サツキ咲く詩仙堂
          
f0155048_0201996.jpg
サツキの時期といえば詩仙堂。
見事な刈り込みが楽しめるお庭です。

(※6月3日撮影)






f0155048_0202869.jpg
詩仙堂へ。
この門をくぐるのは、いつ来てもワクワクする瞬間です。


f0155048_0203171.jpg
開門前、障子の隙間から見えるサツキに心躍りました。
ちょっと早めに開門いただくというお寺の方のご親切で早速中へ入ります。


f0155048_0204348.jpg
今年もこの光景を見ることができました。
サツキは例年と比べるとやや咲きが疎らではありますが、綺麗。


f0155048_0205336.jpg
一番乗りさせていただいたので、ゆっくりいろいろな額縁ショットを・・・


f0155048_021145.jpg
でも、青空が見えています。
お日様が完全に差し始めると、コントラストが上がりすぎて写真になりません。
まだ光が柔らか目の朝イチなのでマシでしたが・・・厳しい~(^_^;)


f0155048_0212162.jpg
日陰はしっとりいい色合いですが・・・お日様の光が奥に迫ってきていますね(^_^;)


f0155048_0213234.jpg
こりゃぁお日様が照りだす前にお庭へ降りたほうがよさそうです。
詩仙の間で額縁ショットを撮ったら、お庭へ歩みを進めましょう。


f0155048_0214012.jpg
おお、日当たりの良い所は満開でピンク色一色になっていますね。


f0155048_022249.jpg
お部屋から見るお庭よりも、こちらのほうが咲きそろっているように思いました。


f0155048_0222753.jpg
カッコイイ刈り込み。
まんべんなくサツキが咲く姿は重厚そのもの。


f0155048_023198.jpg
木陰ではミヤコワスレが満開。
詩仙堂では、この花をお寺の開祖、石川丈山にちなんで「丈山菊」と呼びます。


f0155048_0231531.jpg
造形美が素晴らしい京鹿の子も満開。


f0155048_0232311.jpg
なかなか鮮やかな色味です。


f0155048_0233238.jpg
こちらはツユクサ。


f0155048_0241589.jpg
池には黄色い花菖蒲。


f0155048_0252136.jpg
嘯月楼をサツキ越しに眺める。
新緑も6月になりましたが、まだまだ綺麗です。


f0155048_0254925.jpg
緑の葉っぱの間からポンポンポン、と弾けたように花を咲かせるサツキたち。
可愛らしいですね~。


f0155048_0255649.jpg
やはりこの石段下が一番綺麗に花が咲きそろっていますね。


f0155048_0262417.jpg
少しアングルを変えて、ノーファインダーでバンザイショット。
サツキの大刈込を上から見た図です。ちょっと面白いかな(^-^)


f0155048_0264217.jpg
超!のつく青空。
コントラストがきついですが、爽やかな日でした。


f0155048_0272037.jpg
お日様がのぼり、光が綺麗にまわりました。
こうなると砂庭のある方を向いてお庭を額縁で撮るのは厳しいです。


f0155048_0272794.jpg
というわけで、額縁ではなく、お庭のみを(^-^)

綺麗に晴れてしまった詩仙堂でしたが(^_^;)、
今年もサツキのお庭を楽しめて良かったです。
by kwc_photo | 2016-06-30 06:30 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25356186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-06-30 06:52
イイですねえ。
早い時間帯ですか。
ツツジが見頃の時期で、
人が写っていない詩仙堂というのは驚きです。
体感してみたいですね。
Commented by カメラダンキチ at 2016-06-30 09:43 x
詩仙堂は、だんだん下に降りて行きますが、白い躑躅が下の方で綺麗に咲いていた記憶があります♪年輩者連れだと上がり下がりに気遣いが必要なお庭ですね。
Commented by miyakokoto at 2016-06-30 17:05
うわぁ~! マタマタ綺麗な詩仙堂を魅せて頂きました。
人不在で静かな雰囲気が伝わって来ます。ツツジも素晴らしいですが、
みやこわすれ、京鹿の子の花は大好きなんです。昔水墨画で描き、みやこわすれは、
HNの元になって居ます! この花の時期に行きたいです。
有り難うございました<(_ _)>
Commented by kk5d2 at 2016-06-30 18:56
素晴らしいですね~
美しいお花にそして素敵な空間。
見ることが出来てうれしいです~

こちらにもコメントをいただき
ありがとうございます。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-06-30 19:37
京鹿の子・・・に目がテン。
私は、帯揚げの京鹿の子絞りや
和菓子の京鹿の子を思い浮かべました
お花だったんですね(笑)

朝一番ショット、朝活、素晴らしいです^^
Commented by 雪だるま at 2016-07-01 05:50 x
こちらのいろんな季節の風景を見てますが
そういえばサツキの季節のこちらは見ていなかったことに気がつきました

ここの庭園
サツキが映えますね
Commented by arak_okano at 2016-07-01 08:06
さっき咲く詩仙堂、夢を今年もありがとうございます。バグースです。いろんな花がいっぱい見頃なんですね。
Commented by kwc_photo at 2016-07-02 18:02
>j-garden-hirasatoさん
平日朝イチです~。サツキの頃は人気があるので、
静かなお部屋の状況で撮ろうと思うと、どうしても朝イチ
ですね。今年は振替休日をいただけたので、平日の人が
少ない時に出かけられました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-02 18:02
>カメラダンキチさん
凹凸窠というのが詩仙堂の元の名前だけあって、
でこぼこの土地に建てられていますよね。
ツツジの季節に行けていないのですが、白いツツジが
咲きますか。来年はもう少し詰めて行ってみようかなと
思います。今年はキリシマツツジも満開!でしたが
天気が良すぎて写真になりませんでした(^_^;)。
Commented by kwc_photo at 2016-07-02 18:02
>miyakokotoさん
ありがとうございます。振替休日をいただけたので、
平日に訪れることができ、朝イチに並んだおかげで
無人でゆっくり撮れました。
みやこわすれ、ハンドルの由来だったんですね。
詩仙堂では石川丈山にかけて「丈山菊」と呼ばれます。
サツキの時期にぜひ訪れて見て下さいね。
Commented by kwc_photo at 2016-07-02 18:02
>kk5d2さん
詩仙堂のお庭は大好きなんですよね。
サツキの頃が最も好きなんですよ。華やかですしね。
静かに佇みたいところです。この日は人が少なくて
比較的ノンビリできましたけどね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-02 18:03
>A-HIMEKKOさん
なるほど、京鹿の子といえば和菓子や帯揚げの絞りにも
ついている名前ですね。
和菓子は、花とは似ても似つきませんが(笑)
あちらの名前の由来はバンビちゃんの模様から来ているようですよ。
絞りは模様はバンビちゃんかなぁ~。ピンク色の絞りは
もしかしたら花から来ているのかもしれませんね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-07-02 18:03
>雪だるまさん
あら、サツキの詩仙堂は見ておられなかったんですね。
ここは個人的にはサツキの頃が一番輝くお庭だと思います。
もちろん、紅葉もキレイなんですがね。
サツキの頃、ぜひ見に来てくださいね。
Commented by kwc_photo at 2016-07-02 18:03
>アラックさん
今年も晴れてしまった詩仙堂・・・(笑)
雨で撮影出来たのはかなり前でした。
どうもお天気がついてきちゃうんですよねぇ。
外庭に降りてからのお庭が晴れててキレイでした。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 半夏生の庭(建仁寺塔頭・両足院... Finale!京の桜2016・... >>