夏越の祓 茅輪めぐり
          
f0155048_22374688.jpg
一年の折り返し点である6月30日。
京都では「夏越の祓(なごしのはらえ)」と言って、茅輪(ちのわ)をくぐって厄払いします。

様々な神社で設置される茅輪。
今年は6箇所巡りましたので、全部公開しちゃいます(^-^)



f0155048_2242155.jpg
雨上がりの上御霊神社に到着。
茅輪が拝殿前に設置されていました。


f0155048_22422113.jpg
手水舎のところには、持ち帰り用の茅萱が。
そう、茅輪は引き抜いて持って帰ると、前にくぐられた人の厄を持って帰ることになります。
ちゃんと持ち帰り用の茅萱を持ってかえりましょう。


f0155048_2242285.jpg
しっとりした境内の茅輪。
小学生たちの通学班の集合場所が近いらしく、ランリュック姿の子達もくぐってました(^-^)


f0155048_22425668.jpg
上御霊神社に行ったら、下御霊神社も行かねば(笑)


f0155048_22425957.jpg
ここは少し早めから茅輪を設置してくださっています。


f0155048_22431254.jpg
なかなか立派な茅輪ですね。


f0155048_22432836.jpg
くぐり方は、一礼してくぐって左へ。
また一礼してくぐって今度は右へ。最後に一礼してもう一度左へ回ります。


f0155048_2244147.jpg
小さなお社の水火天満宮にも行ってきました。


f0155048_22444832.jpg
しだれ桜の根本に設置された茅輪。


f0155048_22445542.jpg
青々としてとてもキレイです。


f0155048_22451425.jpg
紫陽花もまだ咲いていますね。


f0155048_22452420.jpg
こちらも夕刻五時から神事があるようです。
仕事なんで行けませんが(^_^;)


f0155048_2246377.jpg
すでに祭壇など、神事の準備が進められていました。


f0155048_22465668.jpg
こちらの神社の茅輪が一番気に入ったので・・・


f0155048_22471845.jpg
手水舎にいけてくださっていた持ち帰り用茅萱を三本いただきまして・・・


f0155048_2255182.jpg
ジャーン。
お持ち帰り用茅輪を即席で作成です。
玄関先に飾りました(^-^)


f0155048_22591358.jpg
お次は白峯神宮へ。


f0155048_22592173.jpg
こちらは蹴鞠の神様ということで有名。


f0155048_22593861.jpg
茅輪の向こうには絵馬型の寄せ書きが。
サッカーやラグビーの日本代表へのメッセージを募集されていました。


f0155048_2305996.jpg
足腰がイタイ時にはこちら!という護王神社へ。


f0155048_2311974.jpg
カッコイイ茅輪です。
巡った中では一番大きく、屈まなくても通り抜けられる直径がありました。


f0155048_232228.jpg
こちらは猪が神使。
狛犬ならぬ、狛猪なんです。


f0155048_2322084.jpg
拝殿には「夏越のちのわくぐり」の文字の入った提灯が。


f0155048_2323486.jpg
こちらの茅輪をくぐり終えた後、パッと光が。
雨模様だったんですが、晴れ間が突然・・・(笑)
厄も落ちて、晴れ男パワーも充電されたかな?(^-^)


