酔芙蓉の庭の朝と夕(大乗寺)
          
f0155048_15545621.jpg
たくさんの花がついた酔芙蓉。
山科区の大乗寺にはこの季節見事な酔芙蓉の光景が見られるお庭があります。
色が変わる様子を見たくて、今年は朝と夕に分けて2度訪れました。

(※10月2日、5日撮影)



f0155048_15552489.jpg
最初に訪れたのは10月2日。
いつもの石段で出迎えてくれる酔芙蓉。


f0155048_15552679.jpg
やっぱりピンク色です。
程よい酔い具合ですね。


f0155048_1557281.jpg
こちらは酔芙蓉の寺。
本当にたくさんの花が咲きます。


f0155048_15554972.jpg
石段を上がっていくと、お寺の方のお心遣いが。
はい、気をつけます(笑)


f0155048_1556144.jpg
左の石段の先がお庭です。


f0155048_1615638.jpg
手前側はちょっと蕾が多い感じかなぁ。


f0155048_15564764.jpg
おや、もう酔っ払った感じですねぇ。
背中合わせに、何か言いあってそうですね(笑)


f0155048_15574685.jpg
こちらには酔客の団体さんが(^-^)
いい気分な顔色ですね。


f0155048_15591993.jpg
まずまずの花数ですね。


f0155048_1602386.jpg
ぐんと一段高いところから。
たくさんのヨッパライさんがいますよ~。


f0155048_161579.jpg
後ろ姿もヨッパライですね(笑)


f0155048_1611496.jpg
酔芙蓉観音菩薩さまにもお供えが。


f0155048_162098.jpg
おや、朝帰りですか?(笑)
(実際には夕日ですが)


f0155048_1621510.jpg
「おーい、俺はコイツ背負って送ってくから、気ぃつけて帰れや~」
「へーい、おつかれさんです~」
ってとこでしょうか(笑)

f0155048_1631752.jpg
さて、酔っ払う前の酔芙蓉が見たくて、次の訪問は5日の朝。
おお、白い花がいっぱい。


f0155048_1633623.jpg
さぁ、飲みに行こうか!
連れ立って繰り出す二人(^-^)


f0155048_1644883.jpg
お、2日より花数は多そうですよ。


f0155048_1652584.jpg
白い酔芙蓉がいっぱい!
ピンク色は昨日の酔いつぶれさんです。


f0155048_16105096.jpg
十三重石塔の周りもたくさんの酔芙蓉が。
これはやっぱり・・・高いところからですね。


f0155048_16475252.jpg
何ともたくさんの花が一面に。


f0155048_16133245.jpg
観音様も酔芙蓉に囲まれて嬉しそうですね。


f0155048_16155435.jpg
「まだまだワシら、シラフでっせ~」


f0155048_1616293.jpg
いやいや、もうほんのり酔っ払ってますよん(笑)


f0155048_16164633.jpg
今年は朝イチと午後に訪れたことで、異なる様相の酔芙蓉のお庭を楽しむことが出来ました。


f0155048_16172474.jpg
お寺のお母さんにお礼を言って、大乗寺を後にしました(^-^)
by kwc_photo | 2016-10-18 06:53 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/26428265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-10-18 07:04
何で「酔」が付いているのでしょうね。
フワフワっとした感じが、
千鳥足の呑兵衛に見えたのでしょうか。
これだけ咲いていると、
ほんと、見事ですね。
Commented by arak_okano at 2016-10-18 07:18
酔うですね、本当に変わった花ですね、それにしても
アラックの仲間がいっぱいいますね、ここに行けたなら
歓迎されると思います、バグースです。
酔芙蓉に乾杯!
Commented by cynchia at 2016-10-18 07:47
おはようございます、綺麗ですね。
ヤバい、出勤前に、泥酔だ!
Commented by ダンキチ at 2016-10-18 17:41 x
酔芙蓉がついに登場しましたね。風の盆恋唄~の小説の中で酔芙蓉が恋の象徴として描かれていますので、ご一読下さい。八尾の風の盆に繰り広げられるラブストーリーです。恋すると顔が上気して頬が紅く変わります。私の専属モデルさんも頬を紅くするところが~人間酔芙蓉で愛しく感じてシャッターを重ね切りしてしまいます。酔芙蓉をいつか専属モデルさんと拝みに行きたいです。笑い♪
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:19
>j-garden-hirasatoさん
この花、蕾~咲いたばかりの花は真っ白で、花開いて
から一日かけてゆっくりピンク色に染まる、という不思議な
芙蓉なんです。通常はピンクの芙蓉は最初から最後まで
ピンク、白は白、ですが、段々染まりゆく様子から「酔」の
字があてられています。ほんのり桜色くらいが可愛らしいですよね。
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:19
>アラックさん
不思議な花ですよね~。朝でも少し酔っ払いかけている花が
ありました。裏側からピンク色のポツポツが広がって、
昼過ぎくらいにはピンク色の花がほとんどになります。
酔っぱらい同士なら話が弾みそうですね(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:19
>シンシアさん
ふふ、流石に酔芙蓉も朝から酔っ払ってはいないかと
思ったら・・・朝イチでもほんのり裏側が染まっている
花を見つけました。気が早い酔芙蓉ですよね(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-10-21 00:19
>ダンキチさん
風の盆恋の歌、酔芙蓉が出てくると聞いたことがあります。
なるほど、恋が顔色をバラ色に染めるのですね(^^)
私も花よりソッチのほうがいいかも~(笑)
といいつつ、一人晩酌する毎日です(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 若冲生誕300年記念・錦市場「... 白鬚神社・日の出 >>