京都の紅葉2016 十輪寺の額縁紅葉(写真部門)
          
f0155048_20372879.jpg
十輪寺は西山のお寺。
在原業平が晩年を過ごしたとの言い伝えから、「なりひら寺」とも呼ばれます。
このお寺の紅葉のメインは、その名も「業平もみじ」。
裏手の塩竈跡のある山の紅葉もあわせてどうぞ。

(※11月20日撮影)






f0155048_20375111.jpg
十輪寺入口へ。
真っ赤に紅葉した一本がお出迎え。


f0155048_20395461.jpg
早速入らせてもらいました。
振り返ると奥に黄金に色づいた銀杏も見えるんです。


f0155048_2040470.jpg
鐘楼横の紅葉は真っ赤で散り始め。
手前はすでに散ったようですね。今年は早く色づいたものが先に散ってしまうなぁ。


f0155048_20401539.jpg
本堂の柱の額縁で、業平紅葉を。
オレンジ色に輝く一本です。
左手奥の紅葉の向こうに銀杏も見える、色とりどりの境内。


f0155048_2040183.jpg
本堂の階段上から。
左手も紅葉ピークなら言うことなかったんですが、まだ緑の木と手前が散り終わり(^_^;)


f0155048_20403329.jpg
書院へ通じる廊下が面白い額縁になってくれます。


f0155048_20403697.jpg
お寺の奥様は「廊下で寝転んで眺めてもいいですよ」なんて仰ってくれます(^-^)
業平もみじをメインに入れて「座って」撮りました(笑)


f0155048_2041841.jpg
書院奥までいくと、入口脇の紅葉を正面気味に撮れます。


f0155048_20412389.jpg
甍越しに見える業平もみじ。


f0155048_20414865.jpg
やっぱりこの廊下がいいですね。


f0155048_2042642.jpg
三方普感(さんぽうふかん)の庭を書院から眺めます。
ここでも廊下の額縁がキレイですね。


f0155048_20421880.jpg
再び鐘楼の紅葉を眺めたら・・・


f0155048_20423859.jpg
次はお寺の裏山を登ります。
おお、この鮮やかな紅葉は見応えありますね。


f0155048_20424896.jpg
紅葉越しに、大銀杏を望む。
大銀杏もピークの色づきですね。


f0155048_20433594.jpg
本堂屋根をバックに、色鮮やかな紅葉が見事。


f0155048_2043581.jpg
こちらはパッと明るい黄色。


f0155048_2045454.jpg
書院の屋根越しの大銀杏。


f0155048_20451147.jpg
業平桜と業平紅葉が並び立ちます。
桜が咲くころにまた来たい場所です。


f0155048_20452634.jpg
再び業平紅葉のところへ。
前日の雨で散りが進んでいて、上も下も秋色。


f0155048_20453899.jpg
散り紅葉の絨毯。
なりひら寺、十輪寺の秋は美しく深まっていきました。


第一回プラチナブロガーコンテスト
by kwc_photo | 2016-12-29 06:35 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27388700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-12-29 07:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kwc_photo at 2016-12-31 13:37
>鍵コメさん
十輪寺の紅葉はなりひら紅葉を中心として色とりどりなのが
いいですよね。ちょうどいいタイミングだったと思いますが、
先に色づいたものが散ってしまったのが残念でした。
お帰りをおまちしてますね(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 年末総集編 ~今年もお世話にな... 京都の紅葉2016 錦秋の苗秀... >>