f0155048_233575.jpg
最後はこちらの茅輪を紹介しましょう。
城南宮です。


f0155048_2332423.jpg
こちらも少し早めに設置されています。

夏雲が広がる青空のもとで茅輪くぐりをすることが出来ました。

サラッと回っただけで6箇所。
京都の神社各所で、この行事が行われています。

唯一の心残りは、お昼休みが取れず、水無月を食べそびれたこと・・・(^_^;)
水無月は厄祓いの小豆がのった外郎で、穢を取り去る氷の形をイメージしているともいわれており、
夏越の祓とともに、半年の厄・穢を落とすために食べるんですよ。
by kwc_photo | 2016-07-02 07:02 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25392912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメラダンキチ at 2016-07-02 08:33 x
茅輪くぐりならぬ茅輪めぐりは、夏に向かう覚悟ができました。笑い。昨日の会合で会長から半夏生のお話が提供されて、両足院のお庭の写真を皆さんに紹介できました。半夏生になっても台風が出来ない今年は、天変地異の一年かもしれません。九州では天変地異はすでに始まっていますね。
Commented by revoir-dima at 2016-07-02 10:03
これだけの茅の輪を一度に見たのは初めてです。
普段何となく見ていても、いろいろ違いがありますね。改めて拝見して教えていただきました。
Commented by 沙都 at 2016-07-02 11:03 x
初めまして…
人のいない風景を撮るには朝に回られているようですね。
城南宮は人(本殿前)と車(駐車場)の2箇所、茅の輪が設置されています。
祭事の時は庭園で人形流しもおこなわれます。

上御霊は、現在本殿前に設置されているんですね。
昔は絵馬堂に設置されていました。来年、茅の輪の風景を撮りに行ってこよう。
Commented by dejikaji at 2016-07-02 20:18
kwc_photoさん、こんばんはです。
穢れを落とすどころか、削り落としてますね、六ヶ所も回れば(笑
今年は下御霊神社へ行きましたが、水火天満宮も考えていたんですよね~。
枝垂れ桜と合わさって、好い雰囲気ですね!
来年はこちらにお邪魔しようかと思いました。
しかし、上手にミニ茅の輪作られますね。
Commented by rollingwest at 2016-07-02 22:04
夏越の祓・茅輪めぐりはユダヤ文化の名残です。ユダヤの過越の祭りに名前もその由来も共通、そして祇園祭とシオン祭の共通一致、日本はやはりシルクロード文化の最終地点だなあと再認識します。
Commented by kwc_photo at 2016-07-03 09:28
>カメラダンキチさん
茅輪、欲張って6箇所も回ってきました。
これでしっかり夏が越せそうです(^-^)
両足院のお庭の写真、ちょうどタイムリーだったんですね。
今年は台風が一つもできていないとか・・・暑い夏が
やってきますね・・・恐ろしい天災が起きませんように祈りたいです。
Commented by kwc_photo at 2016-07-03 09:28
>revoir-dimaさん
ありがたいことに、自転車で動ける距離に4つも茅輪が
あるので、30日の朝は1時間で全て回ることができました。
平野神社や北野天満宮も行きたかったんですが、来年の
課題です(^-^)
その前の週末に、ちょっと早めに茅輪を設置されている
下御霊神社や城南宮さんに行ってきましたので、6箇所に
なりましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-03 09:28
>沙都さん
はじめまして~!もしや、あのきょうの沙都さんの沙都さん?!
と思ってリンクを見たら、やっぱりでした(^-^)
来ていただいてありがとうございます。
詳しい歳時記を載せていただいているので、時折参考に
させていただいておりました。今後ともよろしくお願いいたします。
ちなみに、今日、城南宮で愛車での茅の輪くぐり、やってきた
ところです(笑)
通常の茅輪は6月30日までで、車は7月1日から一週間なんですよ。
三年連続で車もお祓いしてもらったので、元気にがんばれます(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-03 09:28
>dejikajiさん
穢をこそぎ落とすくらい茅輪をくぐってきましたよ(笑)
今日は車でもくぐりました(城南宮)。
水火天満宮、めっちゃ雰囲気いいですよ。
あのしだれ桜の葉桜と、青々した茅輪がとてもマッチ
します。雨上がりだったことも幸いしましたが、シブイ!
おすすめです。
茅輪、もう一本作って職場に飾ってあります(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-03 09:28
>rollingwestさん
夏越の祓もユダヤ文化と関連があるんですね。
祇園祭の件もそうですが、文化ってつながっているんだと
改めて実感しますね。シルクロードのロマン!ですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 紫陽花咲き乱れる岩船寺 半夏生の庭(建仁寺塔頭・両足院... >>