若冲生誕300年記念・錦市場「ナイトミュージアム」
          
f0155048_22584535.jpg
伊藤若冲の生誕300年を記念して、いろいろな催しが行われている京都。

10月4日からは京都市美術館で「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」が行われています。

そして、ここ「京都の台所」錦市場でも、こんな面白いイベントが行われています。
閉店後のシャッターが若冲の作品に!ナイトミュージアム、お楽しみください。



f0155048_22585724.jpg
高倉錦。
高倉通と錦小路通の交差点をこんな呼び方をする京都。
ここが錦市場の入口です。
イベントを盛り上げるタペストリーがかかっていますね。


f0155048_2259172.jpg
左右の柱にも若冲の絵があしらわれたパネルが。


f0155048_2259429.jpg
そう、伊藤若冲は錦市場の青物問屋の長男として生まれました。


f0155048_23272024.jpg
若冲と言えば、鳥の絵が思い浮かぶ方が多いと思います。
この「樹花鳥獣図屏風」もその一つ。
精緻な筆跡はもちろんのこと、そのカラフルさに驚かされます。
江戸時代の作品とは思えない斬新さですよね。


f0155048_22593463.jpg
店じまいの最中にお邪魔しました。
こうやってお店を閉めると、美術館が現れるという試み、個人的にナイスアイデア賞!です。


f0155048_22593825.jpg
先程のカラフルな彩色の絵とはうって変わって、
水墨画による「群鶏図押絵貼屏風」の様々な鶏たちが現れました。
一つ一つポーズが違い、生き生きとした鶏の様子が描かれています。


f0155048_236322.jpg
こちらは彩色を施した鶏の図「双鶏図」です。
羽の模様や形の細かさ!若冲の観察眼に唸らされます。


f0155048_2302423.jpg
鶏だけではありません。
こちらは「竹虎図」。鹿苑寺(金閣寺)所蔵の虎の図です。
思わず「この虎を捕まえてくれ」「ではお殿様、捕まえますので屏風から虎を追い出してください」
の一休さんのエピソードはこの絵がヒント?と思っちゃったりしますね。時代は全然違いますが(笑)


f0155048_2302710.jpg
そして、同じポーズの虎がキレイに彩色された「虎図」。
水墨画もいいけど、彩色されると本当に動き出しそうなくらい活き活きとしています。
虎の筋肉の付き方や手足の大きさなど、見事に再現していますね。


f0155048_2303169.jpg
意外と人が増えてきました。
若冲ファン、多いんですね~。
閉店後の商店街がこれだけ賑わうというのは、この企画大成功ですよ(^-^)


f0155048_2303835.jpg
お次は「鷲図」。
若冲は鶏だけじゃなく、様々な鶏を描いています。
精悍な鷲、今にも飛び立ちそうな緊張感を感じられる水墨画です。


f0155048_2311959.jpg
こちらは鶴。
襖絵を上手にシャッターに転写しています。ホントに襖みたい(^-^)
このお店のシャッター、イベントが終わってもこのままがいいなぁ(笑)
めっちゃ似合ってますよね。


f0155048_233370.jpg
今度は「松鷹図」です。
鷲と似ている鷹。でも、きっちり特徴を捉えています。
松の枝ぶりも見事な水墨画。鷹がこちらをギロリとにらみます。


f0155048_2305690.jpg
さて冒頭でご紹介したとおり、若冲は錦市場の青物問屋の子として生まれました。
若冲が観察し、絵にしたのは動物だけではなく、日頃身近にあった青物。
この「菜蟲譜」は様々な野菜や果物が登場する「図鑑」なんです。


f0155048_232327.jpg
「葡萄図」は鹿苑寺の大書院の障壁画。
こちらは細やかな筆致で葡萄の蔓が渦巻く様子や葉っぱの葉脈などが精密に描かれた作品。


f0155048_2325316.jpg
極めつけはこの「果蔬涅槃図」。
何と中央の大根を横たわるお釈迦様に見立て、いわゆる「涅槃図」を野菜と果物だけで表した作品です。
この一枚に60種類以上の野菜・果物が登場しています。独特の世界観ですね。


f0155048_231994.jpg
「石燈籠図屏風」は若冲が「点描」を使って描いた作品。
遠くに霞む霧をまとった山々、そして灯籠の陰影など、気が遠くなるような数の「点々」を用いて表現しています。


f0155048_2315065.jpg
こちらも鹿苑寺の障壁画、「月夜芭蕉図」です。
覆いかぶさってくるような芭蕉の葉を大胆に表現した水墨画。
中央上部右には満月が描かれています。


f0155048_233567.jpg
「鶴図押絵貼屏風」
こちらはあっさりとした筆致ですが、これがまたいきいきと見えるんだから不思議です。


f0155048_234625.jpg
なんと、鳥だけではなく魚も描いています。
「鯉魚図」。鯉の半身を屏風に描き、下部には波と波しぶき。
半分しか体を描かないことで、かえって躍動感がでてきますね。


f0155048_2342814.jpg
「竹梅双鶴図」
おめでたい竹と梅。そこに二羽の丹頂鶴をあしらいました。


f0155048_2344869.jpg
おや、20時になった途端、通りの照明が消えました。
ナイトミュージアムのお楽しみ、スクリーン投影です。
ドドン!と出た鶏の視線にビックリ(笑)


f0155048_23597.jpg
投影される若冲作品。
スクリーンごとに違いました。面白いなぁ~。


f0155048_2353292.jpg
「桝目描き」で描かれた「鳥獣花木図屏風」の一部分。
薄墨で9mm角の桝目をビッシリと描き、その方眼をの中に更に四角を書き入れたものを下地として、
そこから淡彩を用いて動物たちを描き入れていくという特殊技法。
若冲はこの技法を西陣織の模様から着想して編み出したと言われています。


