京都の紅葉2016 青空と紅葉と(大山崎美術館)
          
f0155048_23353313.jpg
紅葉の美しいこの洋館。
山崎にある「アサヒビール大山崎山荘美術館」です。

いいお天気の中、美しく色づいたお庭を歩きました。

(※11月26日撮影)








f0155048_23361335.jpg
開門前。
空を仰ぐと、真っ赤な紅葉と真っ青な空。
色づきが良いのは西山の他の寺社とも共通しています。


f0155048_23363312.jpg
さぁ、開門。
紅葉のトンネル・・・というか、屋根だけ紅葉してますが、11月末でこんな感じ。


f0155048_23364044.jpg
日当たりの良いところは色づきが美しく進んでいました。


f0155048_23365553.jpg
まだまだ美しく咲いてくれていたのは石蕗。


f0155048_23365042.jpg
石蕗の上にも紅葉が。


f0155048_23365891.jpg
洋館メインの美術館ですが、実はお庭は日本庭園。
ここも燃えるような紅葉が広がります。


f0155048_2337853.jpg
石燈籠もある本格的な日本庭園。
東屋からの額縁で見てみました。


f0155048_23373093.jpg
コントラストばっちり。
赤いなぁ。


f0155048_23373858.jpg
庭園の池にも紅葉が。


f0155048_23374373.jpg



f0155048_23375180.jpg
洋館の雰囲気ももちろんあります。
ちょっと斑な染まり具合でしたが・・・


f0155048_23375588.jpg
発色は良いものの、日当たりの悪いところは色づきが遅れたのが今シーズンの特徴でしたね。


f0155048_2338390.jpg
青空に向かって見上げる紅葉はいい色でした。


f0155048_2338592.jpg
美術館は天王山南麓に位置します。
もとは関西のニッカウヰスキーの創業にも参画した実業家・加賀正太郎の別荘として
建てられたものですが、その死後、他人の手に渡り、老朽化で荒廃しかかったところを
アサヒビール株式会社が買い取り、美術館として整備、公開しました。


f0155048_23391242.jpg
数寄屋門の向こうには池と洋館。
和と洋が折衷したお庭です。


f0155048_23392318.jpg
例年だともう少し色づきが深いのですが・・・
既に散った木もあり、今年はこんな感じでした。


f0155048_2340494.jpg
寺社の紅葉とはまた一風異なる大山崎山荘美術館の紅葉。
来期はまんべんなく色づいた紅葉の光景を期待したいところです(^^ゞ
by kwc_photo | 2017-01-30 06:31 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27484903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    
<< 一休善哉の日(酬恩庵一休寺) 妙顕寺の雪景色 >>