秋の宴(祇園東・雛菊さん、雛佑さん)
          
f0155048_0143544.jpg
秋の口に芸舞妓さんにおこし頂く宴へ行ってきました。

祇園東から芸妓の雛菊さんと舞妓の雛佑さんにお越しいただき、楽しい時間を過ごしました。

宴の中で舞っていただいたお二人の舞をお届けいたします。



※※※   告知です。   ※※※
f0155048_0565376.jpg

友人のプロカメラマン、川上哲平さんが新しい写真集「STORY」を発売されます。

◼︎4Aサイズ
◼︎フルカラー70ページ
◼︎英語翻訳

===   写真集紹介   ===

写真家 川上哲平が20代で撮影した舞妓・芸妓の作品を集めた初のベスト写真集。

15歳で舞妓になることを選んだ女性達の光り輝く人生の一編を
まるで映画のワンシーンのように切り取りました。
夢を持って進む彼女達の きらきら とした瞳の輝きや、あふれだす美しさをご覧ください。

出演 紗月・勝瑠・まめ藤・まめ菊・とし真菜 他総勢20名


f0155048_0571082.jpg
川上さんは二十三歳でカメラマンとして独立。
京都の花街文化と出会い、以来、夢を持って生きる女性の姿に魅了され、
作品づくりに取り組まれています。今回の写真集は前作「光のなかで」に続く第二弾!


f0155048_014487.jpg
私も写真展に出かけて一冊先行で購入させていただきました。
京都の景色の中に溶け込む茉利佳さん、素敵だぁ~。
※この写真集のページの写真は掲載許可を頂いています。
 無断転載等はされないようお願いします。

先日、フランスのParisでも写真展を開催されましたが、
フランスではモノクロの作品が人気だったそうです。確かに素敵!

購入等、詳細は下記WEBサイトまで

http://www.teppei-kawakami.com/shop

f0155048_0175676.jpg
さて、宴に戻りましょう。
雛菊さんのしっとりとした舞がはじまりました。


f0155048_018549.jpg
袖を寄せて・・・素敵な仕草です。


f0155048_0184764.jpg
縞の着物がとても良くお似合いです。


f0155048_0202414.jpg
かわいい振り付けですね。


f0155048_0204115.jpg
流れるように・・・


f0155048_020444.jpg
まるで日本人形のような。
見とれる舞でした。


f0155048_0212642.jpg
雛菊さんは笛も披露してくださいました。


f0155048_0214242.jpg
次は雛佑さん。
笑顔で視線くれました(^-^)


f0155048_022389.jpg
そんな雛佑さんも、舞になるとスッとモードが切り替わります。
さすが、プロですね。


f0155048_022626.jpg
だらりの帯の後ろ姿。
舞妓さんの後ろ姿はホントに絵になります。


f0155048_0222892.jpg
舞が始まりました。


f0155048_0241290.jpg
桔梗に撫子をあしらった青い着物。
帯は鮮やかな黄色。これまた素敵です。


f0155048_0243337.jpg
贅沢なことに、地方さんのつね和さんが三味線の生演奏に生唄。
すばらしい雰囲気で祇園小唄を見せていただきました。


f0155048_0245682.jpg
袖を使っての優美な表現。


f0155048_0251233.jpg
「だらりぃの~、おびよ~」


f0155048_0254428.jpg
二番は扇が登場。


f0155048_0262622.jpg
♫夏は河原の夕涼み


f0155048_0264395.jpg
♫白い襟あしぼんぼりに


f0155048_0264998.jpg
♫かくす涙の口紅も


f0155048_0274129.jpg
♫燃えて身をやく大文字


f0155048_0275026.jpg
♫祇園恋しや だらりの帯よ
※写真と歌詞は合っておりません。悪しからず。

f0155048_0283490.jpg
凛とした舞、間近でみせていただいた雛佑さん。


f0155048_0284947.jpg
美しく、ふわりとした舞。


f0155048_0292489.jpg
贅沢な、秋の夕べとなりました。

雛菊さん、雛佑さん、つね和さん、ありがとうございました(^-^)
by kwc_photo | 2016-10-29 06:10 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/26591130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-10-29 07:13
Katsuさん、本当に幅が広い撮影の範囲と友人の広さですね、
そしていつも通りの素晴らしい舞を有り難うございます、バグースです。
こういう機会があるんですね、アラックは絶対にないと思っています。
11月末には行けると信じて過ごします。
Commented by カメラダンキチ at 2016-10-29 07:49 x
水明会の観覧のため上洛しました。川上さんの写真集購入させていただきます♪被写体の舞妓はんや芸妓はんにとっても、宝物になる写真集ですね♪大原の里には明日行く予定です。今宵の舞妓はんとの宴会は、節酒にします♪節酒出来るかな?笑い。一行の中に妊婦さんがいますので、節酒にします♪笑い。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-10-30 13:14
こういう写真を撮れる場所に
入れるというのがスゴイです。
もしかして、
もの凄い資産家とか…。
俗っぽいコメントで、
申し訳ございません。
Commented by kwc_photo at 2016-10-31 23:30
>アラックさん
芸舞妓さんの舞を間近で見られるのはなかなか無いので
とても貴重な機会でした。
お茶屋さんのお客になっていなくても、こういう会で
お座敷にいけるという機会があったので申し込ませて
いただきました。一緒に行った同僚も感激してました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-10-31 23:30
>カメラダンキチさん
京都、楽しんでいただけましたか~。
川上さんの写真は、芸舞妓さんとの信頼関係が写真に
ちゃんと現れている感じがします。
型にはまった芸舞妓写真ではなく、川上さんならではの、
という表情を求めておられると思います。これからが
楽しみな若手新進気鋭のカメラマンです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-10-31 23:30
>j-garden-hirasatoさん
いえいえ、ちゃんと会費制の会合に参加させて
いただいたんですよ~。私もお座敷に上がるというのは
清水の舞台から飛び降りるような気分の贅沢です(^-^)
若造ですんで(といってもオッサンですが)、おそらく
想像を膨らませていただいているとすると、実際お会い
したら「え?思ってたんと違う」となると思います(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 秋明菊咲く善峯寺(前編・楼門~... 秋の花咲く(天寧寺・本満寺) >>