祇園祭2016 前祭の会所巡り
          
f0155048_21581821.jpg
宵山はスゴイ人出だったようですね。
私は宵山の朝から会所巡りに出かけました。

鉾は置いておいて、山、傘を全て回ってきました。
山鉾巡行順にお届けいたします。



f0155048_21583647.jpg
2016年の祇園祭。
前祭の先頭の長刀鉾に続く、山一番を引き当てたのは山伏山でした。


f0155048_21591686.jpg
何と24年ぶりとのこと。会所の人たちもうれしそうでした。
古い見送りなどの懸装品を見学した後・・・


f0155048_21591963.jpg
この会所では茅の輪くぐりができるんです。


f0155048_21594465.jpg
会所の二階にはこうやってご神体人形が飾られています。
この御方は浄蔵貴所。法観寺八坂の塔が傾いたとき、法力でそれを立て直したという伝説があります。
その浄蔵が大峯山に修行に入る時の姿を表しています。

f0155048_2203787.jpg
山弐番は白楽天山。
こちらにかけてあるのは、本飾用の懸装品。
宵山までにかけてあるのは、言わば普段着。こちらがよそ行きの一張羅というわけです。


f0155048_2204355.jpg
白楽天と道林禅師がご神体人形です。
「諸悪莫作衆善奉行」の故事にちなみます。一休寺にも石碑がある禅の教えですね。


f0155048_2222847.jpg
山三番の孟宗山。


f0155048_223353.jpg
こちらの懸装品はとてもエキゾチック。
月夜を行くラクダと・・・


f0155048_2231368.jpg
灼熱の砂漠を行くラクダ。
平山郁夫画伯の作品で「砂漠らくだ行(月)と、砂漠らくだ行(日)」です。


f0155048_2235018.jpg
こちらのご神体はめっちゃ笑顔!
冬に筍を欲しがった病気の母のため、雪まみれになりながら神に祈り、筍を掘り当てた会心の笑みです。
確かに手に持つ鍬も筍も雪まみれですね。
別名、筍のさと、じゃない(笑)、筍山とも呼ばれます。


f0155048_224178.jpg
函谷鉾を挟んで、その次を行く山四番、太子山。
聖徳太子を祀った山です。


f0155048_2241932.jpg
簾の隙間から、そっとお顔を覗かせてもらいました。


f0155048_2251949.jpg
お次は四条傘鉾です。
子どもによるくじ改めが人気ですね。
本番も頑張って!


f0155048_2261363.jpg
山五番、占出山。
水引の「三十六歌仙図」は柿本人麻呂から中務までの36人の歌人が刺繍されています。
その下は前懸と胴懸。日本三景です。
左から天橋立、安芸の宮島、松島です。


f0155048_227210.jpg
こちらのご神体は神功皇后様。
ある意味、祇園祭・山鉾巡行のテーマではメインなお方です。


f0155048_2271749.jpg
お顔が垣間見えました。
神功皇后は、新羅出兵の折に肥前国(九州西部)の松浦川で鮎を釣って戦勝を占ったと言われ、
そのことから占出山は別名「鮎釣山」とも呼ばれます。


f0155048_2274440.jpg
見送りも含め、海の光景ばかりです。
神功皇后が海を征くイメージがあるからでしょうか。
この御方、実は結構な超人伝説をお持ちです。それはまた後ほど。


f0155048_2294210.jpg
月鉾を挟んで、山六番の芦刈山。


f0155048_2294935.jpg
大和物語の「芦刈」がテーマ。
貧しさ故に妻にも見捨てられ、寂しく芦を刈る老人。確かに寂しそうな表情です。


f0155048_2295991.jpg
見送り、とてもやわらかい色調で好きなんですよね~。
山口華楊の「鶴図」を綴織で再現したものです。


f0155048_2210774.jpg
胴懸は尾形光琳の燕子花図。
中央に飾ってある小袖は、織田信長から下賜されたものと言われ、重要文化財なんです。
「綾地締切蝶牡丹文片身替小袖」と書いてありました。
こういうお宝をさらっと飾ってくれている会所の心意気、素敵です。


f0155048_22103189.jpg
山七番は蟷螂山。その名の通りカマキリさんの山です。


f0155048_2211468.jpg
懸装品はとってもプリティ。
鴛鴦がいっぱいです。


f0155048_22111823.jpg
こちらもカラフルな胴懸。
京友禅で染め抜かれた「瑞祥鶴浴図」です。


f0155048_22113157.jpg
折り紙で作られた可愛らしいカマキリさんも飾られていました。


f0155048_221143100.jpg
この山は唯一からくり人形が乗ります。
このカマキリさん、巡行当日は御所車の中に人形師さんが乗り込み、
羽を広げたり、カマをもたげたり、首を傾げたり、と観衆を楽しませてくれます。


