梵燈のあかりに親しむ会・2016(東林院)
          
f0155048_22431738.jpg
今年も行ってきました、妙心寺塔頭、東林院で行われる「梵燈のあかりに親しむ会」。
電気による明かりは最小限、梵燈に灯された蝋燭の灯を楽しめる会です。

※今年の「梵燈のあかりに親しむ会」は10月16日にて終了しています。



f0155048_22432623.jpg
仕事帰りに東林院に到着。
門前に灯された提灯にテンションも上がります。


f0155048_22463631.jpg
蝋燭の灯が導く道を通ってお寺の中へ。


f0155048_22465533.jpg
おなじみのタイトル灯籠。


f0155048_22465988.jpg
チロチロと揺れる明かりに癒やされます。


f0155048_22473954.jpg
夏に沙羅の木を愛でたお庭。
石仏さんの傍らにも灯籠が。


f0155048_2248711.jpg
そしてメインのお庭へ。
ロウソクの明かりで文字が描かれています。


f0155048_22493077.jpg
今年の文字は・・・「秋風一味涼」。


f0155048_22503183.jpg
しゅうふういちみりょう、と読みます。


f0155048_22504048.jpg
石仏も照らされて、何とも幻想的な光景。
文字の意味は・・・


f0155048_2304984.jpg
ちゃんと説明してくださっています。
毎年のことながら、この説明文の表示のセンスも素敵ですね。


f0155048_22522873.jpg
明かりが照らし出すお庭。
いや、闇に明かりが描き出す温かさ、というべきでしょうか。


f0155048_22543596.jpg
そう、この会は我々が忘れてしまいつつある「闇」を感じさせてくれるのです。


f0155048_22552764.jpg
夜の帳が下りた後に訪れる闇。
家も街も明るく照すことのできる電気の恩恵に預かりすぎていることに気付かされます。


f0155048_22563363.jpg
一方で、灯火の明かりってこんなに温かいんだ、ということにも思い至る、そんな会。


f0155048_22565643.jpg
お茶席へやってきました。


f0155048_22581419.jpg
ここには最小限の明かりとして電気が使われていますが・・・


f0155048_23374125.jpg
鴨居につけられている明かりはロウソクによるものなんです。


f0155048_22583559.jpg
お茶席から眺めるお庭の明かり。


f0155048_2258476.jpg
お茶を出していただきました。
ほの明るいお部屋の中で頂くお抹茶と羊羹。美味しかったです。


f0155048_22593146.jpg
床の間に飾られた香炉と花瓶も素敵でした。


f0155048_2302952.jpg
門の内側にあった明かりのミニチュアですね。
ロウソクの明かりが揺れるたびに、照らし出された丸い明かりも揺れるんです。


f0155048_2314278.jpg
手水鉢の縁にもロウソクの灯火。なぜかほっこりします。


f0155048_234577.jpg
灯火に包まれた空間。


f0155048_2323573.jpg
もう一度、一味涼の文字を振り返って、玄関先へ向かいました。


f0155048_2342745.jpg
真っ暗な通路にひとつの明かり。
闇の暗さと、そこに灯る火の力強さを感じることができます。


f0155048_2345442.jpg
帰りには石仏さまが手を合わせて見送ってくれました。


f0155048_2351337.jpg
闇と明かりを肌で感じることができる「梵燈のあかりに親しむ会」。

この会は本当に大好きです。また来年も楽しみにしたいと思います。
by kwc_photo | 2016-10-25 06:59 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/26560425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-10-25 07:06
おおー、
心が穏やかになれそうです。
明かりを眺めながら、
自分を見つめ直せそうですね。
Commented by arak_okano at 2016-10-25 07:31
Katsuさん、今年も東林院さんの明かりのぬくもりを
有り難うございます、やっぱりバグースです。
来年はどうかな、11月末だけは行けると願っています。
Commented by ダンキチ at 2016-10-25 08:00 x
コスモス情報ありがとうございました。妙心寺では、色紙に書かれた書を何度か仕入れました。ところで、自宅内の照明も闇も感じられるように省エネしますとドラマチックな夜長を体験できます。クリストファー アレクサンダー先生のパターン ランゲージに暗から明の転換の建築の手法が紹介されていますよ。この本は、構図の上達にも役立ちます?
Commented by kwc_photo at 2016-10-31 23:01
>j-garden-hirasatoさん
ほんと、何とも言えず落ち着く催しなんですよね。
灯火のゆらぎを眺めていると、静かになっていく心の中を
感じることが出来ます。まさにそれが「自らを省みる」
ことにつながりますね。
Commented by kwc_photo at 2016-10-31 23:01
>アラックさん
今年も行っちゃいました。やっぱりこの行事はいいなぁって
思いました。何より静けさを楽しめるというのが良いです。
梵灯の明かりに親しみつつ、鋭くなった聴覚を研ぎ澄ませば
虫の音、水琴窟の響きが一層美しく思えますよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-10-31 23:01
>ダンキチさん
コスモス、楽しまれましたか~。
多分満開だったと思います。
例年より遅かった分、ちょうど間に合いましたね。
妙心寺、たくさんの塔頭がありますね。
東林院さんは年に何度かしか公開しませんが、
特にこの行事は好きなんですよね。
暗から明の転換ですか。見せ方の工夫ということでいうと
確かに写真の構図にもヒントになりそうですね(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 咲き乱れる秋(般若寺) 黄上臈杜鵑(キジョウロウホトト... >>