加茂に広がる彼岸花
          
f0155048_22342542.jpg
田んぼが広がる牧歌的光景。
木津川市加茂町は空も広く、牧歌的光景が広がる場所。
こちらを彩る彼岸花を見に行きました。

(※9月18日、22日撮影)





f0155048_2234448.jpg
雨上がりでした。
この日も雨になるという予定。天気が持っているうちに、と加茂町へでかけました。
雨粒がキレイ。


f0155048_22345010.jpg
畦と用水路の間にキレイにラインを描く彼岸花。


f0155048_2235625.jpg
一文字のレッドラインです。


f0155048_22351188.jpg
まだ蕾もあるくらいが新鮮でキレイですね。


f0155048_22361157.jpg
カーブラインもいいですね。
でもちょっと蕾が多いかぁ~。


f0155048_22361831.jpg
今年は早くに咲いた彼岸花もあって、蕾もあるのに白化も始まる、といった具合でした。


f0155048_22365057.jpg
このぐらい太いラインを描くと圧巻ですね。


f0155048_2237963.jpg



f0155048_2236528.jpg
でも、どこまでも続くような細い一本のラインも魅力的。


f0155048_2237299.jpg
田んぼを彩る彼岸花。


f0155048_22373822.jpg
京都ではなかなかこういう光景にお目にかかれなくなってきました。


f0155048_22374932.jpg
亀岡と並んで、彼岸花の美しさを感じられる場所、加茂町。


f0155048_2239279.jpg
いつまでもこんな光景が見られることを願ってやみません。


f0155048_2238914.jpg
キアゲハも飛んできました。


f0155048_22395181.jpg
ここは山城国分寺跡。恭仁京跡でもあります。
平城京のあとは平安京・・・とざっくりした歴史感は誰しも持っていますが・・・

f0155048_2240349.jpg
実は聖武天皇、度重なる内乱に遷都を繰り返し、ここに都を造る事になったのは740年。
しかし、都の造営は4年で中止され、その後は紫香楽宮、難波宮、と転々としたのち、再び平城京に戻った聖武天皇。
一瞬だけ首都となった加茂町でしたが、山城国分寺として転用されたのち、現在のように平地に戻ってしまいました。
今は七重塔の礎石などが残るのみ。しかし、ここで七重塔が建っていたら、相当見晴らしは良かったでしょうね。


f0155048_2241424.jpg
4日後に再訪問すると、カーブラインもしっかり咲きそろっていました。


f0155048_2241328.jpg
おや、青空が見えてきました。


f0155048_22415172.jpg
周りに建物もなく、空が広いので、青空になると広々と撮れます(^-^)


f0155048_22421626.jpg
二本のラインが田んぼの奥まで伸びています。


f0155048_22423714.jpg
実りの秋を迎えた田んぼを守っているかのようですね。


f0155048_2243848.jpg
農道を歩くのも気持ち良い。
やっぱり青空はいいですね~。


f0155048_22433239.jpg
思えばこの9月は台風が毎週のように来て、ほとんどの日が曇りか雨でした。


f0155048_224351100.jpg
貴重な青空が出た瞬間に彼岸花撮影出来て良かったです。


f0155048_2244026.jpg
木津川市で撮影したら、やっぱりこちらを訪れたくなりました。
ブルトレのあるパン屋さん、パン・オ・セーグルです。


f0155048_22441019.jpg
イートインスペースで買ったパンを食べることもできるんですが、この日はランチをいただきました。
ちゃんとパンもついてきますよ(^-^)
野菜たっぷりビーフシチュー、めっちゃ美味しかったです。


f0155048_22442297.jpg
ブルトレもHalloween仕様でした。


f0155048_22444296.jpg
パンもランチも美味しい、パン・オ・セーグル。
何と言ってもホンモノのブルトレが店にドド~ンとあるインパクトは必見モノです。
是非どうぞ~。
by kwc_photo | 2016-10-10 06:32 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/26268187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-10-10 07:37
天気予報が外れて晴れ、流石に晴れ男ですね、アラックは反対が多いですね。
田んぼに農道に彼岸花、実は遺跡とは驚きました。
雨上がりの滴のつく彼岸花もいいですね。
最後は、桜の運転席のパンや、美味しそうなランチですね。
加茂市の彼岸花物語の見事な完結、バグースです。
Commented by youpv at 2016-10-10 09:29
おはようございます~。
青空が羨ましいです(^^)