f0155048_22122685.jpg
山八番は保昌山です。


f0155048_22132629.jpg
こちらのご神体人形は平井保昌。
恋する和泉式部のために紫宸殿に忍び込み、紅梅を手折ってくるというロマンチスト。


f0155048_22133591.jpg
確かに恋する男の目をしているような(^-^)。
このロマンチスト、ちゃんと和泉式部を妻にしたというから素敵です。
というわけで、こちらの会所では縁結び、恋愛成就のお守りや絵馬が人気です。


f0155048_2216838.jpg
鶏鉾を挟んで、山九番は伯牙山。


f0155048_22163840.jpg
こちらの懸装品の中にはお琴が含まれています。


f0155048_22164770.jpg
ご神体人形は琴の名人であったという伯牙。
友人であり、彼の音楽の最大の理解者であった鐘子期の死の報に触れ、
斧を持って琴の弦を断ち、その後は生涯演奏をしなかったという故事にちなみます。
怒りと悲しみが綯い交ぜになった表情が印象的です。


f0155048_22171040.jpg
お次は綾傘鉾。
天女の描かれた傘が素敵です。
先日の記事で特集した「棒振おどり」が巡行途中で数回披露されます。


f0155048_22192149.jpg
その棒振り踊り、お囃子をする方々の衣装と面です。
中央の軸の絵にあるとおり、昔は車をつけた曳山であった時代がありました。
禁門の変による火災で消失したのですが、昭和54年に復活しました。


f0155048_22194353.jpg
傘鉾の頭に乗る鶏のご神体。
右足で金の卵を握っています。


f0155048_22204027.jpg
右奥には曳山だった頃のミニチュアが。
こうやって見ると、曳山姿も見てみたかったなぁと思いますね。


f0155048_23281043.jpg
山十番は霰天神山です。
昔、京の町を火災が襲った際、あられが降って火を弱めてくれたそうで、
その際に降ってきた天神像をお祀りしているのだとか。
実際、禁門の変を経ても焼けておらず、火除天神とも言われています。


f0155048_2329526.jpg
こちらの懸装品はベルギー・ブリュッセルで作られた毛綴で、ギリシャ神話「イーリアス」を題材としたもの。
平成21年に復元新調されました。
古くからある祇園祭にギリシャ神話の絵が飾られているなんて、不思議な御縁ですね。


f0155048_2222586.jpg
菊水鉾を挟んで、山十一番は木賊山。
会所の説明役のお父さん、中へ入ってお撮りなさい、と大サービスしてくれました(^-^)


f0155048_22221536.jpg
ご神体人形に大接近。
このご老人、子どもを攫われて、独り木賊を刈りながら寂しく過ごしている姿。


f0155048_22222217.jpg
ホントに寂しそうな表情。
仏師春日の作と伝えられます。


f0155048_22225024.jpg
懸装品のこの鯉、イキイキしていますね。
目玉はガラスが嵌めこまれていました。


f0155048_22232832.jpg
山十二番は郭巨山。
こちら、会所の間口が狭く、祭壇の向こうにご神体人形が設置されています。
郭巨は貧しさのあまり、母か我が子を殺めることを決意。
子どもはまた授かることができるが、母はそうではない、ということで、
子どもを埋めようとして穴を掘ったところ、小判が出てきて助かった、というお話。
ん~、母を大切に、という儒教的なお話なんですが、子ども埋めちゃおうとするってね~(;´Д`)


f0155048_22274416.jpg
山十三番、油天神山。
油小路にあることからこの名前がついています。
鮮やかな梅の花を飾って巡行します。


f0155048_22283474.jpg
放下鉾を挟んで、山十四番の岩戸山。
この山はご神体人形が三体もあります。
榊と簾で見えにくいんですが、天照大神と手力男命、屋根の上に飾られる伊弉諾尊です。


f0155048_22292422.jpg
チラリ、手力男命さんが見えました。


f0155048_22301347.jpg
さて、山、傘だけを紹介してきたわけですが、最後に前祭の殿(しんがり)を務める船鉾をご紹介。
船の舳先には「檄を飛ばす」の語源にもなったという、想像上の瑞鳥「鷁(げき)」が乗ります。


f0155048_2230562.jpg
私の大好きな船鉾の楫。
螺鈿細工で飛龍が描かれています。


f0155048_2231615.jpg
彩りも素晴らしいんです。
本当に見事な細工。


f0155048_22311936.jpg
この船鉾、日本書紀の神功皇后の新羅出船にちなんでいます。
占出山の神功皇后は戦勝祈願で鮎を釣って占いをし、この船鉾で出陣したわけですね。
それ故、飾られるご神体人形は緋縅の軍装なのです。

