淡雪・同志社の洋館群
          
f0155048_23542631.jpg
思いがけない3月の雪。
朝の光のなかで輝く重要文化財の洋館群。
淡雪で白くお化粧したレンガ建ての建物をお楽しみ下さい。

(※3月1日撮影)







f0155048_2355238.jpg
同志社大学へ到着。
まず最初に目に飛び込んでくるのが彰栄館。重要文化財です。
後ろに見えるのはまだまだ新しい良心館と寒梅館。


f0155048_23551545.jpg
東を向くと、奥にはこれまた重要文化財のクラーク記念館。屋根にうっすら雪化粧しています。
手前は紅白梅が綿帽子をかぶって輝いていました。


f0155048_23554074.jpg
そして、雪原のようになった芝生の向こうに見えるのは、私の大好きな礼拝堂。


f0155048_2355477.jpg
朝日に照らしだされています。
まだ入口の梅も咲いてくれていました。


f0155048_23565632.jpg
クラーク記念館へ歩いて行きましょう。
ベンチも雪で真っ白。でも通路はすぐ解けてしまったようですね。


f0155048_23571870.jpg
東を向いているので、朝日が登ってきます。
雪梅、ここで見られるとは思いませんでした(^-^)


f0155048_23574449.jpg
こちらも重要文化財の有終館。
手前の植え込みやヒマラヤスギにパウダーシュガーのような雪。


f0155048_23575677.jpg
この建物、黒ずんだところがあるのがわかりますか?
実は一度火災に遭っているのです。1928年のことでした。
取り壊されることが決まっていたのですが保存運動が起こり、
急遽解体から保存へと方針変更した、日本初の事例となりました。


f0155048_23584399.jpg
有終館前にあるのが致遠館。
文化財指定はされていないのですが、ヴォーリズ建築。
そして、扁額はなんと徳富蘇峰の筆によるものです。


f0155048_2358291.jpg
致遠館前の紅梅も雪梅に。


f0155048_2359686.jpg
オガタマノキが見守る良心碑。
椿とサツキの植え込みも淡い雪がコーティング。


f0155048_00186.jpg
次は同志社女子大学へ。
こちらは栄光館。登録有形文化財です。


f0155048_002014.jpg
個人的に同志社女子大学の建物で一番好きなジェームズ館。
こちらも登録有形文化財に指定されています。同志社女子大学の中で一番古い建物です。
雪景色も似合いますね(^-^)


f0155048_00327.jpg
ジェームズ館と栄光館が並ぶこの光景。
大正の世の人の目にはどう映っていたのでしょうね。


f0155048_033557.jpg
雪の華が咲く木々。
また雪が降ってきましたが、上空には青空も出てきました。


f0155048_043638.jpg
それならば、と再び西へ。
これまた登録有形文化財のアーモスト館です。
狙い通り青空が出てくれました。


f0155048_052711.jpg
昭和7年竣工。ヴォーリズ建築です。
西を向いているため、雪がしっかり残ってくれていました。


f0155048_06074.jpg
ニューイングランド・ジョージアン・コロニアルスタイルの洋館。
屋根の両サイドに煙突が建つこの建物も好きなんですよね~。


f0155048_081526.jpg
ちょうど日陰になったのが良かった。
何とか雪景色に見えます(^-^)


f0155048_084870.jpg
このアーモスト館、実は日本庭園を持っています。
裏手にはテラスも見えますね。


f0155048_085526.jpg
南側にもテラスが。
おしゃれな建築。ヴォーリズの傑作だと思います。


f0155048_092684.jpg
大学へ戻ってきました。
5つある重要文化財のラストはハリス理化学館です。
雪梅を手前にあしらってみました。


f0155048_0101183.jpg
ハリス理化学館前からクラーク方面を眺める。
ああ、お日様が暖かくて、紅白梅の雪が解けちゃいました。


f0155048_011717.jpg
もう一度礼拝堂を眺めます。
このずんぐりした、もとい、どっしりとした雰囲気が好きなんだなぁ。


f0155048_0111833.jpg
おや、誰かが雪だるまを即席で作ったようです。
淡雪過ぎて、枯れ芝生を巻き込み過ぎ(笑)


