京都の紅葉2016 修学院離宮(下離宮編)(写真部門)
          
f0155048_23103738.jpg
昨シーズンは行けなかった修学院離宮でしたが、今シーズンはうまい具合に休日に空きがあって滑り込みました。
広い広い修学院離宮、数回に分けてご紹介いたします。

まずは下離宮編。離宮の入口から中離宮の手前までをお届けです。

(※11月23日撮影)






f0155048_23133217.jpg
本来ならば絶好調な頃の11月23日に空き席があり、予約をいれた修学院離宮。
通年公開となったとはいえ、紅葉の頃は激戦ですからね。ラッキーでした。
入口を覗くと・・・ありゃ?散った木と色づき中の木が。
修学院離宮、お前もか・・・と思わず独り言(笑)


f0155048_23134050.jpg
いやいや、そんなことはありません。
集合場所の前の紅葉は絶好調!


f0155048_23134270.jpg
まぁ、散った部分もありますし、落葉はカサつき気味ですが、色づきは良いですね。


f0155048_23134961.jpg
少し葉っぱの量が減っていますが、十分な赤さ。


f0155048_2316325.jpg
黄色も頑張ってます。


f0155048_23163590.jpg
この二本だけでも十分絵になる美しさです。


f0155048_23165120.jpg
さぁ、ツアーが始まります。
下離宮の入口までの道も紅葉が彩ります。


f0155048_23171517.jpg
下離宮入口。
ここの紅葉も散り初めですね。


f0155048_23171862.jpg
門には透かし彫りで花菱があしらわれています。
この離宮を造営した後水尾上皇が好んだという菱形の意匠です。


f0155048_23173776.jpg
下離宮のお庭。
晩秋の装いながら、まずまず紅葉が残っていてくれました。


f0155048_23182061.jpg
寿月観横の紅葉もまだ色を残しています。


f0155048_23182218.jpg
池には紅葉が散りかかっています。


f0155048_23183372.jpg
枝ぶりに歴史を感じますね。


f0155048_23182910.jpg
敷き紅葉。
やっぱりちょっとカサカサしてるかな。


f0155048_23184956.jpg
とはいえ、彩りが残っていてくれたことに、今シーズンとしては感謝しなければ。
ホント、今シーズンは11月20日頃で概ねの紅葉名所がピークを越えてしまいました(^_^;)


f0155048_23195342.jpg
山茶花も色を添えてくれています。



f0155048_2320344.jpg
寿月観の扁額。後水尾上皇の宸筆なのですよ。


f0155048_23201123.jpg
一段高く成っている場所が上皇のお座りになる場所。


f0155048_23201643.jpg
襖絵は「虎渓三笑図」。
岸駒(がんく)の作です。
儒、仏、道の三賢者がお互いの話に興味が尽きず、ついつい時が過ぎるのを忘れてしまう、という様子です。
寿月観はもてなしの場として用いられたようで、この襖絵も「時が過ぎるのを忘れるほどゆっくりお話しましょう」
という「おもてなしの心」なのかもしれませんね。


f0155048_23204035.jpg



f0155048_23204819.jpg
さぁ、先へ進みましょう。
この道を進むと御馬車道への門があります。


f0155048_2321167.jpg
門をくぐると見える東山。
山紅葉が鮮やかです。


f0155048_23212777.jpg
くぐった門の脇にも紅葉がありました。


f0155048_23221497.jpg
さぁ、御馬車道を歩いていきましょう。
青空が綺麗!そして、色とりどりの山紅葉にも目を奪われます。


f0155048_23225460.jpg
このお馬車道の松並木、松葉の先は丸く、柔らかい品種のため、触れても痛くないんですよ。


f0155048_2323947.jpg
山が迫るこの光景。
真ん中にある大刈込は上離宮のものです。
手前の田んぼは貸し与えられており、実際に稲作が行われています。


f0155048_23252562.jpg
この御馬車道をゆくと・・・


f0155048_23255449.jpg
中離宮の入口が現れます。

この続きはまた後日。


第一回プラチナブロガーコンテスト
by kwc_photo | 2017-02-01 06:05 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27490724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-02-01 07:26
Katsuさん、本当に夢のまた夢の修学院離宮を
有り難うございます、とにかくバグースです。
紅葉の時期の休日に空きがあるって、奇跡ですよね、
そんな幸運もあるんですね。
今年は申し伝でみようかな。
Commented by cynchia at 2017-02-01 07:37
おはようございます、昨年は、当たりませんでした、見せていただきありがとうございました!
Commented by カメラダンキチ at 2017-02-01 09:34 x
修学院離宮は、新緑の季節に行ったことがあります。広いので結構運動になりますね。紅葉の中の修学院離宮散策は、幸せレシピでしたね。人数限定がゆったりできていいですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-02-02 07:02
秋の修学院離宮ですか。
イイですねえ。
最近、以前に比べ入りやすくなったとのこと。
学生のころ、
清掃ボランティアという名目で昼間は庭内をキレイ草取りとか掃除をして、
その代償として、
作業後見学したことがあります。
そのときの美しい光景が、
いまでも脳裏に焼き付いています。
また、ゆっくり巡りたいものです。
Commented by kwc_photo at 2017-02-03 23:25
>umi_bariさん
キャンセルの空き出てますか?と尋ねると、まさかの23日!
これは!!!と即予約しましたよ。ラッキーでした。
めぐり合わせですので、必ずとは行きませんが、だからこそ
の値打ちはありますね。特に午前の見学は予約必須ですから
うまく滑り込めて良かったです。
Commented by kwc_photo at 2017-02-03 23:25
>シンシアさん
以前はちゃんと8月1日の予約インターネットやらハガキで
抽選に応募してたんですが、11月に入ってからキャンセル
待ちをする方法で上手くいって以来、そればかりです(笑)
まぁ、キャンセル出た日時が自分の予定と合わないとアウト
なんですが・・・(^_^;)
昨シーズンはダメだったので、今シーズンは上手く行けて
良かったです。
Commented by kwc_photo at 2017-02-03 23:25
>カメラダンキチさん
私も初めて出かけたのは新緑の時期でした。
これは紅葉でも見てみたい!と思って、その後何度かキャンセル
待ちの空きに滑り込んで見学しています。
人数限定ですが、一緒に回られるガイド(+皇宮警察)によっては
なかなかユックリもしてられない場合もあります(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2017-02-03 23:25
>j-garden-hirasatoさん
ボランティアでお掃除、そのあと見学・・・いいですね~。
そういうボランティアなら志願してでもやりたいです(^^)
ホントに雄大なお庭。もはやお庭の域を越えた空間ですもんね。
紅葉時は、やっぱり予約は争奪戦ですが(当日の枠も先着順
なので、門前に並んでおられます・・・)、この光景を見ると
また行きたくなりますもんね(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 春の舞(京都国立博物館・平成知... 一休善哉の日(酬恩庵一休寺) >>