京都の紅葉2016 晩秋の智積院(写真部門)
          
f0155048_8512321.jpg
いつもならピークを迎えつつある時期の11月23日。
すっかり晩秋の様相となった智積院の様子をお届けします。






f0155048_8514329.jpg
智積院に到着。
寺名の入った銘板が新しくなりましたね。
カツラの木でしょうか?黄色く色づいた大木が美しい。

f0155048_852229.jpg
鐘楼へ続く参道は散りが進んで、もう晩秋の様相。
でもまだ色づき中で緑の葉もあり、ようわかりませんねぇ(^^ゞ


f0155048_8524135.jpg
いつも鮮やかな散り紅葉も、かさつき傾向。
水分不足で早く散ったものと思われます。


f0155048_8555421.jpg
ん~、このあたりは散った木と色づき中が混ざってます。


f0155048_856123.jpg
鐘楼前は鮮やかな色づき。
いや、ちょっとだけ緑が混ざってますよね。


f0155048_856540.jpg
アングルを変えると、上の方から散り始めている紅葉。
バックは色づき中。むむむ、今シーズンの象徴的な光景がここにも。


f0155048_8561725.jpg
金堂へ向かう参道。
手前は緑、奥は散り。
銀杏もまだ葉を残してくれてはいましたが、少し散ってしまいましたね。


f0155048_8562165.jpg
望遠で圧縮してみました。
やっぱり晩秋の光景と言っていいでしょうね。


f0155048_8562470.jpg
講堂・大書院の方へ。
こちらも散りが進んでいます。


f0155048_8564877.jpg
庭園入口の紅葉もまだら染め。
萩の黄葉も見られて、秋らしい光景ではあります。


f0155048_857497.jpg
智積院会館方面を見ると、こちらは鮮やかな光景でした。


f0155048_8571193.jpg
井戸の横にも赤い色づき。
いや、日当たりの悪い方は色変わり中。
一本の木でもこんな色づき方ですもんね~。


f0155048_8572756.jpg
玄宥僧正像を包むように紅葉が色づいていました。


f0155048_8573629.jpg
一際鮮やかだったのは金堂前のこの一本でした。


f0155048_8575844.jpg
最後は鐘楼前にて。
もう少し鮮やかな頃に撮りたかった一枚です。

例年紅葉シーズンに何度となく訪れる智積院ですが、今年は始まりと終わりの間が短かったなぁ。
また来シーズンに期待です。

第一回プラチナブロガーコンテスト
by kwc_photo | 2017-01-24 06:30 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27465275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    
<< 宗像神社/拾翠亭の雪景色(京都... 十日ゑびす大祭・残り福祭(祇園... >>