新島襄も愛した寒梅(同志社大学)
          
f0155048_23161573.jpg
重要文化財の並ぶ同志社大学今出川キャンパス。
こちらの大学には意外にも桜よりも梅が多く咲きます。
それは、創立者・新島襄が梅を愛したからなんです。

(※2月10日撮影)

エキブロ春の投稿まつり「私らしく春を先撮り!小さい春、み~つけた!」



f0155048_23184780.jpg
真っ青に晴れた空。
同志社礼拝堂の前の梅が満開を迎えていました。


f0155048_2319631.jpg
チャペルの入口の左右には白梅と紅梅。


f0155048_2320254.jpg
見事咲き誇った紅梅と・・・


f0155048_2326197.jpg
ステンドグラスをバックに輝くばかりの白梅。


f0155048_23225115.jpg
創立者の新島襄は、好きだった梅を詠んだ詩をいくつか残しています。


f0155048_23231218.jpg
「真理は寒梅の似し 敢えて風雪を侵して開く」


f0155048_23242424.jpg
寒い風や雪にも負けず花開く梅の姿を、自らの信念に例えたのでしょう。
その詩が、烏丸通に建つ「寒梅館」の名前の由来です。


f0155048_23233959.jpg
チャペルのアーチを使って、こんな額縁はいかが?
奥に見えるのは彰栄館。こちらも重要文化財なんですよ。


f0155048_23243890.jpg
彰栄館を彩る紅・白・紅の梅たち。


f0155048_2325544.jpg
見事に咲いてくれた紅梅。
重厚な礼拝堂をバックに、咲き誇っていました。


f0155048_23263392.jpg
今年は例年より2週間も早く咲きそろった同志社礼拝堂の紅白梅でした。
by kwc_photo | 2016-03-10 07:12 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25025298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cynchia at 2016-03-10 07:54
おはようございます、美しいですね。
やはり、京都が良いなあ。
Commented by arak_okano at 2016-03-10 07:54
Katuさんに教えて頂いた、同志社大学の梅を、今年は見に行けませんでしたのて、嬉しいです。青空にバグースです。
Commented by kurese0535 at 2016-03-10 23:48
こんばんわです。
うーーーん!!素晴らしい!!
この抜けのよい青空と近代建築だけで梅がなくても
楽しめそうな感じですね!梅があるからなおさらです。
やはり近代建築はなににでもマッチしますね。
Commented by 雪だるま at 2016-03-11 06:06 x
こちら
ガードマンが立っていて
一見すると入れないような感じですが
何気に入れるんですよね
雪だるまもこちらの梅
撮っています
Commented by j-garden-hirasato at 2016-03-11 07:05
教会の前に、
和の梅の植栽とは、
これはこれで新鮮ですね。
同志社大学、
誰でも自由に入れますか。
学生でないオジサンが入るのは、
少し気が引けて、
入れないでいます。
Commented by kwc_photo at 2016-03-12 23:58
>シンシアさん
ありがとうございます。
いろいろな大学のキャンパスを見てきていますが、
ここは本当に綺麗だと思います。
思えば北には相国寺、南には御所と仏教・キリスト教・神道
の交わる交差点ですよね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-12 23:58
>アラックさん
今年はここも早かったですよ~。
例年ならバレンタインデー後あたりなのですが、今年は2月10日には
ほぼ満開でしたのでね~。
スッキリ晴れた空で撮れたのが嬉しかったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-12 23:58
>kureseさん
ありがとうございます。これでもかというくらい青い空でした(笑)
レンガ建ての建物、渋いですよね。重要文化財が5つもある
キャンパスというのもあまり例がないと思います。
桜の時も狙いたいと思います(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-12 23:58
>雪だるまさん
こちら、訪れられましたか~。何気に梅が多いキャンパスですよね。
自転車で猛スピードで突っ込んでくる学生がいるので、
それを止めるためにもガードマンさんが門に立っていらっしゃいます。
普通に挨拶して入れてもらえば良いと思います(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-12 23:58
>j-garden-hirasatoさん
同志社の重要文化財は和洋折衷な洋館が多いのですよ。
レンガ建てだけれども、屋根瓦とか。
さすがにチャペルは瓦葺きではないですが、新島襄の
愛した梅を配したところがニクいですよね(^-^)
あまりにも不審だと声をかけられるかもしれませんが、
心配なら「少し写真を撮ってもいいですか?」とこちらから
ガードマンさんに声をかければ大丈夫と思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 西国街道ひな巡り・街道を歩く 苔に咲く(等持院・有楽椿) >>