東山花灯路2016
          
f0155048_1058248.jpg
京の夜を彩る花灯路。
すっかり春先の風物詩として定着しましたね。

美しき石畳とそれを照らしだす灯籠。お楽しみ下さい。

※複数日の写真を混ぜて掲載しています



f0155048_1134093.jpg
今年もやってまいりました、東山花灯路の季節です。


f0155048_1142096.jpg
石塀小路へ向かう細道を抜け・・・


f0155048_115036.jpg
美しく照らしだされる石畳と煉瓦塀を楽しみながら・・・


f0155048_1151258.jpg
石塀小路をそぞろ歩き。


f0155048_1152748.jpg
今年新調された灯籠もお目見え。


f0155048_1161559.jpg
おけいはんのCMでも使われたこの路地を抜けて・・・


f0155048_1162898.jpg
高台寺方面を目指します。
石畳に滲んだ光が美しい。


f0155048_1173220.jpg
こちらも竹をつかった新しい灯籠。
オシャレです。


f0155048_1183580.jpg
ねねの道も美しい灯籠のラインでいりどられます。
バックは祇園閣。


f0155048_119520.jpg
伝統的な町家が灯籠に照らしだされる様子は幻想的です。


f0155048_1193153.jpg
灯籠のラインを切り取ってみました。


f0155048_1194667.jpg
高台寺へ続く階段のところまで上がると・・・


f0155048_11105263.jpg
石塀小路の入口が見下ろせます。


f0155048_1111810.jpg



f0155048_11114476.jpg
浮かび上がる石畳が美しいですね。


f0155048_11121474.jpg



f0155048_11122835.jpg
AKAGANE RESORTの店先も花灯路仕様でした。


f0155048_11162340.jpg
雨ににじむ灯籠の色も虹色。


f0155048_11165828.jpg
さぁ、法観寺へ向かいましょう。
見上げる八坂の塔はやっぱり京都の代表的なイメージですね。
うまい具合に人力車が通りかかりました。


f0155048_11172141.jpg
塔の下では見事な活け花が展示されています。


f0155048_1120513.jpg
この活け花、日替わりなんですね。
この日は桜をメインにしたものでした。


f0155048_11225796.jpg
八坂通をあがって行きます。
振り返っても美しい町並み。


f0155048_112411100.jpg
文の助茶屋前にて。


f0155048_11245215.jpg
やはり八坂の塔を見るのはこちらからの見下ろしが美しい。


f0155048_11253885.jpg
道が灯籠で灯しだされるこの行事期間だけの非日常的な光景です。


f0155048_1126793.jpg
町家と塔が見事にマッチしていますよね。
今後も残っていって欲しい光景の一つです。


f0155048_11271514.jpg
再び石塀小路へ戻ってまいりました。
こちらも新しい型の灯籠が並ぶ小道。


f0155048_11273078.jpg
雨の日は石畳の輝きが素敵です。


f0155048_1127491.jpg
田舎亭から北方面を望む。


f0155048_11282210.jpg
圓徳院の裏手あたりで佇んでいると・・・
チリリーン、チリリーン♪・・・・・


f0155048_11284168.jpg
狐の嫁入りです。
人力車に乗った白無垢の花嫁姿のお狐さま。


f0155048_11291554.jpg
高台寺天満宮へとお参りです。
鈴を鳴らして・・・


f0155048_11292362.jpg
二礼二拍手一礼でお参り。


f0155048_11292949.jpg
妖かしの花嫁。こちらも非日常の光景でした。


f0155048_1129551.jpg
お狐さまに化かされたか、それともご利益か・・・(^-^)

今年はたくさんの幻想を堪能した東山花灯路でした。
by kwc_photo | 2016-03-20 06:55 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(15)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25058739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ2 at 2016-03-21 23:56
タイトル : 京都東山花灯路
 東山花灯路へ行ってきました。2016年3月16日撮影平日なので三脚をもって撮影に行きましたけど・・・平日とは思えない人人・・・でした・・。長時間露光していますが人の行き交う残像やシルエットなどが写り込んでします。1.八坂の塔2.3.石塀小路。4.5.6.7.8.9.石塀小路の入口。10.高台寺前の駐車場から京都タワーとセット。写真では写っていませんけど京都タワーのライトがLED化され色変更も容易になったみたいです。11.再び八坂の塔。12.13.実際はこんな感じで賑わっています。14.この辺はカメ...... more
Commented by j-garden-hirasato at 2016-03-20 07:39
おおー、
美しいですね。
しっとりした感じもイイですねえ。
「狐の嫁入り」
粋な演出です。
Commented by 阿修羅王 at 2016-03-20 07:43 x
おはようございます。
灯籠はやはり誰かのを拝見するのが一番だと思います(笑)
この時期は出かける元気もなくなります。
う~、根性なしです(^^;)
Commented by o-rudohime at 2016-03-20 08:23
全く人影のない花灯路 狐に化かされたのかと思いました。
それぞれ趣向を凝らした花灯路 堪能させて頂きありがとうございます。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-03-20 09:40
ほお~
これは、まさに狐のお嫁入り✨
ほんまもんの結婚式なんですね。
お婿さんいてはるし、、、
なかなかの演出♪

