京の桜2016・背割堤の朝
          
f0155048_19485182.jpg
やっぱりこの桜並木を見なければ、桜シーズンは終えられない!

出勤前の朝の短時間でしたが、青空のもと背割堤でお花見してきました(^-^)

(※4月6日撮影)



f0155048_19485831.jpg
日の出前に到着。
朝の光の中、浮かび上がる桜並木。
これだけで圧巻の咲きっぷりが分かります。


f0155048_19491139.jpg
まずは無人で桜のトンネルを撮っておきましょう(^-^)


f0155048_19493987.jpg
さぁ、お日様が上がり始めました。
ドラマチックな光が差し始めます。


f0155048_19495353.jpg
美しい朝日に照らしだされ、満開の桜が浮かび上がりました!


f0155048_19501575.jpg
この光景をみたかったのです。


f0155048_19511331.jpg
お日様が上がるに従って、輝き出す桜たち。


f0155048_19535315.jpg
そして、順光方向を見ると、青空が広がり始めました。


f0155048_1954618.jpg
毎年の楽しみ。この散歩道は最高ですよね。


f0155048_19545211.jpg
朝日の暖かい光で少し色づいた桜たち。


f0155048_1955034.jpg
雲のように・・・
圧倒的な満開状態の桜に感激です。


f0155048_1955369.jpg
朝日に照らされる桜並木。
素晴らしい光景ではありませんか・・・


f0155048_19562833.jpg
1km以上も続く桜並木。
広がる青空のもと、本当に感動的な桜ラインです。


f0155048_19564321.jpg
枝ぶりも立派な桜が満開で咲き誇ります。


f0155048_19565831.jpg
斜面に向かって手をのばすような枝ぶり。
このダイナミックさが背割堤の魅力でもあります。


f0155048_19583654.jpg
段々と青さを増す空。
お日様が上がるに従って、真っ青な空が表れます。


f0155048_19595191.jpg
ああ、この光景を今年も見られて良かった(^-^)


f0155048_200159.jpg
川面をバックに。
ギュッと桜が視界を遮ってくるほどの密度。


f0155048_201461.jpg
青空と朝日の光が両方楽しめる時間。
ああ、シアワセです。


f0155048_2014378.jpg
出勤時間が迫ります。
ホントは朝日の光の色が落ち着く頃まで見ていたいんですが・・・
でも、これだけ見事な青空と桜を拝めたら、大満足です。


f0155048_2015293.jpg
最後は定番のこのアングルで。

平日早朝のおかげで、人が少なめの背割堤を堪能できました。
by kwc_photo | 2016-04-16 06:48 | 京都(Kyoto) | Trackback(2) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25119115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2016-04-21 06:37
タイトル : 背割堤
背割堤の朝 背割堤の朝は静寂の空間と桜の回廊が広がります。 満開の染井吉野が静かに眺める事が出来る贅沢なひと時。 ドラマティックな展開は昇る太陽と供に。 桜並木に少しずつ光が差し込みはじめ 明るくなるにつれて、より華やかな桜風景が広がりました。 桜の回廊を散策しながら堤の外へ出てみると 見事な青空が広がりました。 青空と続く満開の桜並木。 この広がる見事な風景に今年も魅了されました。 美しい背割堤の桜、感動的な桜風景でした(^^) ... more
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ2 at 2016-05-04 19:49
タイトル : 八幡 淀川河川公園背割堤地区の桜並木
 2016年4月6日撮影更新が非常に遅れています。条件がいっしょなので去年と錯覚するかもしれませんがご了承ください。八幡市に淀川河川公園背割堤地区の桜並木を見てきました。前日の伏見桃山城に続いて珍しくまた青空。やっぱりここは青空が絶対よいです。青、桜色、緑の三色、白、桜、緑ではもうひとつです。2年連続青空ゲット。ラッキーでした。1.京阪八幡駅から歩いて10分ほど。橋を渡る途中で桜並木が見えます。いや〜、ここからワクワクしますね。2.さあ、ここから約1.5キロ、250本のソメイヨシノの並木が続きます。...... more
Commented by o-rudohime at 2016-04-16 06:54
夜明けと共に移り行く桜の色合い 桜でありながら桃源郷と言う言葉がぴったりです。
日が差し始めた頃が一番美しく感じました。
今年は桜を見ることが出来なかったので大感激です。
Commented by arak_okano at 2016-04-16 07:05
今年も行かれましたね、本当に圧倒的な迫力ですね、ありがとうございます、やっぱりバグースです。アラック、絶対に涙が出ると思います。
Commented by youpv at 2016-04-16 07:25
おはようございます。
やはりここは青空で眺めたい場所ですね。
私も出勤時間を気にしながら広がる風景に
魅了されていました。
Commented by カメダンキチ at 2016-04-16 07:49 x
朝日の色温度をカラーメーターで測ってみたくなりました。桜の色を楽しむには晴天の早起きが大切ですね。九州地方は、揺れ続けています。南海トラフが揺れる前兆でなければいいのですが。明治維新の前も南海トラフは揺れて伏見の御殿がつぶされて、人心が不安定になったようですね。
Commented by kurese0535 at 2016-04-16 22:10
こんばんわです。
やはり平日の青空の日に行かれてましたね!!さすがです。
自分は同日、8時前に到着でした。
今年も青空のときに行くことができてうれしかったです^^
ここはかわらずの咲きっぷりとボリュームがあってよかったですね。
自分の時よりもより静かでめいっぱいのひきのお写真
ありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2016-04-20 00:34
>o-rudohimeさん
桜でありながら桃源郷。なるほど~!
そういう言葉がぴったりくる光景ですね。
スケールが大きいので、満開の桜の中を歩くと夢のようです。
見上げても、並木を横から見ても絵になる場所です(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-04-20 00:34
>アラックさん
やっぱりここの桜は見ておきたいんですよね~。
晴れた日狙い、バッチリでした。
この光景はぜひ見てもらいたいなぁと思います(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-04-20 00:34
>youpvさん
やっぱり青空狙いでしたよね。同じ日でしたか。
私は出勤のこともあり、30分一本勝負!でした(笑)
行った甲斐はありましたね~。
まさかのウエディング?モデル?撮影があったのが
誤算でしたが、何とか撮れましたよ。
Commented by kwc_photo at 2016-04-20 00:34
>カメダンキチさん
朝日って結構なパワーを持っていますよね。
桜が一斉に色めき立ちます。久々に朝日が登るのを
見ることが出来ましたよ。
九州の方でしたか・・・地震、毎日落ち着かないことと
思います。被害がこれ以上広がらないように・・と願うばかりです。
お疲れの出ませんように・・・
Commented by kwc_photo at 2016-04-20 00:35
>kureseさん
やっぱりここは青空!と思って、狙いすました晴れの日
でした。この朝は最高!だったのに・・・夕方「腫れの日」
になったというオチ(笑)
朝イチは楽しかったなぁ・・・夜は腫れて最悪でした(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 春の花が彩る哲学の道(大豊神社... 智積院・梅と桜と桃 >>