f0155048_0113710.jpg
彰栄館も屋根を残してほとんど雪が解けました。


f0155048_0114337.jpg
いいお天気になりそうな青空。

同志社の重要文化財5つ、登録有形文化財3つを含む洋館群を雪景色で楽しめた弥生の雪でした(^-^)
by kwc_photo | 2016-03-18 06:51 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25045995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-03-18 07:05
梅の智積院さんの和、雪の同志社大学の洋、どちらも素晴らしいですね、バグースです。工事は完全に終わりましたね。明日は雨、行けないです。
Commented by youpv at 2016-03-18 09:13
おはようございます。
足跡がないのが素晴らしいですね。
洋館と雪景色のコラボも素敵で画になりますね。
素敵なお写真のお裾分け、ありがとうございます(^^)
Commented by miyakokoto at 2016-03-18 11:33
ご無沙汰になりました<(_ _)>
 とても入り込めない所へ行かれてどの木にも花が咲いたような雪景色ですネ
魅せて頂きため息ばかり・・・♪
PC、OFF状態の時いつの間にか、イイネが左に来ていますネ
Commented at 2016-03-18 14:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cynchia at 2016-03-18 15:03
こんにちは、赤い煉瓦は引き立ちますね、
流石、チャンスを逃さないですね!
Commented by kwc_photo at 2016-03-19 22:10
>アラックさん
智積院の梅も見ていただいてありがとうございます。
青空で撮りたかったですが、夕刻に訪れてしまい、
空はイマイチでした(^_^;)
同志社の雪、なんだかんだいっていつも撮っているような
気がしますが、今年は雪のチャンスが少なかったので、
ここで撮れて良かったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-19 22:10
>youpvさん
さすがに朝イチだとあしあとは少なかったです。
それに、道は解けてましたしね(^_^;)
いろいろ構内を巡りましたが、青空が出てからの方が
いい絵になりました。雪は解けていきましたけどね(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-03-19 22:10
>miyakokotoさん
淡雪、薄雪でしたが、木々の枝には雪がついてくれていて
おかげで雪景色っぽくなりました(^-^)
洋館群に雪というのは結構好きな光景なので、この日は
淡雪だとわかった時点でここへ向かいましたよ。
あ、SNSボタン、何だか配置が変わりましたよねぇ。
TBがうまくいかなくなったり、エキサイトはいろいろ
変更するのはいいけど、安定させてほしいなぁ(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2016-03-19 22:10
>鍵コメさん
あ、そうなんですね。やっぱり絵になる光景ですもんね。
よくイーゼルもって描きに来ている方々もおられます。
雪の同志社、年に何度と見られない光景なので、
3月に撮れるとは思わず、ラッキーでした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-19 22:10
>シンシアさん
レンガ造りの洋館は絵になりますよね~。
この季節になって雪がふると思っていなかったので、
前夜からウキウキでした。
もう少し積もってくれていたら・・と思いましたが、
このくらいのほうが3月の雪っていう風情がでますかね(^-^)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-03-20 08:45
ドカ雪より、
薄っすら雪化粧の方が
品があって素敵ですね。
まだ朝早い時間帯なのに、
もう雪だるま。
だれでしょうね。
泊まりの学生でしょうか。
Commented by kwc_photo at 2016-03-21 20:00
>j-garden-hirasatoさん
そうですね~。ドカ雪より淡雪のほうが、積もったものの
フォルムがくっきり見えますし、上品ではありますね。
ちょっと道路がすぐ解けてしまったのが残念でしたけどね。
雪だるま、きっと朝イチに来た学生が慌てて作ったんでしょうね~。
こちらのキャンパスは理系がないので、泊まる子は少なそうですし(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 河津桜咲く三十三間堂 智積院・紅白梅 >>