春の舞(京都国立博物館・平成知新館)祇園甲部・槇子さん、千紗子さん(写真部門)
          
f0155048_23565075.jpg
今年は京都国立博物館が開館して120周年記念だそうです。

新春を寿ぐにふさわしい芸舞妓さんの「春の舞」を平成知新館のグランドロビーにて鑑賞しました。
まずは芸妓の槇子さん、千紗子さんによる「梅にも春」からお届けします。







f0155048_2357316.jpg
お二人の芸妓さんが深々とお辞儀をして舞が始まります。
祇園甲部の槇子さんと千紗子さん。ともにお茶屋「西村」さんの芸妓さんです。


f0155048_23571725.jpg
スッと立ち上がり、舞が始まります。
お二人のお衣装は黒紋付。本来はお正月三が日と7日の始業式の時にしか着ないそうです。
(噂では15日の小正月も?)


f0155048_23572838.jpg
さすが芸妓さん。
舞のキレが素晴らしい。


f0155048_23584172.jpg
槇子さんは裾に松をあしらった黒紋付。


f0155048_23585086.jpg
千紗子さんは扇や鞠など、お正月らしい柄ですね。


f0155048_23585757.jpg
ビシっと。千紗子さんの視線に射すくめられました。


f0155048_2359410.jpg



f0155048_002917.jpg



f0155048_2359448.jpg



f0155048_23594194.jpg
途中、扇を口にくわえる独特な舞。


f0155048_003227.jpg
そして、パターン!と扇を落とす仕草にもドキッとさせられます。


f0155048_01995.jpg
オトナの魅力な槇子さん。


f0155048_011251.jpg
凛とした表情の千紗子さん。


f0155048_013769.jpg
新春を迎えるにあたってピッタリな「梅にも春」。


f0155048_021143.jpg
最後は扇をこのようにして仰ぎ持って、深々とお辞儀で舞を終えられました。


動画もどうぞ。舞妓の佳つ扇さん、朋子さんによる「萬歳」も収録しています。



第一回プラチナブロガーコンテスト
by kwc_photo | 2017-02-02 06:02 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27490843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-02-02 06:58
ベテランの舞妓さんでしょうか。
貫録がありますね。
Commented by umi_bari at 2017-02-02 07:24
Katsuさん、こういうステージでの舞いなら、アラックも
撮影出来ますね、後は機会だけですが、それがないですね。
動画も一緒に有り難うございます。
バグースです。
動画の投稿って、どうするのかも分からないんですよ。
Commented by kwc_photo at 2017-02-03 23:26
>j-garden-hirasatoさん
このお二人は芸妓さんになります。舞妓さんは4~6年くらい
の芸妓になるまでの修行期間なんですよね。
襟替えといって、地毛で結っていた髪型から鬘にかわり、
舞妓から芸妓になる儀式を経て、現在芸妓さんになって
おられる、というわけです。(稀に芸妓さんとしていきなり
デビューされる方もおられます)
流石に芸歴が違いますから、舞も落ち着いた堂々たる雰囲気
ですよね(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-02-03 23:26
>umi_bariさん
そうですね。ステージイベントのときは誰でも見られます。
うまく日を合わせて京都に来られたらいいですね。
この日は他に予定もなかったので、午前中から行って始まるのを
待っていましたよ(^^)
黒紋付、色紋付での舞は豪華でした~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2016 紅葉の城南宮 京都の紅葉2016 修学院離宮... >>