京都の紅葉2016 落葉の美(護法堂弁財天)
          
f0155048_2027064.jpg
今年はこちらも足早でした。
静かなお寺、護法堂弁財天。
雨で一気に敷き紅葉になりました。

(※11月27日、29日撮影)



f0155048_2028893.jpg
雨の朝。
護法堂弁財天を訪れると、一面の散り紅葉。


f0155048_2028411.jpg
ちょっと雨がきつかったのでしょうね。
例年ならまだ散るには早い時期なんですが。


f0155048_2028443.jpg
太い幹の足元はビビッドな紅葉の落葉で埋め尽くされていました。


f0155048_2030123.jpg
うーん、圧巻。


f0155048_20301457.jpg
でも、ちょっと雨が多かったかな。
散り紅葉が水浸しです(^_^;)


f0155048_20303636.jpg
でも、上も下も色づいて、晩秋の光景が広がっていました。


f0155048_20305047.jpg
雨のせいか、ちょっと色抜けが始まっていますね。
今年の紅葉の鮮度は短くしか保たない感じ。


f0155048_20311639.jpg
苔むした蹲のところにも散りかかった紅葉が積もっていました。


f0155048_20313267.jpg
うーん、ちょっと色がくすんでるなぁ。
手前の赤い3枚は、おそらく誰かが置きましたね(笑)


f0155048_20321319.jpg
というわけで、2日後に再訪。
足元は水浸しではない敷き紅葉が広がっていました。


f0155048_20323831.jpg
頭上の枝の紅葉は少しさみしくなりました。
やっぱり雨で散りが進んだんですね。


f0155048_20334133.jpg
今日はどうかな?
おお、なかなか彩りがいいですね。


f0155048_2034171.jpg
美しく彩られた蹲。
これだけでも再訪してよかったかな。



f0155048_2034812.jpg
あっという間に秋は過ぎていきました。

上も下も真っ赤な護法堂弁財天、来年に期待したいです。
by kwc_photo | 2016-12-20 06:24 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27264527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ2 at 2016-12-22 23:55
タイトル : 紅葉の京都 嵯峨 護法堂弁財天
2016年11月23日撮影祇王寺さんからさらに歩いて護法堂弁財天さんへ。去年ブロガーさんが行かれていたのを拝見して初めて知って今年、行ってきました。1.静かです。そして結構いい感じです。2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.何人かはおられましたが嵐山エリアから比べたら嘘のような静けさでちょっと別世界な雰囲気でゆっくりできました。※もともと少ない紅葉記事ですが遅れています・・・... more
Commented by arak_okano at 2016-12-20 06:56
Katsuさん、おはようございます、アラックです。
25・26日に三回行きましたが、全く違いますね、
やっぱり達人が撮影されるとは、天と地です、
お見事、バグースです。
(いつも、私はダイジェストでお蔵入りでしたが、
だるま寺さんをまとめてみました、今回は頑張ってみます。)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-12-20 07:24
いやー、
こんな美しい敷モミジ、
見たことがありません。
ため息しか出ません。
見てみたい!
Commented by ericanada at 2016-12-20 16:29
きれいですね~。
今年の京都の紅葉は早かったんですね。
12月初めに京都へ行きましたが、ちょっと遅かったです。
緑の上にちりばめられた赤いもみじ。とっても美しいですね。
何度もチャンスがあってよかったですね!
Commented by カメラダンキチ at 2016-12-20 23:37 x
手水鉢の苔むしは、なかなか完成しませんが、10年位前に成功しました。とても嬉しい作品?に手水鉢が苔むしオブジェになりましたが、ある年末の植木の手入れの際に若い庭師さんが手をついてズルリとやってしまい、満月から新月になってしまい悲しい思い出だけが残りました。手水鉢の上に紅葉を植えていてその手入れの際に、ズルリが発生してしまいました。武蔵さんも手を洗ったと伝えられる手水鉢は、苔むしファッションを嫌ったと割りきっています。苔じゅうたんの上の紅葉の写真は、幸せレシピです。
Commented by kwc_photo at 2016-12-21 22:10
>アラックさん
27日の雨が一気に散りを加速させてしまいました。
濡れてて鮮やかなのは良かったですが、あまりにも
降りすぎでしたよ(汗)
だるま寺さんの記事、見せていただきます!
Commented by kwc_photo at 2016-12-21 22:10
>j-garden-hirasatoさん
ありがとうございます。例年はもっとキレイなんですよ。
今年は一雨でThe ENDという紅葉が多かったです。
赤さの美しさではピカイチの場所なので、来年は上も下も
ピークの赤さで撮りたいところです(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-12-21 22:10
>ericanadaさん
今年はホントに足早な紅葉でした。
あっという間に見頃が過ぎてしまい、気がつけば色あせたり
散ったり・・・忙しかったです。おかげで市内の観光名所は
ほぼ見逃したかも(汗)
Commented by kwc_photo at 2016-12-21 22:11
>カメラダンキチさん
手水鉢に苔むすまで育てられたんですね。庭師さんの失敗、
すごくもったいない・・・京都では高桐院の苔むした手水鉢
(加藤清正好みとの伝承がある)が、いたずらで苔が剥がされ、
結果としてツルツルに磨かれてしまったという哀しい事件が
ありました・・・
武蔵も使ったかも?な手水鉢なんですね。すごいなぁ~!!!
びっくりです。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< Big Christmas T... Kyoto Station X... >>