f0155048_236165.jpg
お、コチラのお店も「群鶏図押絵貼屏風」ですね。


f0155048_2362551.jpg
鶏の仕草をつぶさに観察していないと、
これだけのバージョンの鶏を描きつくすことはできないでしょうね。


f0155048_23735.jpg
こちらは「鳥獣花木図屏風」。
真贋論争のあるいわくつき作品ですね。


f0155048_2371457.jpg
たくさんの動物たちが描かれている点では若冲真筆とされる「白象群獣図」と共通するのですが、
桝目描きの手法が他の作品と異なり、また筆致も疑わしいとする学説です。


f0155048_2374714.jpg
とはいえ、ワクワクするような動物てんこ盛りの作品。
若冲要素は多分にあると思うんですがね~。


f0155048_2383147.jpg
こちらも襖絵が転写されていました。
群鶏図の一部分です。


f0155048_2394666.jpg
こんなシャッター街ならじっくり見て歩きたい。

もちろん錦市場はいわゆるシャッター街ではありません。活気あふれる京都の台所です。
そんな商店街が店じまいの後にこんなミュージアムに大変身!とは何とも洒落ているではないですかね。

思わず2~3往復して楽しんでしまった、「錦市場・ナイトミュージアム」でした。
by kwc_photo | 2016-10-19 06:43 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/26450202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youpv at 2016-10-19 08:03
おはようございます~。
これは見応えがありますね。
夜の錦市場の空間を有効活用されていますね。
確かにこれであれば何往復もしたくなりますね(^^)
Commented by dejikaji at 2016-10-19 20:05
kwc_photoさん、こんばんはです。
これ行かれてたんですね!
自分もチャックしていて、こないだ馬場さん撮った後にでも行こうと思っていたんですが、
バイク止められそうにもなかったので諦めました。
思った以上に作品が貼られてるんですね、なんとか月末までに時間作って行きたいです。
Commented by kurese0535 at 2016-10-19 21:23
こんばんわです。
うわ!こんなのをやっているんですか!
錦市場、いつも賑わっている昼にしか行ったことがありませんので
ちょっと別世界のようにも感じます。
自分も行ければ行ってみたいと思います。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-10-19 22:41
京都の台所が、ナイト美術館とは、
粋なことしはりますなぁ~~。
どうやって?と思ったら
転写技術なんですね!

錦市場全体で、若仲さんを盛り上げてますね。ええ目の保養でした♪
Commented by arak_okano at 2016-10-20 04:05
Katsuさん、錦市場さんの今回の思い入れ、凄いですね、
いや、バグースです。
紅葉の時期までやってくれているのかな、これは一杯
やっているっばいではないですね、驚きました。
Commented by rollingwest at 2016-10-20 05:54
鶏の絵といえばやはり伊藤若冲しか思い浮かびませんが、鶴や虎や魚も・・!街中にこれだけ飾られているとは!これは素晴しい商店街アートですね~!コリャ盛り上る!
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:19
>youpvさん
シャッター街、なんて言いますが、無機質なシャッターを
こうやってアートに変えてしまうというのはナイスアイディア
ですよね。ライトアップされた若冲の絵は、本物とは違い
ますが、結構楽しめました。なかなか高精細な転写でしたよ。
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:19
>dejikajiさん
行ってきました~。これに行った日に馬場さんのことを知って
いれば、両方行ったんですがね~(^_^;)
高倉錦から錦神社までずっと若冲ですよ~!
なかなか楽しい企画でした。まだしばらくやってるので是非!
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:20
>kureseさん
おもしろいでしょ~。これは行かねば!と思って仕事帰りに
フラッと立ち寄りましたが、何往復もしてしまいました(笑)
お店がしまった後にこんな美術展になるなんて、素晴らしい
ですよね。
7時だとまだお店がしまりきってないので、7時半頃が良いかも
しれませんよ(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:20
>A-HIMEKKOさん
粋ですよね~。若冲出身地の錦市場のナイス企画です。
特殊フィルムに転写した作品をシャッターにきれいに
貼ったものなんですが、ホントにきれいでした。
もちろん、シャッターのシマシマが入りますが、それがまた
面白いですよね。シャッターと襖絵の融合!もミスマッチな
ようで馴染んでいて、このままにしておいても良いんじゃない?
と思えるナイトミュージアムです。
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:20
>アラックさん
錦市場出身の若冲さん人気にあやかりたいのは商人の性!
ですよね。でも、ホントにいい企画だと思います。
この際、シャッターはずっとこれで行って欲しい気がします(^^)
残念ながら10月30日までなんですよね。
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:20
>rollingwestさん
伊藤若冲人気、最近すごいですね。
長刀鉾の見送りも若冲になりましたし、やっぱり没後300年
という節目にあたり、かなりキャプチャーされていますね。
青物問屋の倅、という出自が、野菜や魚といったものへの
洞察力を生んだのでしょうか。
閉店後の商店街に人が一杯、というのはすごいですよね(^^)
Commented by 雪だるま at 2016-10-21 06:16 x
とても羨ましい企画です
アーケードや商店街好きとしてはたまりません

でも開催時間が少々遅め
これを見ると泊まらなくてはいけないし
悩ましいところです(笑
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 20:34
>雪だるまさん
商店街の閉店後の企画としては、すごく魅力的ですよね。
楽しませてもらいました。若冲好きじゃなくてもシャッターが
こんなに色とりどりの絵で彩られるという展示自体の魅力で
楽しめます。
おっしゃるとおり、閉店後のイベントなんで開始時間が遅いのが
難点ですね(笑)仕事帰りでちょうどよかったです(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 水尾の里のアサギマダラ 酔芙蓉の庭の朝と夕(大乗寺) >>