甘露庭(建仁寺塔頭・霊源院)
          
f0155048_23213759.jpg
甘茶といえば、花祭り(灌仏会)でお釈迦様に掛ける、あれを思い出しますよね。
その甘茶の花が咲き乱れる霊源院さんを訪れました。

美しい甘茶の花で埋めつくされたお庭、ご覧ください。

(※6月4日撮影)






f0155048_23214917.jpg
建仁寺へ入り、塔頭の霊源院へ。
門から見えているのは、そう、甘茶です。


f0155048_232261.jpg
可愛らしい青い花。
ユキノシタ科のこの花、ヤマアジサイの変種なんです。
そりゃぁアジサイと見間違いますよね(^-^)


f0155048_23222461.jpg
梅雨時によく似合う可愛らしい花です。


f0155048_23271761.jpg
やや細長い葉っぱ。丸い感じの紫陽花とは少しだけ違います。


f0155048_23274817.jpg
何が違うって、紫陽花の葉は厚生労働省のページでも警告されている「自然毒のある植物」
その点、甘茶の葉は毒性がないんです。

f0155048_23292984.jpg
一重のクチナシとともに枯山水庭園を彩る甘茶。


f0155048_2329516.jpg
こんなに甘茶の花が咲き乱れるお庭は、この霊源院の甘露庭くらいではないでしょうか。


f0155048_23303755.jpg
一株、七段花(シチダンカ)も咲いていました。
この花、シーボルトが発見したと伝わりますが、130年の間その存在が確認されていませんでした。
昭和34年に見つかったのだそうですよ。


f0155048_23311772.jpg
咲き乱れる甘茶。
葉っぱは若いうちに摘み取り、乾燥させることでサッカリンの2倍という甘みが出ます。
これをお茶にしたのが「甘茶」です。


f0155048_23314069.jpg
紫色の甘茶。
ガクの部分がピンクに色づいている物もありますね。


f0155048_23314493.jpg
梅雨の頃だけ特別公開されるこのお庭。
まさに甘茶のためにあるお庭と言って良いでしょう。


f0155048_2332425.jpg
クチナシの甘い香りを嗅いでいたら、お寺の説明をする方が色々と話をしてくれました。


f0155048_23331266.jpg
甘茶の美しさを余すところなく見せてくれるこのお庭。


f0155048_23342618.jpg
この咲きっぷりはまさにその存在感をアピールするかのようです。


f0155048_2334484.jpg
この枯山水のお庭、釈迦の一生を表しています。
この甘茶に囲まれた若木は「無憂樹」。
釈迦の母、マーヤ夫人がこの無憂樹に触れた時に、お釈迦様は生まれたといいます。


f0155048_23345654.jpg
お庭の奥にはお釈迦様がその木の下で悟りを開いたという菩提樹が、
そして、お釈迦様が入滅されたという沙羅双樹の木も植えられています。


f0155048_23372345.jpg
そんな説明を聞きながら、甘茶が満開となったお庭を眺めさせてもらいました。


f0155048_23374078.jpg
門の手前で、甘茶が見送ってくれました。


f0155048_23383574.jpg
花数も多く、見応えのあった霊源院の甘茶の庭「甘露庭」でした。
by kwc_photo | 2016-07-05 07:05 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25381108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-07-05 08:21
紫陽花だと思いましたら、違うのですね。今日も花たちの咲き揃いをありがとうございます、バグースです。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-07-06 07:02
この紫の花、
ガクアジサイですよね。
品種名が「甘茶」ということでしょうか。
Commented by dejikaji at 2016-07-06 07:17
おはようございます。
霊源院さん、今回初めて行きましたが、思ってた以上に小さなお寺で驚きました。
ですが、お庭の方はそんな事を感じさせない素敵な眺めでした〜♪( ´▽`)
ただ残念だったのは、行った日は雨降ってたせいで、お庭に降りられなかったのが、心残りでした。
Commented by kwc_photo at 2016-07-06 20:10
>アラックさん
私も紫陽花と思ってしまいました。
ひと目では判別しにくいですね。
甘茶、飲んでみたくなりましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-06 20:10
>j-garden-hirasatoさん
ガクアジサイ、と見紛うフォルム、それもそのはず、
ガクアジサイの変種なんです。
記事にも書いたとおり、葉や茎にある毒素がないものが
甘茶で、毒素がないからこそ甘茶として飲料にできるんです。
見分け方が難しいですが、葉っぱの質感とフォルムですかね。
Commented by kwc_photo at 2016-07-06 20:11
>dejikajiさん
霊源院さん、ホントに甘茶のためにあるようなこぢんまり
したお寺ですよね。
あの甘茶の満開の様子はホントに見事でした。近年でも
まれに見る満開だったんじゃないでしょうかね(^-^)
雨でしたか~。お庭歩きはまた来年の楽しみですね。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-07-06 22:26
甘茶といえば、お釈迦様ですね・・・・
その誕生の時に産湯を使ったとかで、
お釈迦様に甘茶をかけるとかなんとか。
4月8日桜満開の頃ですね。

コレはガク紫陽花の変種・・・・なんですね。

先斗町の火事!!炭の爆発とか・・・
酷暑ですので、ご自愛ください。
Commented by kwc_photo at 2016-07-06 23:47
>A-HIMEKKOさん
そう、甘茶といえば花祭り、お釈迦様ですね。
私もイメージがなかったんですが、この甘茶の葉っぱを
乾燥させてお茶にしたものが甘茶なんだそうです。
ガクアジサイと区別がつきにくいですが、葉っぱの形状で
見分けるそうです。間違って紫陽花の葉を煎じて飲むと
中毒になるので注意が必要です(^^ゞ

先斗町の火事、ビックリでした。
最近近場で火事がはやっているような・・・。気をつけないといけませんね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 中支志・小なみさん お見世出し... 春の花咲く石光寺 >>