古知谷阿弥陀寺のダイモンジソウ
          
f0155048_22355353.jpg
秋口の古知谷阿弥陀寺は秋の花が咲きます。
特にいつも楽しみにしているのが色とりどりのダイモンジソウ。

秋の始まりを感じられる古知谷阿弥陀寺、ご覧ください。

(※10月8日撮影)





f0155048_22253066.jpg
いつもの上り道。
苔むした石段の光景が好きです。


f0155048_2226626.jpg
水の流れが美しい。
まだ少し暑さの残る日でしたので、ひんやりが気持ちいい。


f0155048_22302677.jpg
さて、お待ちかねのダイモンジソウ。
今年は入口のあたりはまだ咲き始めでした。


f0155048_22302894.jpg
でも、この小さな花のフォルムには目を奪われますね。


f0155048_2230362.jpg
次に目に飛び込んできたのはキジョウロウホトトギス。
咲いたばかりのみずみずしい花がうれしい。


f0155048_22313530.jpg
可愛らしさならこの梅鉢草(ウメバチソウ)
小さなお星様みたいです。


f0155048_22314730.jpg
受付のそばにも鉢植えのダイモンジソウが。
うれしいお心遣いですね。


f0155048_2233325.jpg
さぁ、お庭へ。
入口では秋明菊がお出迎え。


f0155048_22333920.jpg
キレイに咲く頃に行き合わせる事ができました。
いつもちょっと遅めで、刈り取られたあとだったりしてましたんで(^^ゞ


f0155048_22353436.jpg
岩菲仙翁も毎年の通りキレイに咲いていました。


f0155048_2236711.jpg
雲が間近まで迫る山間。
山深きお寺であることが実感出来ます。


f0155048_22523617.jpg
ピッカリしていた本堂も風雨によって馴染んできましたね。


f0155048_22361571.jpg
何と、秋のこの時期にすみれ??と思ったら、叡山菫(エイザンスミレ)の二度咲きでした。
露をまとった姿が美しい。


f0155048_22384317.jpg
さて、中庭へ。
こちらに大文字草がいっぱい咲いていました。
あらら?クリンソウが少し小さめ・・・と思ったら、今年の夏の暑さで全滅したそうで(*_*;
別のお庭で育てていたものを移植して育てているところだそうです。


f0155048_22252377.jpg
気を取り直してダイモンジソウを。
よく見ると、色も形も様々なんですよ。


f0155048_22364673.jpg
オーソドックスなタイプのピンクと白。
かわいらしい花ですよね。


f0155048_22373981.jpg
赤から薄いピンクまでグラデーションしているような感じ。


f0155048_2238710.jpg
こちらはややスリムなダイモンジソウ。


f0155048_22393217.jpg
ホントに小さな小さな花なんです。
妖精のような可愛さですね。


f0155048_22402031.jpg
この可憐さが魅力なんですよね~。


f0155048_2240375.jpg
小さな株。赤い花はちょっとフサフサ。花びらがちょっとギザギザなんです。


f0155048_22411788.jpg
雨露でつややか。
真っ赤な大文字です。


f0155048_22413652.jpg
前ボケを入れて。


f0155048_22431312.jpg
本当に色々な種類のダイモンジソウを育てておられます。


f0155048_2246242.jpg
おや、この子は春も見た・・・
そう、シライトソウの二度咲きなんです。秋は少し控えめの背丈だそうで。


f0155048_22465923.jpg
こちらは勘亭流並の太字の大文字ですね(笑)


f0155048_22484761.jpg
こちらは超極細(笑)


f0155048_22492684.jpg
紅紫檀の実が真っ赤に実る参道を降りて古知谷阿弥陀寺を後にしました。


f0155048_22493891.jpg
古知谷カエデは色づき前。
さぁ、秋はどんな光景を見せてくれるでしょうか(^-^)
by kwc_photo | 2016-11-05 06:56 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/26682606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-11-05 07:08
ダイモンジソウ、
白い花は見たことがありましたが、
こんなにいろいろな色があるのですね。
知りませんでした。
それに、意外とボリュームがあるんですね
Commented by arak_okano at 2016-11-05 07:49
Katsuさん、おはようございます、アラックです。
古知谷阿弥陀寺さん、正に山歩きという感じでしょか、
自然観察みたいですね、バグースです。
実は、バスで大原へ&歩いて紅葉の時期に行こうと思って
いたんですが、どうなりますか。
明日には帰る予定です、昼まで五食抜きになりました。
Commented by カメラダンキチ at 2016-11-05 09:35 x
阿弥陀寺のダイモンジ草は、まるで花火大会のようですね。あの場所ならではのパラダイスですね。11月19日に日帰り上洛して舞妓はんと紅葉狩りドライブします。人出の少ないスポットは、何処でしょうか?
Commented by A-HIMEKKO at 2016-11-05 15:37
小さい花の可憐さが好き。
赤の大文字草を昨年枯らしてしまい><
白色大文字草を今年GET...
でも、育てるのが難しそう・・・・
山野草って自然のものだから、
山深い湿地を好むのでしょうかね?
Commented by kwc_photo at 2016-11-05 23:47
>j-garden-hirasatoさん
ダイモンジソウの種類については、この古知谷阿弥陀寺
さんのところで見るのが一番多いなぁと思います。
ほかは白がほとんどですね。
このお寺の環境と手入れが良いのでしょう、ホントに
モリモリ咲くんですよ。今年はまだこれでも少ないくらいです。
Commented by kwc_photo at 2016-11-05 23:47
>アラックさん
古知谷阿弥陀寺さんは入口の竜宮門からお寺の受付
まではホントに山登りです。途中まで車で行けるので
まだ楽ちんなんですが、歩くと大変です(^^;
やっと退院ですね。体調を戻すことに専念して、
ゆっくりできるようになってから京都にいらしてくださいね。
Commented by kwc_photo at 2016-11-05 23:47
>カメラダンキチさん
ダイモンジソウ、たしかにミニチュアの花火のような
可愛らしさです。線香花火ってこんな感じですね(^-^)
19日、下の記事へのレスでも書きましたが、市内だったら
どことも混み合うのですが、東山において唯一人出が
マシなエリアが泉涌寺近辺です。例年23日頃に行って
午前中に郊外に脱出する、というパターンをとってます(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-11-05 23:47
>A-HIMEKKOさん
この小さな花の魅力は何と言ってもフォルムですよね。
大文字を描く花びらの可憐さには思わず見入ってしまいます。
どうも湿度を好むようですね。この古知谷阿弥陀寺さんの
苔むした環境は居心地がいいようです。
お寺の副住職さん、お母さんも山野草を愛しておられるので
やはり手入れが良い、というのが一番かも(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 時代祭2016・豊公参朝列~楠... 時代祭2016・維新勤王隊列~... >>