時代祭2016・中世婦人列~弓箭組列
          
f0155048_23134212.jpg
時代祭のクライマックスと言えば、やはりこの御方、巴御前でしょう。

華やかな中世婦人列から最後まで、一気にお届けします。





f0155048_22561517.jpg
中世婦人列がやってきました。
まずは薪を頭の上にのせた大原女さんたち。


f0155048_22562454.jpg
つぎは桂女さんです。白い布で髪を包んだ「桂包」が特徴。


f0155048_22562712.jpg
さぁ、やってまいりました。
まずは淀君。祇園甲部の豆六さんです。


f0155048_22563343.jpg
侍女は豆千佳さん。


f0155048_22562922.jpg
うっかり藤原為家の室を撮り逃しました(^^;
その侍女の小衿さんと豆こまさんです。


f0155048_22563650.jpg
静御前は鼓を持っています。芸妓の小扇さんがつとめられました。


f0155048_22563958.jpg
童女は小花さんでした。


f0155048_22564792.jpg
次は城南やぶさめ列です。


f0155048_2257089.jpg
後鳥羽天皇が城南離宮で行った流鏑馬には近畿各地から武士が参集しました。
射手が狩装束で五組練り歩きます。

f0155048_22571218.jpg
笑顔で手をふってくれました。


f0155048_22572146.jpg
藤原時代に突入です。


f0155048_22572411.jpg
藤原公卿参朝列です。
文官の衣装がよくお似合いの御仁。


f0155048_22573134.jpg
武官(随身)です。
鮮やかな色合の衣装ですね。


f0155048_22574477.jpg
さぁ、時代祭のクライマックスと言って良いでしょう!
巴御前です。今年は宮川町のとし真菜さんです。


f0155048_22581767.jpg
笑顔で騎乗。
何とも絵になるお方です。願わくば薙刀を持っていてほしかった。


f0155048_22583497.jpg
横笛は建礼門院につかえていた女性。芸妓のふく恵さんです。
齋藤時頼との悲恋の物語が平家物語に描かれています。


f0155048_22584612.jpg
常盤御前は牛若丸(のちの義経)の母。芸妓の小ふくさんがおつとめでした。
今若、乙若、牛若の三人の子連れで平清盛のいる六波羅へ許しを請いに行く姿です。
ちなみに義経は常盤御前の懐から少し顔を出していますね。赤ちゃんだったんです。


f0155048_2259168.jpg
お次は清少納言と紫式部。
芸妓の君綾さんとふく鈴さんです。
一条天皇の中宮に仕えた二人。何かとライバル関係だったようですが、時代祭じゃ仲良くひとつの輿に(笑)

f0155048_22593035.jpg
紀貫之の女(むすめ)は芸妓のとし夏菜さんでした。
白梅の枝を持って歩きます。


f0155048_22593756.jpg
今年芸妓になられた田ね文さんは小野小町に扮しました。
艶やかな衣装です。


f0155048_22594894.jpg
その侍女はこれまた今年芸妓になられた小凛さん。


f0155048_230591.jpg
和気広虫も今年襟替えをされた君ひろさん。衣装は唐風ですね。
和気広虫は和気清麻呂のお姉さん。ともに御所横の護王神社に祀られます。
戦乱で身寄りを失った多くの子どもたちを助け、養子として育てたことから子育明神とも崇められます。


f0155048_230249.jpg
お付きの童女たちです。
先頭は芸妓のとし輝さん、そしてふく兆さん、富美夏さんです。
最後尾の子は現在仕込みさん(見習いさん)をされているそうですよ。
いきなりの大舞台でしたね(^-^)


f0155048_2303119.jpg
百済王明信は桓武天皇の若かりし頃の初恋の女性と言われます。



f0155048_2311997.jpg
延暦時代です。
延暦武官行進列は初代征夷大将軍、坂上田村麻呂が東征から凱旋する様子を表しています。


f0155048_2313327.jpg
「神幸列」は実は時代祭のメインなんです。
この前列はお神輿の前を行くのでこの名前。


f0155048_2314248.jpg
迦陵頻伽の子はとても愛想良しさんでした。ニッコリ(^-^)



f0155048_232478.jpg
さぁ、矛と盾を持った人たちに先導されてやってきたのが・・・


f0155048_2321143.jpg
御鳳輦です。最初の御鳳輦は桓武天皇が御祭神としてのっています。



f0155048_2325454.jpg
次の御鳳輦は孝明天皇が御祭神。
この2つの御鳳輦が神幸列の中心となります。他の行列は供奉しているという位置づけですね。


f0155048_2331846.jpg
御鳳輦のあとは白川女献花列。
神幸祭に献花する白川女の姿を表しています。

f0155048_2333346.jpg
行列の最後尾は弓箭組列。
桓武天皇が平安京に遷都される際に警護役を仰せつかったという、丹波南桑田と船井の弓上手たち。
時代祭でも殿を守っています。

一部ダイジェストのようになりましたが、約2時間超の時代絵巻、楽しんでいただけましたでしょうか。
時代を遡っていく感覚、徐々にタイムスリップしていけますね(^-^)
by kwc_photo | 2016-11-08 06:52 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/26713815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-11-08 07:03
Katsuさん、巴御前は平安時代最後ですね、凛々しいですね、時代をどんどん遡る
良いですね、その中でアラックの眼がロックオンは、白川女献花列の一番前の女性
になってしまいました、今日も有り難うございます、バグースです。
もう、亀岡方面へ行かれましたか、それとも平城京跡でしたか。
Commented by カメラダンキチ at 2016-11-08 19:28 x
時代祭りは、京都ガールズコレクションですね。襟変え記念の芸妓はんが多いですね。センターの巴御前で馬に乗っての行列は、視線も高くて一生の思い出になりますね。フィルムだと20本いきますね。便利な時代になりました。
Commented by みりおじ at 2016-11-08 21:30 x
Katsu さんのところだと、時系列に並んでいるので
その場にいるようにも思えます。
長時間お疲れ様でした&ご紹介、有り難うございました
Commented by kwc_photo at 2016-11-08 23:49
>アラックさん
巴御前は鎌倉直前の悲劇のヒロインですね。
凛々しく夫とともに戦ったという姿、芸妓さんが扮すると本当に
美しいですね。白川女の先頭の方も目鼻立ちのキリッとした方でした(^-^)
さすがよく見ていただいていますね(笑)
京都の紅葉はまだ峰定寺を見に行ったくらいです。この土日は文化活動でした(^^;
Commented by kwc_photo at 2016-11-08 23:51
>カメラダンキチさん
やっぱり時代祭は女性が出てくると華やかでいいですね。
特に芸舞妓さんの列は綺羅びやかな雰囲気です。
フィルムで・・・10年前に撮ったような気がします。
枚数は今のことを考えると10分の1以下しかレリーズしてませんね(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-11-08 23:54
>みりおじさん
ありがとうございます~。
できるだけ、流れを崩さないように・・・というのはお寺の訪問の
記事でも同じでして、トップ絵はこれぞ、というのを持ってきますが
あとは入口から出口まで・・・って感じです(笑)
かなり端折ったので、行列で歩かれた人が見たら「自分の列が写ってない!」
になっちゃうかもしれませんが(^^;
名前
URL
削除用パスワード
    
<< Pre-Opening!京都の... バラ色の夜明けと秋晴れに揺れる... >>