祇園祭2016 長刀鉾懸装品装着
          
f0155048_2344882.jpg
あいにくの雨でしたが、曳初め前に懸装品の数々を装着していく長刀鉾の作業の様子を見てきました。

動く美術館と言われる山鉾。さすがメインの長刀鉾!という手際の良さで
懸装品が装着されていきます(^-^)



f0155048_23445061.jpg
ちょうど前懸を取り付けるところでした。


f0155048_2344351.jpg
車輪に乗りながらの作業。


f0155048_23443155.jpg
こうやって見ると、鉾の大きさ、車輪の大きさがよくわかりますね。


f0155048_2345314.jpg
プラチナ箔の長刀。
その刃が八坂さんに向かないように、取付角度は南西を向いています。


f0155048_2345670.jpg
長刀鉾の天王は「和泉小次郎親衡(いずみこじろうちかひら)」。
昭和60年の復元品が取り付けられています。
雨の中、頑張って!


f0155048_23451261.jpg
6人の背中がみえました。
背負っているマークがカッコイイ。


f0155048_23452563.jpg
前懸の取り付けの高さをみんなで確認しています。


f0155048_23453472.jpg
八坂さんの寺紋が入った幕。
懸装品と骨組みの間にかけられています。
いわば、長刀鉾の「下着」ですね(^-^)


f0155048_23454581.jpg
さぁ、現れましたよ。白孔雀の胴懸の半分です。
2006年に複製された新しいものです。


f0155048_23454877.jpg
むむ、角度が難しい~。


f0155048_23455540.jpg
もう半分も現れました。
孔雀は二羽いますね。


f0155048_23455946.jpg
そっと下ろしながら、角度を調整していきます。


f0155048_23461759.jpg
左を上げて~!
少し離れたところからバランスを調整。


f0155048_23462157.jpg
最終的には、道向うまで来て平行を確認。


f0155048_23472422.jpg
左をもうちょい!
手振りと大きな声で伝えます(^-^)


f0155048_23473582.jpg
おお、バッチリ取り付け感傷。
ん?昨年はこの時点で上水引がついていたような・・・
年によって、取り付ける順番がちがうんですね(^-^)


f0155048_2348026.jpg
法被とお揃いの鉢巻がキリリ。
かっこいいなぁ~。


f0155048_23481725.jpg
さぁ、後懸も出てきました。


f0155048_23484863.jpg
後ろ側の鯱です。
お城の鯱と違って、外向きに睨みを効かせています。


f0155048_23491387.jpg
つぎは水引です。
二番水引は四神(青龍、朱雀、白虎、玄武)と
八珍果(りんご、銀杏、びわ、桃、ざくろ、柿、梨、レイシ)が
何とも豪華な刺繍で描かれます。


f0155048_2350560.jpg
あれ?昨年は、こちら側に虎が見えていましたが・・・龍ですね。
四神の方角は朱雀が南、白虎が西、青龍が東、玄武が北ですから・・・
ん~、よく分からなくなってきました(^^ゞ

f0155048_2351910.jpg
さて、お次は下水引。




f0155048_23511994.jpg
四面ともに取り付けられます。


f0155048_23513537.jpg
これで下半分がほぼ出来上がりですね。


f0155048_23514791.jpg
こちらが前方の鯱。
精悍な顔付きです。


f0155048_23515785.jpg
破風の内側には片岡友輔の作となる「厭舞」。
武人が矛で悪魔を調服する様子を示しています。

時間の関係でここまで見たところで出勤と相成りました(笑)

今年は見送りが新調されたとのニュースがありましたので、本番で見るのが楽しみ。
生誕300年を迎えた江戸時代の絵師、伊藤若冲(じゃくちゅう)の作品、
「旭日鳳凰(きょくじつほうおう)図」を織物で作成されているそうです。見応えありそうです!
by kwc_photo | 2016-07-14 19:14 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25444622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-07-14 20:33
正に手作業なんですね、紐でつるす位置も目分量、
凄い技ですね。
アラック、長刀鉾の姿、これだけで十分です、バグースです。
角を曲がる所でなくてもいいんです、見たいんです。
行くかな、行かないかな、行けるかな、行けないかな。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-07-14 21:02
始まりますね。
本番への準備、
こういう光景なんですね。
なかなか見ることができない光景、
すごく新鮮です。
Commented by revoir-dima at 2016-07-14 23:47
カッコいい長刀鉾がいよいよその姿を現しましたねぇ。
この姿を見るといよいよ祇園祭りも現実味を帯びてきます。
私は今年は後祭に行こうかと思っていますのでこの姿を見る事は出来ません。
しかしシンボルであることは違いないです。
ワクワクが止まりません、、、
Commented by ericanada at 2016-07-15 02:41
今年も始まりましたね!
みんなの作業風景、面白いです。
こういう働く人の姿の写真、私も撮ってみたいです。
Commented by kwc_photo at 2016-07-16 21:46
>アラックさん
長刀鉾、やっぱりトップを行く鉾だけあって、
注目度も高いですからね~。
慎重に取り付けされていましたよ。
祇園祭、楽しんでくださいね!
Commented by kwc_photo at 2016-07-16 21:46
>j-garden-hirasatoさん
懸装品が次々と取り付けられていく様子を見ていると、
鉾ってこうやってキレイに着飾られるんだなぁと
改めてワクワク感がやってきます。
手際よく作業される様子、楽しく拝見しました。
Commented by kwc_photo at 2016-07-16 21:46
>revoir-dimaさん
長刀鉾が四条通に八坂さんを向いて立ち上がると、
祇園祭のクライマックスが近づいた、という気分に
なりますね。
後祭に来られる予定ですか。今年は大船鉾の龍頭が
出来たので、それもまた楽しみですね。
Commented by kwc_photo at 2016-07-16 21:46
>ericanadaさん
始まりました~!
ホントに毎年のことなんですがワクワクします。
鉾建て、懸装品装着、いずれも興味深いですよね。
ほとんどが平日の作業だったので、今年はこれだけ
でした(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 花菖蒲の咲く勾玉池(梅宮大社・後編) シャクナゲの頃(三千院門跡)有... >>