祇園祭2016 山鉾の宵(前祭)
          
f0155048_19104660.jpg
やっぱり山鉾といえば、駒形提灯。
宵々々山の暮れを狙って、山鉾巡りをしてきました。
この日は歩行者天国にもならず、露天も出ませんので、ある意味ゆっくり山鉾観賞が出来ます。



f0155048_19114971.jpg
提灯に日が入る時間でしたが、お天気が良かったこの日はまだ青空。
月鉾のノッポな鉾頭が遠く空の上に見えます。

f0155048_19115367.jpg
山鉾の中でも最重量級、そして背の高さも一番という月鉾。
輝く三日月の鉾頭がキラリ西日に輝きました。


f0155048_1912230.jpg
月鉾といえば、このウサギさん。
左甚五郎の作と言われます。
そのウサギを見つめる亀さん、という構図も面白い組み合わせです。
破風の杜若などの花は、「金地彩色草花図」。円山応挙作です。


f0155048_19124382.jpg
まだ日の暮れまで時間があるので、腹ごしらえしましょう。
祇園祭名物、「しみだれ豚まん」です。おいしそう~。


f0155048_1912553.jpg
霰天神山の隣、膳處漢ぽっちりさん謹製。
500円です。ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりますよ。


f0155048_19133069.jpg
マジックアワーで鶏鉾を。


f0155048_19133940.jpg
祇園囃子がはじまりました。
宵の口にこの音色を聞くと、祇園祭ムードが一層盛り上がります。


f0155048_19134371.jpg



f0155048_19145276.jpg
船鉾は大好きな鉾。
鷁が乗る船の舳先。装飾品も豪華絢爛です。


f0155048_19153760.jpg
船鉾といえば、この子たち。
粽売りの歌が響きます。とてもかわいらしい歌声です。


f0155048_19154055.jpg
会所を覗きます。
三体のご神体人形に囲まれて歌う唄は
「安産(あんさん)の御腹帯(おんはらおび)は~、常は出ません、今明晩限り~♪
御信心(ごしんじん)の御方様(おんかたさま)は~、受けてお帰りなされましょ♪」

そう、こちらは腹帯売り。船鉾のご神体人形となっている神功皇后が妊娠中にも
かかわらず腹帯を巻いて新羅遠征をし、戦をせずに勝って凱旋し、無事に子ども
(後の応神天皇)を産んだ、という故事から安産のお守りと腹帯を売っておられるんです。


f0155048_19154616.jpg
再びかわいい粽売りさん。


f0155048_19162627.jpg
幼い歌声に癒やされます。
祇園祭の楽しみの一つでもありますね。


f0155048_19163138.jpg
まわりで歌声を聞く人たちも笑顔。
ちゃんと歌い継がれていく京のわらべ唄ですね。


f0155048_1917587.jpg
次は岩戸山へ。


f0155048_19173123.jpg
会所には見送りが二種類展示されていました。
左から「ヴェネチア図」、「日月龍唐子遊図綴織」です。
ヴェネチア図は皆川泰蔵の作です。


f0155048_1918557.jpg
次は菊水鉾へ。


f0155048_1918392.jpg
駒形提灯がいい色をしています。


f0155048_19184756.jpg
こちらは比較的新しく復興した鉾。
屋根の裏のカラフルな色使いが個性的。


f0155048_19191768.jpg
車輪の軸にも菊の紋が。


f0155048_1920390.jpg
函谷鉾の駒形提灯。
宵山の夜には「提灯落とし」が見られることでも有名です。


f0155048_19211692.jpg
先程も見た月鉾。
夜もとっぷり暮れると雰囲気がさらに出ますね。


f0155048_19213830.jpg
最後は長刀鉾へ。
長刀鉾の皆さんの祇園囃子を聞いて、地下鉄四条駅から帰宅しました(^-^)
by kwc_photo | 2016-07-19 19:08 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25462007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by deepseasons at 2016-07-19 20:09
こんばんは〜
全ての山鉾を回られた上に、長刀鉾の稚児さんとか色んな出会いがあったようですね。
やっぱり少し早い時間帯からゆっくりと会所巡りしたいです。
ノスタルジックに仕上げたモノトーンも微笑ましいです。
Commented by dejikaji at 2016-07-19 20:41
kwc_photoさん、こんばんはです。
宵山はいつもホコ天で撮れる宵々山を選んで行ってるんですが、宵々々山は人少ないですか?
やはり人の多さにちょっと疲れますんで、来年は宵々々山に行ってみようかと思ってます。
粽売りのわらべ歌、これを聴くのも宵山の楽しみですよね~♪(●^o^●)
Commented by 雪だるま at 2016-07-20 06:13 x
祇園祭というと
コンチキチの鐘の音が有名ですが
童歌のほうに雪だるまは感動を覚えます
特に「~受けてお帰りなされましょ」のくだりは
今年も夏が来たのだと
体が耳が感じさせられます
Commented by miyakokoto at 2016-07-20 07:30
ゆっくりと、宵宵宮を魅せて頂きました。
動いてなくても臨場感は想像できますネ
いつの間にか家で静かに皆さまの作品を魅せて頂く事になりました(笑)
気持ちは行きたい・・・有り難うございました。
Commented by revoir-dima at 2016-07-20 19:41
京のわらべ唄の様子、後祭でも見られるのでしょうか。
私は今年は後祭に照準を合わせていますので、どう楽しんでいいのか研究中です。
早く、行きたいです(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-20 22:01
>deepseasonsさん
今年は曳き初めなどの行事系がダメだったので、
朝からの会所巡りと、宵々々山にまわる山鉾に賭けてました。
いい出会いが会って良かったです。
子どもたち、モノトーンの方が雰囲気がでますよね。
カラフルな浴衣も可愛らしかったので、どっちも掲載しました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-20 22:01
>dejikajiさん
ホコ天、キッツイでしょう~。
私はホコ天がイマイチ苦手で、外して行ってます。
やっぱり一日違うだけでゆったりしますよ。
ちまき売の唄は毎年楽しみにしていますので、
今年も出会えて良かったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-20 22:01
>雪だるまさん
わらべ唄、いいですよね~。
私も今年は船鉾に絶対行きたくて、堪能してきました。
ろうそく売りの唄も後祭では楽しんできます(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-20 22:02
>miyakokotoさん
とても優美な夜の山鉾。
やっぱり駒形提灯は欠かせませんね。
宵々々山の夕刻に来て、早めに帰宅、というパターンだと
あまり人混みに揉まれずに楽しめますよ~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-20 22:02
>revoir-dimaさん
わらべ唄、確か役行者山や鯉山でありますよ。
役行者山はお守り売り、鯉山はろうそく売りです(^-^)
わらべ唄、ぜひ楽しんでくださいね。
後祭、10基の山鉾なんで、結構サラッと全部回れると
思います(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 花盛りの実光院 シャクナゲ咲く岡寺 >>