祇園祭2016 三基の神輿(八坂神社)
          
f0155048_1221746.jpg
7月10日の神輿洗式を終え、7月17日の神幸祭に向けて舞殿に飾られた三基のお神輿。
その豪華な様子を見てきました。






f0155048_12211886.jpg
八坂神社の楼門から舞殿を眺めます。
八坂神社の舞殿には、10日に神輿洗式を終えた三基のお神輿が鎮座します。


f0155048_12212669.jpg
提灯の向こうにみえるお神輿。


f0155048_12213477.jpg
左から「西御座」「中御座」「東御座」です。


f0155048_12222744.jpg
裏側から見てみると、スッキリ全部見えます。
豪華ですね。


f0155048_12223925.jpg
主祭神・素戔嗚尊(スサノオノミコト)を祀るのが真ん中に鎮座する「中御座」。
六角形のお神輿です。明治時代までは「牛頭天王」とも呼ばれたそうで。
<以下、説明看板より>
この中御座の神輿には古来より上久世の駒形稚児が騎馬にて供奉することが慣例となっています。
胸に駒形をつけたこの稚児は素戔嗚尊の荒魂(あらみた)の化身とされ、
神輿の和魂(にぎみたま)と一体となって神輿の巡行が出来るといわれています。

f0155048_122327100.jpg
櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)を祀るのが東御座。
櫛稲田姫命は素盞鳴尊の奥様です。
このお神輿は四角形。

f0155048_1223658.jpg
八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)を祀る西御座。
八柱御子神は、素盞鳴尊と櫛稲田姫命の子どもです。
お神輿の形は、八柱、という名前に由来してか、八角形です。

三基それぞれ形が違うんですね。


f0155048_12233329.jpg
中御座と西御座。
見事な細工が施されています。


f0155048_1223439.jpg
なんと西御座は2トンもある最重量級だそうで。
いずれのお神輿も重厚な外観です。


f0155048_12235445.jpg



f0155048_1224764.jpg
横から見た東御座。
横にも鳥居があるんですね。
よく見ると鳥居には龍が絡みついています。


f0155048_12241186.jpg
こちらは西御座の横顔。
なるほど八角形です。


f0155048_12243592.jpg
中御座には鳳凰が載っています。
中御座の鳳凰は五穀豊穣を表した飾りをくわえています。


f0155048_12243825.jpg
こちらは西御座の鳳凰。


f0155048_12252511.jpg
東御座には宝珠が載っています。


f0155048_12254692.jpg
この細かい装飾!
見とれる美しさ、繊細さですね。


f0155048_12255710.jpg
三基並んだお神輿を斜めから眺めました。
このお神輿が祇園祭のメイン。
ご神体を宿して御旅所へ練り歩いて渡御するのが神幸祭(17日夜)。
御旅所から八坂神社へお戻りになるのが還幸祭(24日夜)。

その神幸祭、還幸祭に向けて、道を清め祓うのが前祭・後祭の山鉾巡行、というわけです。


f0155048_12263373.jpg
というわけで、祇園祭の「肝」となる三基のお神輿を今年は特集してみました(^^)
by kwc_photo | 2016-07-13 19:10 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25442295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dejikaji at 2016-07-13 19:42
kwc_photoさん、こんばんはです。
祇園祭の肝となるお神輿、恥ずかしながらまだ生で見た事がございません(汗
神輿洗い前の飾り付け最中の姿は随分前に一度見ましたが。
お神輿の飾り付けの細工の細かさは何度見ても見とれちゃいますね~♪
これをみんなで担ぐ姿、今年は頑張って見物しようと思ってます(熱中症にならなければ)。

久世の駒形稚児、家の会社の社長が子供の頃にと、その息子が6年前にやっていて、
還幸祭で大役務めてるんですよ。
Commented by prado9991 at 2016-07-13 23:07
こんばんは
僕も山鉾ばかりでお神輿はじっくりと見たことがありません。
こんな細かい細工がいっぱいとは知りませんでした。
やはり祇園さんだけあってお金がかかったますね(笑)
きゅうりの祇園祭の紋がなんとも素晴らしい
Commented by arak_okano at 2016-07-14 06:08
凄いですね、これをいつか見たいものです。
今年も祇園祭をありがとうございます、バグースです。
一ヶ月、朝から晩まで見たいです。
Commented by kwc_photo at 2016-07-14 12:20
>dejikajiさん
私もお神輿のお渡りは見たことがないんですよ。
いつも舞殿でお神輿を見るだけでして(^_^;)
すごく細工が細かくて、しかも綺麗ですよね。
見れば見るほど、いろいろ発見がありそうです。

なんと!社長さんは駒形稚児を務められたんですね!
何かと長刀鉾のお稚児さんはピックアップされますが、
実は大切な役割、しかも神様となられる駒形稚児。
重要ですよね。すごいですね。
Commented by kwc_photo at 2016-07-14 12:21
>pradoさん
今年は鉾建てやら曳き初めが見られないので、せめて
お神輿を見に行こうと八坂さんへ行ってきました。
なかなかの迫力です。かなり重いお神輿を担がれるんですね。
神幸祭、還幸祭も見たいのですが、夜遅くまで体力が・・・(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2016-07-14 12:21
>アラックさん
今年は日曜日が巡行なので、必然的に行事が全部
平日になっちゃうので、今年はあまり行事編が
ありません(^_^;)
なので、お神輿を見に行ってきました。
豪華な3基のお神輿、見応えありましたよ。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< シャクナゲの頃(三千院門跡)有... 紫陽花の頃(恵心院) >>