028100.jpg
そして市有里さん。


f0155048_23403840.jpg
恵里葉さんが出てこられました。
後ろには「葉」筋の新人二人が続きます。


f0155048_23405776.jpg
ゆり葉さんと多都葉さん、挨拶が終わってホッとした様子。


f0155048_2341471.jpg
並んで歩く姉妹舞妓。
彼女たちのお見世出しの様子も後日お届けします(^-^)


f0155048_23412364.jpg
あれ?真希乃さんが戻ってこられました。


f0155048_23414017.jpg
忘れ物だったんでしょうか。
気まずかったのか、ちょっとはにかみながら、笑顔で出てこられました(^-^)


f0155048_2341573.jpg
紗矢佳さんがお帰りです。
相変わらず本当に美しい所作です。


f0155048_2342106.jpg
そして、紗月さん、茉利佳さん、美月さんが続きます。


f0155048_23421949.jpg
つる居さんの皆さんのお帰りをもって、井上邸でのご挨拶の様子の記事を締めたいと思います。

後日、初寄りからの帰り道の様子をもう一度記事にしたいと思います(^-^)
by kwc_photo | 2017-02-06 06:27 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27507177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-02-06 08:09
Katsuさん、初寄りは、それぞれの色の和装になるんですね、
始業式が黒で凛とした感じを受けますが、こちらは一気に華やかに
なりますね、いっぱいの華を有り難うございます、バグースです。
Commented by カメラダンキチ at 2017-02-06 08:23 x
半ダラの姿は、貴重な資料になりますね。笑い。祇園甲部の社長、副社長、専務は誰になるのでしょうか?気持ちが晴れやかになりました。高梨選手も襟かえの年代になりましたが、世界記録にいどむ空中舞妓さんもお姉さんっぽく綺麗になりましたね。そろそろ襟かえ?笑い。
Commented by 大星由良之助 at 2017-02-06 17:04 x
事始め:そんなり、地方はいない

始業式:黒紋付、仕込みはいない

初寄り:色紋付、地方はいない(井上流名取は井上流の黒紋付)
Commented by 大星由良之助 at 2017-02-06 17:06 x
前夜、この日の夜にご一緒した芸舞妓さんが映っているのは、何とも不思議な感じです。
Commented by rollingwest at 2017-02-06 22:09
美しきあでやかな京都!豆涼さん、美貌と貫録の姿ですね!そして舞妓さん達の可愛らしいこと!やはり日本は素晴しいと外人さんが思うわけです。
(PS)前回記事にお見えになられず寂しかったですね~!またのお越しを楽しみにしております。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-02-09 06:39
舞妓さんが一堂に会する景色、
艶やかでしょう。
さすがに一般人は見れませんね。
履物も高いものもあり、
いろいろです。
経験とか年齢とかで、
履きわけているのでしょうか。
Commented by 大星由良之助 at 2017-02-10 12:57 x
j-garden-hirasatoさん
お家元のお屋敷前の道路で誰でも見れますよ!
Commented by kwc_photo at 2017-02-12 22:22
>umi_bariさん
初寄りは色紋付といって、これも正装なんですよ。
なので襟足も三本足なんですよ。
華やかな色紋付姿はホントに絵になります。
Commented by kwc_photo at 2017-02-12 22:22
>カメラダンキチさん
半ダラさんが二人並んで・・・かわいらしい姿でした。
甲部はもうすぐ襟替えがある子がいるので、勢力図が
ころころ代わりますね(笑)
今は佳つ雛さん、佳つ江さん、実佳子さんという順番かと。
高梨選手、もう20歳越えたんですね。早いものです。
お化粧も変わって、大人っぽく・・・たしかに襟替えですね(笑)
Commented by kwc_photo at 2017-02-12 22:22
>大星由良之助さん
なるほど、あの揃いの黒紋付と帯は井上流名取の証なんですね。
勉強になります。
おお、前夜ご一緒されていたんですね。
お酒もそれなりに飲んでおられたでしょうに、パリッと
色紋付を着こなされて涼しい顔で歩かれるというのは
さすがですよね。というか、前夜遅くまでお勤めという
のはほとんどの芸舞妓さん共通ですが(笑)
Commented by kwc_photo at 2017-02-12 22:23
>rollingwestさん
長期出張に出ておりまして、お返事や訪問が遅れ気味です。
すみません~。
豆涼さんはキリリとしてて芸妓さんのオーラがでてますよね~。
舞妓さんたちはいろいろな子がいますが、皆さんかわいらしい。
芸妓さんも色紋付姿はとても艶やかですよね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2017-02-12 22:23
>j-garden-hirasatoさん
井上お師匠さんのお宅は祇園にあって、この日は
お宅の前がカメラマンでごった返します(^^ゞ
履物は、基本、芸妓さんは下駄か草履、舞妓さんは10cmもある
おこぼなんですが、舞妓さんも場合に応じて草履も履かれます。
雨だと前に透明のカバーのついた草履を履かれますよ。
Commented by 大星由良之助 at 2017-02-13 17:59 x
井上流名取りの黒紋付は、名取になった時期により、柄が微妙に違うとか。

この日の夜も芸妓さん二人と比良山荘に行きました。
Commented by 大星由良之助 at 2017-02-13 20:13 x
お家元に挨拶に来るお茶屋、置屋のお母さんは、芸妓上がり

芸妓上がりではないお母さんは、井上流の弟子ではないので来ません
Commented by kwc_photo at 2017-02-14 16:37
>大星由良之助さん
ありがとうございます。そうなんですね。同じに見える柄も
微妙な違いが・・・奥深いです(^^)
名取の皆さんは佇まいや姿勢がパリッとされていて、カッコイイですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2016 染まる大法院 六義園 紅葉ライトアップ >>