しかも・・・この御方、出陣時に妊娠中だったという・・・。
そんなわけで、軍装の下には岩田帯を巻いておられるそうで。
この鉾では腹帯を安産のお守りとして売っておられます。

船鉾で新羅に渡った神功皇后、戦勝凱旋してお戻りになるのが後祭の殿、大船鉾というわけです。

一昨年の大船鉾の復活、とても意味のあるものだったのですね。
祇園祭の物語、会所巡りに事寄せてまとめてみました。

さぁ、本日は巡行。お天気が持ちますように。
by kwc_photo | 2016-07-17 07:00 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25454647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-07-17 10:56
えええ、ぜんぶですが、凄いですね、流石です。祇園祭の芸術の数々をありがとうございます、バグースです。アラック、今日は濡れましたが、写真は別として、楽しかったです、いろいろ、ありがとうございます。1033に乗りました。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-07-17 13:11
晴れ男はんですから、大丈夫。
ちなみに・・・・
さっき、BSでライブ中継見ました。
カツさんのログ拝見しながら・・・・・

まさに動く美術館!!
実際にごらんになると、すごい迫力なんでしょうね~
からくりの動くーーーーかまきりに目が点でした(驚)
蒸し暑いですから・・・・水分補給は早めにね
Commented by dejikaji at 2016-07-17 20:01
kwc_photoさん、こんばんはです。
改めて今日はお疲れ様でした~!
朝の待ち時間、皆さんが居てくれたおかげで、退屈せずに過ごせました。
心配していた雨も直前には上がって、雨男雨女のパワーに負けない晴れ男の力見せてもらいました(笑
会所巡り、いつも夜ばかり撮ってましたが、日中でも十分楽しめますね。
やってみたいですが、休みが無いのでなかなか出来そうにもございません。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-07-18 06:41
ほぉー、
こういうものは初めて見ました。
京都外に住んでいる者は、、
威勢よく行われる山鉾巡行の映像しか目にしていないので、
こういうものが個々に祀られているとは、
思いもよりませんでした。
いいものを見せてもらいました。
Commented by 雪だるま at 2016-07-18 07:38 x
祇園祭
前半が終わりましたね
今年は休日と山鉾巡行が重なり
とんでもない人の数でしたね
雪だるまも汗で汗で、びっしょりになりながら
山鉾を追いかけました
毎年、巡行路は人混みが酷すぎるので新町からの復路を追いかけてますが
今年は新町ですら立ち入る隙がないほどでした
Commented by kurese0535 at 2016-07-18 14:47
こんにちわです!
全部ですか!すごいですね!
同じ日に自分はぶらぶらでした(^_^;)
あと、すごい博識!流石です!
勉強になります!
でも来年には忘れてしまいます(^_^;)
宵山、午後からすでに人がすごくなり始めていましたね。
Commented by kwc_photo at 2016-07-19 22:08
>アラックさん
宵山の朝を使っての全部周りでした。
巡行は注連縄切りを撮られたんですね。
近いところにおられたんですね~。
おつかれさまでした。
Commented by kwc_photo at 2016-07-19 22:08
>A-HIMEKKOさん
何とか晴れ男パワーがききましたかね~。
注連縄切り前に降りだしてどうなることかと思いましたがね。
カマキリ、かっこいいでしょう。
愛嬌あるので、沿道の人気者です。
あれを中に入って動かしておられる方の努力の賜物です。
Commented by kwc_photo at 2016-07-19 22:08
>dejikajiさん
早朝からおつかれさまでした~。
雨が・・・残念でしたが、何とか止んで嬉しかったです。
晴れ男パワー、もう少し早く効いていれば(^^ゞ
会所巡り、楽しいですよ~。
前祭と後祭に分かれてからコンプリートしやすくなりました(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-07-19 22:08
>j-garden-hirasatoさん
山は巡行の時は鉾と比べると小さくて「サブ」的な
存在になりがちですが、会所での飾り付けはホントに
豪華にされています。その町、その町の誇りなんでしょうね。
会所巡りは宵山までの楽しみです。
Commented by kwc_photo at 2016-07-19 22:08
>雪だるまさん
前半戦、雨にたたられるかと思いましたが、ギリギリ
セーフです。でも、ビニールを被ってしまった山鉾、
ちょっと残念でしたよね。
新町もえらい人出でした・・・今年はあまり全体を
きっちりは撮っていません(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2016-07-19 22:09
>kureseさん
全部まわりました~。
あまり宵々山までにきっちり見なかったので、
今年は山と傘を見ようと決めてました。
毎年いろいろ調べて書いていますが、だんだん
頭に染み付いてきてますね(笑)
この日は午後からの人出にぎょっとして
3時くらいでアウト!と帰宅しました。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< ツツジ咲き乱れる三室戸寺 祇園祭2016 長刀鉾稚児・禿の三人 >>