古知谷阿弥陀寺のシャクナゲ
          
f0155048_1321734.jpg
山深きお寺。
古知谷阿弥陀寺のシャクナゲは雨でしっとり。
良い風情を楽しめました。
山野草もいっぱい。ご覧ください。

(※4月17日撮影)






f0155048_13211166.jpg
険しい参道。
山道を上がった先に、古知谷阿弥陀寺はあります。


f0155048_13211451.jpg
新緑と苔の青さが清々しい。
昨日の雨で、マイナスイオンがいっぱい飛んでいる空間でした。


f0155048_13211624.jpg
雨に濡れた古知谷カエデの幹。
この太さに、歴史を感じずにはいられませんね。


f0155048_1321212.jpg
やっとお寺に到着です。


f0155048_13215011.jpg
受付でお寺の方とお話。
イカリソウが咲いているよ、と教えていただきました。


f0155048_1322047.jpg
雨のしずくがついてしっとり。
可愛らしい花です。


f0155048_13221962.jpg
こちらは受付においておられた朱鷺草。


f0155048_13225469.jpg
そして・・・
お楽しみのシャクナゲです。
いい咲きっぷり!


f0155048_1323726.jpg
雨狙いが正解でした。
鈴なりと表現してもいいシャクナゲの満開。


f0155048_13231914.jpg
新緑をバックに咲き誇ります。


f0155048_13233497.jpg
真新しかった本堂も随分木の色が馴染んできました。


f0155048_13234265.jpg
こちらもお寺の方に教えていただいた花。
オオバナエンレイソウです。大花延齢草と書きます。


f0155048_13241011.jpg
古知谷カエデをバックに、シャクナゲで囲まれた瑞雲閣を。


f0155048_13242098.jpg
シャクナゲの色、好きなんですよね~。


f0155048_13261455.jpg
山がすぐそこまで迫る古刹。
雨だったので、雨靄も入っていい雰囲気。


f0155048_13263158.jpg
シャクナゲの向こうに見えるのは・・・


f0155048_1326377.jpg
タイツリソウ(ケマンソウ)でした。
可愛いハート型の花です。


f0155048_1327730.jpg
瑞雲閣の窓をバックに。


f0155048_13273542.jpg
濡れた岩肌がシャクナゲとマッチしますね。


f0155048_1328851.jpg
雨だったからか、来ていたのは私ひとり。
のんびりさせていただきました。


f0155048_13281983.jpg
ああ、美しいなぁ・・・。


f0155048_13291139.jpg
お寺の方が大切に育てておられる雪餅草(ユキモチソウ)を今年も見せていただきました。


f0155048_13292367.jpg
さらに!今年は敦盛草(アツモリソウ)の花にも出会えました。
お寺の方がわざわざ別の場所から出してきて見せてくれたんです。
ありがとうございます(^-^)