この辺りの長閑な風景と稲穂と彼岸花は
最高に素敵な組み合わせですね。
規模的には亀岡の方が広いと思いますが
あちらは稲穂が刈り取られてしまうので
画的にはこちらの方が好みです(^^)
Commented by ダンキチ at 2016-10-10 10:58 x
昨日は、玄海灘を7時間以上走って来ました。レースも一着になりました。彼岸花は、案山子効果があるのでしょうか。ビーフシチュー美味しそうですね。中学生時代は、撮り鉄でSLを撮っていました♪写歴は、55年になりましたが~まだまだ専属モデル?さんを20万カット撮り続けています♪風景写真は、旅の時だけになっていますが~楽しい場所を紹介いただき幸せレシピです。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-10-10 17:49
赤いラインが描かれた風景、
これも素敵です。
このパン屋さん、
本物の列車が店内に…。
店主さんは「テツ」なんですね。
Commented by kurese0535 at 2016-10-11 00:31
こんばんわです。
加茂、以前から拝見させていただいて
今年こそはと思っていましたが天気に恵まれず行けませんでした。
青空もあるのに彼岸花に雨の雫、いいですね〜。
そしてすごいパン屋さん!来年行きたいです!!
Commented by 雪だるま at 2016-10-12 05:50 x
今年の初秋は何かと忙しく
結局、彼岸花の撮影はほんの数枚で終わってしまいました
実に残念

畦に咲く彼岸花が一番美しいと感じます
Commented by kwc_photo at 2016-10-14 21:03
>アラックさん
天気予報、外れてからあたりました。
パン屋さんでランチしたあとは雨のなかドライブ。
家に帰る頃には雨があがりましたけどね(笑)
加茂の彼岸花、牧歌的でちょっと京都の他の土地では
見られない光景が楽しめます(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-10-14 21:03
>youpvさん
そうですね。亀岡は広大な感じですが、加茂は高低差も
あり、なかなかおもしろい場所です。田んぼの広さは
多分同じくらいかなと思います。素晴らしい田舎です(笑)
青空はたまたま出ましたが、このあとすぐ曇って、
帰り道は雨でした・・・(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2016-10-14 21:03
>ダンキチさん
レース一着おめでとうございます。
彼岸花はモグラ避け?という話もありますが、
理由はともかく畦に咲く彼岸花の美しさはステキで、
よくぞ田んぼの畦に植えてくれた!と思っちゃいます。
写歴55年!すごいです。私、生まれてない・・・(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-10-14 21:04
>j-garden-hirasatoさん
加茂の田んぼはいたるところにレッドライン。
この季節、大好きな場所です。
パン屋さんの店主さん、以前の小さなお店の頃は
鉄道写真が壁一面に貼ってありました。
お店をリニューアルされてから訪れたら本物があって
ビックリ!趣味が高じて、本物とは!ですよね(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-10-14 21:04
>kureseさん
加茂って行きにくいんですよねぇ。
電車だと特に。木津まで行って関西本線で加茂。
でも、加茂まで行けばぶらぶら歩けますけどね・・・。
パン屋さんは木津駅からすぐです。ここはおすすめ!
美味しいですし、何よりインパクトがすごい!
Commented by kwc_photo at 2016-10-14 21:04
>雪だるまさん
おつかれさまです。
今年は彼岸花の季節に雨やら台風が多くて困りました。
でも、ちゃんと撮れただけ私はマシですね。
田んぼの畦に咲く彼岸花、何ともほのぼのします。
大好きな光景です(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 正寿院の風鈴まつり 初秋の花咲く実光院 >>