新年の挨拶回り(尚鈴さん、尚ひろさん、尚可寿さん、尚そめさん、里の助さん、尚絹さん、尚あいさん)
          
f0155048_23112193.jpg
上七軒のお茶屋さんの中でも大所帯の中里さん。
揃って新年の挨拶回りに出かけられました。



f0155048_23144731.jpg
中里の玄関から尚そめさんと里の助さんが出てこられました。
あいにくの小雨。お店の紫の傘で出発です。


f0155048_23141118.jpg
舞妓さんたちも出てこられました。
芸舞妓さんはお名前が入った朱傘を持っておられます。


f0155048_23154556.jpg
お店から出るときの暖簾を上げる姿が絵になります。


f0155048_2316393.jpg
おや?尚絹さんは紫の傘に変わりましたね??


f0155048_23165094.jpg
お店先から引き戸を開けて・・・
最も若い舞妓さんが最後尾で挨拶しているので、必然最初に出てこられます。
朱傘を見ると、芸舞妓さんのお名前が入っているのがわかります。
紫の傘は「中里」とお店の名前ですね。


f0155048_23165394.jpg
里の助さん、空を見上げます。
どうやら雨も上がったようですね。


f0155048_2317512.jpg
上七軒通りには郵便局があります。
上七軒の芸舞妓さんはこちらへも挨拶に行かれるんですよ~。


f0155048_23171934.jpg
やはり7人の黒紋付姿が揃って挨拶回りされる様子は豪華ですね。


f0155048_23172230.jpg
足元に注意しながら・・・
おや?尚あいさん、紫の傘にスイッチしましたね(^^)


f0155048_23173756.jpg
西方尼寺にて。
エントランスの敷石が印象的なお寺です。


f0155048_23173916.jpg
尚そめさん。スラリとした背の高い芸妓さんです。


f0155048_23175692.jpg
そして、尚絹さんと尚あいさんも出てこられました。


f0155048_23211590.jpg
上七軒歌舞会へもご挨拶です。


f0155048_23211953.jpg



f0155048_23215381.jpg
暖簾をめくる舞妓さんお二人。
尚そめさんが笑顔で出てこられました。


f0155048_2323511.jpg
鶴や扇の図柄で彩られた舞妓さんの黒紋付は豪華絢爛。


f0155048_23415945.jpg



f0155048_23232024.jpg
尚鈴さんが出てこられました。
芸妓さんの黒紋付は図柄がシンプルになっていきます。


f0155048_23402717.jpg
こうして並ばれると、芸妓さんの着物の違いがよくわかります。
年配の芸妓さんになるほど袖や胸あたりの柄が減っていきます。
まだ若い芸妓さんは足元をみると緋色の裾よけが見えますが、年配の方はありませんね。


f0155048_23403989.jpg
私が注目したのは尚鈴さんのこの立派な松の模様。
足元から力強く枝を張る松の様子、尚鈴さんによくお似合いですね。


f0155048_23272761.jpg
尚そめさんと里の助さん。
笑顔で歩いて行かれました。


f0155048_23274191.jpg
尚絹さんと尚あいさんも顔がほころびます。お正月ですね~(^^)


f0155048_23411255.jpg
背の順・・・ではありません(笑)
歩くときは、年季の長い順に歩くのがこの世界のお約束です。


f0155048_23414818.jpg
美しいお辞儀。
折り目正しいお正月のご挨拶は、こちらも背筋がのびる思いですね。


f0155048_232947.jpg
喫茶「梅」さん前にて。
もうこの春の「北野をどり」のポスターが貼られていました。


f0155048_23292230.jpg
黒紋付姿は後ろ姿も素敵です。


f0155048_23303677.jpg



f0155048_23305347.jpg



f0155048_23313541.jpg
大多加さんにて。
キレイに並んで入られます。


f0155048_23323350.jpg
ちょっとお気に入りの後ろ姿。
お二人の傘と後ろ姿がキレイにシンクロしました(笑)


f0155048_23333071.jpg
尚可寿さん、尚あいさんから傘を受け取られます。
こっちか?あれ、こっちだ。似ている傘ですからね~(^-^)


f0155048_23335150.jpg



f0155048_23341558.jpg
傘と扇子を持って。


f0155048_23382389.jpg
最後はお店の前にて笑顔で記念撮影でした。

新春の晴れやかな挨拶回り。皆さん素敵な装い、笑顔をありがとうございました。
by kwc_photo | 2017-01-13 06:10 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27431749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2017-01-13 07:46
本当に壮観ですね。
朱傘をさす、暖簾をたぐる、格子戸を開ける、
どの仕草も決まっていますね、バグースです。
良いですね。
Commented by カメラダンキチ at 2017-01-13 08:01 x
中里さんの舞妓さんのご紹介ありがとうございます。私は、レースクィーン卒業生の撮影が好きですが?舞妓はんの撮影に引力を感じます。私は、呉服問屋の末裔ですが、綺麗な呉服にも溜め息が出ます。ありがとうございました。
Commented at 2017-01-13 12:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kwc_photo at 2017-01-14 22:42
>アラックさん
たくさんの芸舞妓さんが並んで行われる挨拶、とても
華やかでした。
ひとつひとつの仕草が絵になりますよね。
皆さんホントに素敵です。
Commented by kwc_photo at 2017-01-14 22:45
>カメラダンキチさん
庶民ですので、華やかな芸舞妓さんのご挨拶まわりは夢の世界です(^-^)
特に黒紋付姿はやっぱり素敵ですね。
色紋付、黒紋付、どちらも華やかで、こうやってストリートで見るだけで
うっとりしますね~。着物の柄も注視するとホントに芸術だなぁと思います。
Commented by kwc_photo at 2017-01-14 22:45
>鍵コメさん
ご連絡ありがとうございます。
さっそく伺いますね。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-01-15 06:10
今回も艶やかです。
新年に相応しく、
華やかな着物で回られるのですね。
キャリアで着物の柄が異なるのが、
オモシロいです。
Commented by kwc_photo at 2017-01-20 12:28
>j-garden-hirasatoさん
三回に分けて、置屋さんごとに上七軒の挨拶回りの様子をお届け
しましたが、いずれも華やか、艶やかですね(^^)
黒紋付姿はホントに豪華。
その黒紋付もキャリアによって少しずつ違うのが興味深いでしょう?
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2016 静かなお庭... 京都の紅葉2016 色とりどり... >>