京の桜2016・勝持寺の桜景色
          
f0155048_017645.jpg
西山の古刹、勝持寺。
花の寺と呼ばれるこちらには、たくさんの桜が咲きます。

(※4月2日撮影)






f0155048_0172016.jpg
願徳寺へ登る階段。
ソメイヨシノが満開を迎えようとしていました。


f0155048_0172359.jpg
勝持寺の裏手。
古株のソメイヨシノ。朽ちた下半分の幹から、あらたな枝が出て成長したのですね。


f0155048_017264.jpg
さぁ、勝持寺境内へ。
桜が出迎えてくれました。


f0155048_017471.jpg
背の高い「西行桜」も満開です。


f0155048_0185347.jpg
咲きっぷりは中くらいというところですが、空を覆うような桜が綺麗。


f0155048_0185852.jpg
ここも桜のトンネル。
トンネルの中へ続く小門ですね。


f0155048_0191146.jpg
気持ちよさそうに満開です。


f0155048_0191463.jpg
曇り気味でしたが、時折見える青空と日差しで、桜が春めきます(^-^)


f0155048_019317.jpg
ギュッと満開。


f0155048_0201610.jpg
人も少なめで、のんびり境内を散策出来ました。


f0155048_0202564.jpg
桜越しに不動堂を望む。
っていうか、不動堂が桜で見えないですね(^-^)


f0155048_0205863.jpg
十三重石塔の向こうも満開の桜でした。


f0155048_021152.jpg
再び裏門の桜を見て、勝持寺を後にしました。
by kwc_photo | 2016-05-20 06:14 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25223919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by o-rudohime at 2016-05-20 06:43
古木から芽吹いた若木の花に元気が貰えます。
今桜を見ると新鮮さを感じ 矢張り自分は日本人なんだと思いますね。
Commented by arak_okano at 2016-05-20 06:52
いつもありがとうございます、今日もありがとうございます。正に花の寺になりましたね、お見事なタイミングにバグースです。
Commented by rollingwest at 2016-05-20 07:21
西行の桜といえば吉野しか思い浮かびませんでしたが、こちらにも所縁あるお寺があったのですね~
Commented by カメラダンキチ at 2016-05-20 07:21 x
おはようございます、EF50ミリF1・0を使われていたのですね。結構ピントあわせが難しいレンズですよね。私は、シグマの50ミリF1・4 のシャープなキレを気に入っています♪本日のスポットは、新緑狩にも楽しそうですね。醉芙蓉にもチャレンジされてみて下さい。
Commented by kwc_photo at 2016-05-24 00:11
>o-rudohimeさん
ふふ、桜が5月になっても続いてしまっていて、
ある意味この時期に見ると新鮮に映るかも?ですね(笑)
まだもう少しありますので、お付き合いをよろしくお願いいたします。
さくらDNAは日本人誰しも持っているものかもしれませんね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-05-24 00:11
>アラックさん
ありがとうございます。
花の寺、ちょっとアクセスが悪いですが、
桜と紅葉はなかなか素敵ですよ~。
Commented by kwc_photo at 2016-05-24 00:11
>rollingwestさん
西行桜、といえば京都ではこちらになりますね。
花の寺として有名ですが、やはり桜の時期が一番
脚光を浴びている気がします。
Commented by kwc_photo at 2016-05-24 00:11
>カメラダンキチさん
EF50F1.0はフィルム時代のことです。
中古で上玉が入ったので使っていましたが、
ほとんど室内で使っていました。(重くてフィールドに
持ち出す単玉とする気になれず、またAFも激遅でした)
ある意味、恐ろしいピントの薄さが面白い写真には
なったのですが、宝の持ち腐れと思い、645判を始める
時の資金にしてしまいましたよ(^_^;)
その後、オークション等で倍ぐらいの値段になっている
のを知って、売るのをもう少し待てば良かったと後悔した
もんです(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 輝くツツジの庭(東福寺塔頭・光明院) 葵祭 >>