雨の事始め(祇園甲部)
          
f0155048_23524335.jpg
12月13日は事始め。
祇園甲部では、京舞の師匠、井上八千代さんに門下生たちがご挨拶に来られます。
あいにくの雨の事始めとなりましたが、その様子をどうぞ。








f0155048_23531414.jpg
井上亭を一番早く訪れたのは中支志の皆さん。
小なみさんです。


f0155048_23532455.jpg
小衿さん。
からげの時も小さな簪をさしておられますが、これは招きの簪ですね。
片岡秀太郎と片岡孝太郎でしょうか。


f0155048_23533192.jpg
置屋ごとに最年少の舞妓さんや仕込さんが戸の開け閉めを担当します。


f0155048_23534174.jpg
新井の皆さんがやってこられました。


f0155048_23534764.jpg
こちらからは柴田+亻(にんべん)さん御一行さま。
「豆」筋ですね。


f0155048_23541475.jpg
最後尾は先日お見世出ししたばかりの豆珠さんと仕込みさんでした。
背の高いスラッとした舞妓さんです。


f0155048_2354413.jpg
まめ衣さんです。


f0155048_23545140.jpg
小田本さん御一行が来られました。
大所帯、一列に並んでの訪問です。


f0155048_23552620.jpg
事始めの元々の意味は、お正月の準備として門松の竹やお雑煮を作る薪などを山へ取りに行く、
という日なのだそうです。
転じて花街では、芸事のお師匠を訪ね、1年のお礼や新年の挨拶をして迎春の準備をする
という伝統行事になっています。芸舞妓さんは、お礼とともに、これからも舞の稽古に励むことを誓い、
井上八千代さんから祝儀として舞扇をもらいます。豆六さんが手に持っているのがその舞扇。


f0155048_23554124.jpg
この事始めの行事が終わると、年末にかけて「おことうさんどす」という挨拶が使われます。
「お事多さん」と書いておことうさん。
いろいろ年末までにやることが多くてお互い大変ですなぁ、ってところでしょうか。素敵な京ことばです。


f0155048_23554785.jpg
市有里さんが出てこられました。
ピンクの雨用コートがよくお似合いです。

f0155048_2356478.jpg
市晴さん。


f0155048_23564934.jpg
こちらも大所帯。西村の皆さんです。
いち早く傘を閉じたのは、先日襟替えをされたばかりの知余子さん。
それを見て「あっ」となったのは新人舞妓の朋子さん。


f0155048_23565599.jpg
そう、戸の開け閉めは年少舞妓の朋子さんの役目。
ダッシュで姉さんより先に・・・(^-^)


f0155048_23572368.jpg
同期の桜。
実佳子さん、彰子さんは相合傘でした。


f0155048_2358229.jpg
多麻さん御一行が出てこられました。
姉さんがいるときのまめ春さんは真面目モード(^-^)


f0155048_2358951.jpg
門前でご挨拶。
「おめでとうさんどす。どうぞ相変わりませずよろしゅうおたのもうします。」


f0155048_23585946.jpg
ご挨拶が終わり、お帰りです。


f0155048_23594514.jpg
福嶋の三人が来られました。
芸妓の章乃さん、舞妓の清乃さん、紫乃さんです。


f0155048_001158.jpg
小なみさんが出てこられました。
真っ赤なコート、鮮やかですね。


f0155048_001913.jpg
小衿さんも舞扇をもらってお帰りです。


f0155048_011022.jpg
真希のさんと真咲さんが出てこられました。
雨は降ってないみたいね?と空を見上げます。


f0155048_011813.jpg
二人並んでお帰りです。


f0155048_014137.jpg
小田本さんも出てこられました。
門前で記念撮影。
舞妓の四人組。佳つ雛さん、佳つ江さん、佳つ扇さん、佳つ花さんです。


f0155048_015872.jpg
傘の花が開きました。


f0155048_03260.jpg
小花さんもお帰り。
表情がキュートな子です(^-^)。


f0155048_03952.jpg
福嶋さん御一行もお帰り~。


f0155048_031887.jpg
最後に来られたのはつる居さんご一行さま。
美月さんが戸を開けに走ります。


f0155048_03542.jpg
ラストは大人な雰囲気が素敵な紗月さんの横顔で記事を締めたいと思います。

この行事が終わると、たしかに年末を感じます。
皆様、おことうさんです(^-^)
by kwc_photo | 2016-12-14 06:52 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27308918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-12-14 07:19
Katsuさん、祇園甲部の皆さんの、事始め、雨の中の撮影は大変だったと思いますが、
さすがに皆さん、プロですね、笑顔にバグースです。
和服にも、雨用のコートがあるなんて知りませんでした。
Commented by カメラダンキチ at 2016-12-14 07:25 x
おことうさんです。師走年の瀬を乗り切る船頭さんのかけ声のように聞こえます。おことうさんの時期に上洛したことはありませんので、初耳ですが、京都らしいはんなり言葉ですね。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-12-14 12:56
おことうさんです
ええ京言葉ですね。

雨コートもカラフル♪
ぞうりの前も足袋が濡れんようなカバー
してはりますね^^
雨の撮影、お疲れさんどしたぁ~
Commented by 大星由良之助 at 2016-12-14 15:45 x
美女濡れの事始めどした
Commented by j-garden-hirasato at 2016-12-16 06:47
事始め、
そういうことでしたか。
それにしても、艶やかですね。
Commented by kwc_photo at 2016-12-17 22:33
>アラックさん
ホント、雨じゃなければ着物姿がちゃんと見えるんですが、
雨だとみんなコートを着ちゃうので残念でした。
でも、コートと傘というのも意外と良いもんだなぁと
切り替えて撮影しましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-12-17 22:33
>カメラダンキチさん
おことうさん、おめでとうさん、という挨拶が街の
あちこちで聞かれるというのはいい雰囲気ですよ~。
毎月1日もおめでとうさんと言っておられますね。
朔日を祝う、という文化も花街に残る素敵な習慣だと
思います(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-12-17 22:34
>A-HIMEKKOさん
ホント、ええ言葉ですよね。
何とも奥深い感じがします。
雨のときの芸舞妓さんの足元はコレですね。
うまく出来ています。
Commented by kwc_photo at 2016-12-17 22:34
>大星由良之助さん
座布団1枚!びしょぬれでした~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-12-17 22:34
>j-garden-hirasatoさん
事始め、ニュースだと物騒なヤ○ザさんの
事始めが取り沙汰されていますが、京都の事始め
といえばやっぱりコレです(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2016 旧三井家下鴨別邸 京都の紅葉2016 彩りの正法寺 >>