風流な灯りの世界に魅了されました、
それに
人が映りこんでへんのが、素敵です
たくさんのカメラ人がいるはずやのに?
Commented by arak_okano at 2016-03-20 16:34
katuさんマジックですね、こん~~~~~
バグースです。
やっぱりアラックは期間限定は駄目ですね。
Commented by kurese0535 at 2016-03-21 10:21
おはようございます。
あの時はどうもでした^^
お会いしたときは坂道が天の川、ひこ星とおり姫状態でしたね(笑)
やはりおっしゃってた通り雨の日に行かれましたね。
さすがです!素晴らしいですね。
狐の花嫁さんのお参りなんかも!これは見たことないです。
来年見てみたいです。
あの日は全然でもう花灯路を諦めました^^;
苦手なイベントになってしまいました(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-03-21 21:03
>j-garden-hirasatoさん
ありがとうございます~(^-^)
花灯路は道を照らすので、雨がとても似合います。
光がにじむ様子がいいですよね。
狐の嫁入りももう10年目くらいでしょうか。
年々メジャーなイベントになっていってますので、
人出がすごいです(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2016-03-21 21:03
>阿修羅王さん
花灯路、昨年は1回しか行けなかったんですが、今年は
まずまず通えました。が、平日でも天気の良い日は
もうすごい人・人・人・・・。
狙い目は雨しかないですね。
しとしと雨程度だったので撮影もしやすかったです。
Commented by kwc_photo at 2016-03-21 21:03
>o-rudohimeさん
ありがとうございます。
お狐さまのご利益でしょうか~(笑)
以前は平日なら結構無人タイムがありましたが、今年は
すごい人出でしたね。メゲそうでした(^_^;)
もはや雨狙いしか広い絵は撮れない行事になりましたね。
Commented by kwc_photo at 2016-03-21 21:03
>A-HIMEKKOさん
狐の嫁入り、とても人が多くて大変でした。
平日でもかなりの人出になるイベントになりましたよ。
お婿さん、私も初めてみました。この日だけ?でしょうか。
いい雰囲気でした。
人はアングルで切るか、ひたすら待ってます。
致し方なかった方々は、実は今回のアップでも何人か
写ったままです。探してみてください(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-03-21 21:03
>佳音さん
お初です~。見てくださってありがとうございます。
先日、というのは晴れた日でしたかね。
私も行きましたが、恐るべき人ででしたね(^_^;)

ちなみに、安心してください、消してません(笑)
この手の行事は粘るしかないです。タイミングを狙って
ひたすら待ちます~。ただ、雨の日だとそのタイミングが
結構訪れます(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-21 21:03
>アラックさん
ふふ、マジックというか粘り勝ちというか(笑)
去年は全然行けなかった花灯路、今年は結構通いました。
5月から市内勤めに変わったので、それが功を奏しました(^-^)
お狐さまもちゃんと撮れて良かったです。
Commented by kwc_photo at 2016-03-21 21:03
>kureseさん
ホンマですね~。私もあの時、同じことを思ってました。
流れの止まらない人の河(^_^;)
平日もあんなに人が多いイベントになったんですね。
こりゃ雨狙いしかないわ、と思って天気予報見て狙ってました(笑)
狐の嫁入り、これもすごい人混みのイベントになりました。
もう先回りしておくしかないですね(^_^;)
Commented by 佳音 at 2016-03-22 11:49 x
前回のコメント、失礼なこと書いちゃったかなと思って削除しました。
(すいませんでした!)
それなのに返事を下さってありがとうございます~♪
いつもブログ拝見しています。
雨の日に粘るんですか~。教えてくださってありがとうございます。
来年は雨の日にいって粘りたいです。
私は結構、レタッチで消しちゃてます(汗~)
Commented by kwc_photo at 2016-03-22 17:43
>佳音さん
いえいえ、お気遣いいただきありがとうございます。
可能な限り無人な写真を目指してしまう風景写真撮りの性でして、
頑張って無人状態(に見える)写真を撮っています。
レタッチ、気になる所はちょい修正ということはあるんですが、
べったり人を消しこむと、自分でそこが気になっちゃうんですよね(^^ゞ
頑張って無人の風景写真を目指しますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< おかめ桜の長徳寺 河津桜咲く三十三間堂 >>