f0155048_13294524.jpg
去年はちょっと遅れてしまって、花がしょげてたんですよね~。
美しい敦盛草の花に出会えてうれしかったです。


f0155048_13305715.jpg
パラパラ小雨でしたので、ホントにゆっくりさせていただきました。


f0155048_13311898.jpg
最後は満開のシャクナゲに見送られて、古知谷阿弥陀寺を後にしました。
by kwc_photo | 2016-05-24 06:18 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25249138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youpv at 2016-05-24 08:17
おはようございます。
三千院の石楠花は見に行ってましたが
雨の日だったので阿弥陀寺へ自転車は厳しく
断念しちゃいました。
綺麗な風景が広がるのであれば
無理しても行けば良かったと思いました(^^)
Commented by o-rudohime at 2016-05-24 09:29
苔むした険しい石段を見ると訪れる方も少ないのでしょうか。
石楠花美しいですね 大好きな花ですが丁度盛りの時の様ですね。
大花延齢草 お寺に相応しい名前で楚々としていいです。
雪餅草もそう言われればなるほどと思いますね。
毎年行かれているのでしょうか。
Commented by arak_okano at 2016-05-24 11:15
雨で生き生きとした苔に迎えられて、素晴らしい光景になりましたね。雨もまた良しですね、バグースです。
Commented by miyakokoto at 2016-05-24 18:07
こうして拝見させていただいていると穴場を良くご存知です。
感心して居ます!
お手入れの行き届いたお寺は、山野草等有り相当な高所でしょうネ
道すがらの青葉、苔、水の流れ・・・心が洗われる気がします。
Fブックでシェアさせて頂いて居ますが、皆さんイイネをたくさんいただいて居ます<(_ _)>
Commented by kurese0535 at 2016-05-24 19:36
こんばんわです。
ここ、今年初めて九輪草のときに行きました。
シャクナゲや他の花もたくさんあるんですね〜。
でもここ、歩きでは行きにくいので気軽には行けないです。
大原から歩いてヘトヘトでした^^;
Commented by カメダンキチ at 2016-05-24 20:55 x
舟形の手水鉢で昔訪ねたことがよみがえりました。まだ寒い時期で中庭に残雪が見れました。花暦を良くご存知ですね。鴨川をどりも本日が千秋楽でした。囃子方の中に美形を見つけましたが、薄化粧の朋佳はんでした。鼓の担当は、凛々しさが輝いていました。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-05-25 06:45
いろいろな花が咲いていますが、
主役は、やはりシャクナゲですね。
花もデカいし、堂々としています。
お庭は最近できたもののようですが、
狭いところにちょっと無理があるかなあ。
でも、こういう心使いは嬉しいですね。
ちゃんと舟石も据えてあります。
Commented by kwc_photo at 2016-05-25 12:24
>youpvさん
私も雨の日でした~。
ちょうど三千院では雨に降られていたんですが、
古知谷まで移動したら、少し雨も止んで、調度良い
感じになりましたよ。
今年はアツモリソウに間に合えたというのが嬉しかったです。
Commented by kwc_photo at 2016-05-25 12:24
>o-rudohimeさん
そうなんです。ここはちょっとアクセスが遠いので、
観光客が押し寄せるような寺院とは一線を画する山寺。
でも、お寺の方はいつも優しく迎えて下さいます。
たくさんの山野草を育てておられるので、花の時期に
なるとでかけていますよ(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-05-25 12:24
>アラックさん
ここは山寺で、湿度もしっかりあるので、苔や
シャクナゲにはピッタリの生息地なのでしょうね。
新緑の緑とも相まって、本当に美しい光景でした。
雨がシャクナゲには似合いますね(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-05-25 12:24
>miyakokotoさん
FBでのシェア、ありがとうございます。
ホントに山寺という雰囲気の場所です。
大原は観光客も多いですが、古知谷までいくとなると
ハードルが高いらしく、いつ行ってもほとんど観光客と
会わないです。おかげで静かに楽しませてもらってます。
Commented by kwc_photo at 2016-05-25 12:24
>kureseさん
クリンソウ、見に行かれましたか。とてもかわいらしい
ですよね。あのお庭はGW頃が一番輝きますね。
大原から歩かれたとは!!すごいです。
車でも結構あるなぁという距離のうえ、竜宮門から
お寺の入口までの参道は、ほぼ山登りですもんね(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2016-05-25 12:25
>カメダンキチさん
あ、行かれたことがあるのですね。
冬場は拝観が中止になっちゃうのですが、春先だと
まだ雪が残る状態でしょうか。山の上ですもんね。
以前、雪の日に訪れたら入れず、残念!となったことが
ありました(笑)
鴨川をどり、行けなかった~(TT)
5月は忙しすぎました・・・(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2016-05-25 12:25
>j-garden-hirasatoさん
大原の地は湿度も適切でシャクナゲには住みやすい
気候のようですね。本当に綺麗にさいてくれます。
こちらのお寺は山野草を本当に愛しておられるので、
私も訪れるたびに勉強させてもらってます。
お庭は試行錯誤されながら作っておられるようです。
以前はもう少し鬱蒼と?していましたが、古知谷
カエデがよく見えるよう、スッキリされました。
船石はご住職のご自慢の逸品のようですよ(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京の桜2016・西迎寺しだれ桜 京の桜2016・高台寺しだれ桜 >>