時代祭2016・豊公参朝列~楠公上洛列
          
f0155048_233188.jpg
さぁ、時代はさらに遡って安土桃山時代へ。
雄々しい武者たちが登場します。




f0155048_23312069.jpg
まずは豊公参朝列です。
豊臣秀頼初参内の様子をあらわしたもので、御所車も最高様式の「檳榔毛唐庇車」。


f0155048_2331323.jpg
替え牛さんもいます。


f0155048_23313490.jpg
この子はすごく大きな足。
サラブレッドとは違う、迫力のある馬体です。

豊臣秀吉は出てこないの?と思われるかもしれませんが、豊公参朝列ということで、
秀吉は御所車に乗っているという設定なんですよ(^-^)


f0155048_23314197.jpg
つぎは織田公上洛列です。
粟田口で上洛を出迎えた、という立入宗継の幟がみえますね。


f0155048_23315854.jpg
こちらは丹羽長秀。
お髭の感じが貫禄ありますね。


f0155048_23315566.jpg
先程は御所車に乗っているという設定の秀吉さんは、この時代はまだ「羽柴」姓ですね。


f0155048_2332698.jpg
織田の旗!
織田木瓜紋と揚羽蝶の家紋をあしらっています。
木瓜紋は織田信長の代表的な家紋ですが、平氏の出であるという主張をするために
平家家紋である揚羽蝶も使ったと言われます。


f0155048_23321165.jpg
織田信長がやってきましたよ~!
采配を振ってニッコリ。ポーズしてくださいました(^-^)

f0155048_23321374.jpg
この兜は、分かる人はわかる滝川一益です。
ホントにこんなの被って戦ったんですかぁ~っていう大きな鍬形。


f0155048_23322669.jpg
おおお、柴田勝家さん、これはよくお似合いです。重厚な兜ですね。


f0155048_2332345.jpg
そして室町時代まで時代が戻ってきました。


f0155048_23324868.jpg
伊勢氏の行列。
伊勢氏は室町時代、政所執事を世襲しました。


f0155048_23325187.jpg
こちらは細川氏です。



f0155048_23325414.jpg
室町洛中風俗列がやってきました。
風流傘が豪華ですね。


f0155048_23331748.jpg
風流踊の囃子方の皆さん。
この風流踊は、盆踊りの原型と伝わります。


f0155048_23333472.jpg
吉野時代になりました。
いわゆる南北朝時代ですね。
あえて吉野時代というのは、きっと建武の新政を行った後醍醐天皇の南朝を正統としたからかな、と思われます。


f0155048_2333546.jpg
行列の準備中に撮らせてもらった法螺貝を吹く武者の方。
いい音鳴ってました(^-^)


f0155048_2334733.jpg
お、こちらも準備中に撮らせていただいた「楠木正成」さんです。

室町~安土桃山時代といえば、個性的な武将が駆け抜けた時代とも言えるでしょう。
男性の活躍が目立つ時代の行列でした。

最後は、女性中心の華やかな行列に焦点を当ててお届けします。
by kwc_photo | 2016-11-06 06:24 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/26682764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメラダンキチ at 2016-11-06 06:34 x
時代祭を撮影するのはフィルム時代は、フィルム交換で大変だったでしょうね。笑い。揚羽蝶の家紋の由来お勉強になりました。紅葉狩り情報ありがとうございました。参考にさせていただきます。将軍塚は、混むでしょうね♪
Commented by j-garden-hirasato at 2016-11-06 06:48
この辺りの時代は、
実に華やかですね。
本格的な鎧、
身に着けてみたいものです。
かなり、重いのでしょうね。
滝川一益、大丈夫ですか!
Commented by arak_okano at 2016-11-06 07:11
Katsuさん、アラックです。
やっぱり安土桃山時代が一番好きですね、下剋上の時代ですが、
夢がありますね、もちろん、怖くてその頃に生まれなくて良かったと
思っています。
一番面白いのは、秀頼公の牛車の変え牛さんですよ。
今日もバグースをありがとうございます。
★先日読んだ本で、「もしも、関が原で西軍が買っていたら」(石田三成公に人望があったら)、
 商人の町大阪がしっかりと天下を収め、徳川のように鎖国はせずに、世界へ貿易を広める、
 そこで、インド辺りで大英帝国の海軍と戦いになって勝ち、世界の共通語は英語ではなく、
 日本語になる、もちろん、日の本の標準語は関西の言葉になる、実に痛快な話でした。
☆今日、午前中に退院します、ご心配をかけてすいませんでした。
Commented by kwc_photo at 2016-11-07 20:29
>カメラダンキチさん
時代祭はフィルムじゃ大変だったでしょうね。
36枚撮りでも連射したらエライことになります(笑)
揚羽蝶の模様は平家、平家は次に天下を取る、と
信じられていたことから、自らは平家だと世間に
アピールしたようです。それが伏線となって、平家に
天下を取らせてはいけない、という考えをもった
明智光秀と対立した、という説もありますね。
将軍塚、紅葉のころに行ったことがないのですが、
あのガラスの茶室と紅葉が絡められれば、珍しい絵
になるでしょうかね。
Commented by kwc_photo at 2016-11-07 20:29
>j-garden-hirasatoさん
鎧にも豪華に飾る文化の頃ですからね。
兜にも様々な細工がされて、そこで独自性をアピール
してます。ホントに信じられないデザインのものが
ありますよね(笑)
滝川一益、あれをかぶったら戦いにくそう(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2016-11-07 20:29
>アラックさん
安土桃山の文化は華やかですからね~。
でも、やっぱり華があるのは中世ですかね。
明日掲載します。
関ヶ原はなぜああいう結果になったのか、もし~なら、
という話はたくさんありますね(^-^)

退院、おめでとうございます。しばらくは養生ですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< バラ色の夜明けと秋晴れに揺れる... 古知谷阿弥陀寺のダイモンジソウ >>