西国街道ひな巡り・富永家
          
f0155048_23474454.jpg
ひな巡り2つ目の記事は富永屋さん。
物語のある2つの雛飾りが並んでいました。




f0155048_23475355.jpg
富永屋さんの暖簾をくぐります。
春らしいかわいい暖簾ですね。


f0155048_234891.jpg
こちらのお宅では、豪華な2つの段飾りが展示されています。


f0155048_23501633.jpg
昭和6年。和歌山の造り酒屋に嫁いだ娘のところに生まれた孫のために、
京都の祖父母が老舗人形店「丸平」こと丸屋大木平蔵に頼んだ見事な古今雛がこちら。


f0155048_23504541.jpg
女官は狆を散歩させています。
昭和初期までのお雛様に見られるトレンドです。


f0155048_23512429.jpg
お内裏さま、お雛様も見事ですが、これらの小道具も実は手の込んだもの。


f0155048_2351276.jpg
菊の模様は型抜きではなく、花びら一枚一枚パーツが組み合わされたものなんです。
今ではこのような細工ができる職人もいなくなったのだとか。


f0155048_23513718.jpg
お雛様の衣装や扇も見事な拵え。


f0155048_23514059.jpg
お内裏さまの雅な様子も素晴らしいんです。
ただ、和歌山のトレンドは御殿雛。古今雛ではいかにも寂しい・・・という反応だったそうで・・・

f0155048_23515419.jpg
京都のご両親は、翌年再び丸平さんにオーダー。
これで寂しいとは言わせないぞ、とばかりに、見事な御殿飾りを作らせ、
できあがった御殿雛は船で和歌山に送られました。


f0155048_23521673.jpg
御殿は本物の檜皮葺。
相当な重量があるそうです。


f0155048_23525027.jpg
屋根だけではなく、本当に見事な御殿です。

f0155048_23525394.jpg
そして、いきいきとした人形たち。
三人官女も見目麗しく・・・


f0155048_23525632.jpg
上戸たちの表情も豊か。



f0155048_23525836.jpg
左大臣の威厳のある姿に・・・


f0155048_23531665.jpg
イケメン右大臣の秀麗な出で立ち。


f0155048_23533479.jpg
私にとって一番目を引く存在だったのは、この牛車。


f0155048_23535928.jpg
牛さん、今にも動き出しそうです。


f0155048_23544385.jpg
「こんな牛車に乗ってみたいわぁ」
一緒に見ていたご婦人方がつぶやいていました(^^)


f0155048_2355019.jpg
調度品は漆塗り。
いたるところに家紋も入れられた特注品でした。
京都人の、また丸平さんの威信をかけたと言ってもいいくらい、魂のこもった雛飾りでした。
ちなみに、御殿雛も古今雛も、それぞれ家が一軒建つほどのお値段だそうです。


f0155048_23555125.jpg
富永屋さんにはもう一組の五段飾りが。昭和14年のものです。
これも見事なものですが、何だかほっとするオーソドックスなものでした(^^)


f0155048_23561519.jpg
こちらは初参人形。江戸期のものだそうです。
初めて御所に参内した際に下賜されるお人形で、今では残っている現物が少ないのだとか。


f0155048_23555936.jpg
こんな丁寧な説明を、七輪の火にあたりながらお聞かせいただきました。
富永屋さんの奥様、ありがとうございました。


f0155048_23565066.jpg
おまけ。こちらの長持が、御殿飾りの収納箱。
これだけでも相当な重量がありそうな重厚な箱です。


f0155048_23571982.jpg
富永屋さんには、現役のおくどさんがあります。
近年、使えるように整備されたのだとか。
釜でお湯が湧いている姿をみると、何だか嬉しくなりました(^^)
御札は以前は金蔵寺のものでしたが、愛宕神社のものになっていました。


f0155048_23572762.jpg
どうぞ、と言っていただいたので、釜炊きポジションへ。
冬なので暖かかったですが、何せ今で言う4口コンロ。
4つを煮炊きする間の釜炊きはそうとう熱かったでしょうね。


f0155048_23573470.jpg
湯気の出る釜。
これで炊いたご飯が食べてみたいものです。


f0155048_23574293.jpg
ノスタルジーが感じられる町家で、物語のあるお雛様と、現役のおくどさんを見られた富永屋さん。

また来年も来ちゃいそうです(^^)
by kwc_photo | 2016-03-06 06:46 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25007072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-03-06 07:11
家も凄い、雛飾りの物語りも凄い。狆にバグースです。妻の実家はずっと狆でした。ああ、眠い、まだまだ着きません。
Commented by revoir-dima at 2016-03-06 12:15
京雛の顔立ちは優しくていいですね。
歴史を持つ雛飾りは、その物語を知っているとまた見方も深まり、見ていて色んなことを想像出来ますね。
Commented by kwc_photo at 2016-03-06 21:57
>アラックさん
狆、かわいらしいですが、お雛さまとの組み合わせって意外
ですよね。昔の流行だと聞くと、なるほど~!です。
今なら差し詰めスコティッシュフォールド(猫)でも抱かせた
お雛さまになるでしょうか(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-06 21:57
>revoir-dimaさん
京都の人形は雅なお顔が多いですね。
御所のあった京都だけに、お公家さんへの憧れも
あったのでしょうね。
物語のあるこちらの2つの雛飾り、とても素敵ですよね。
いつも説明を聞き入ってしまいます(^-^)
Commented by miyakokoto at 2016-03-07 22:03
こんばんわ(^^♪
 お見事ですネ! 保存もしっかりされて古びた感じは見られ無いですネ
本当に、ビックリポン! です。
良き物を魅せて頂きました<(_ _)>
Commented by kwc_photo at 2016-03-08 12:28
>miyakokotoさん
こちらの雛飾りは本当に豪華!
特に御殿雛は本物の御殿そっくりに作ったもので、
ミニチュアとは思えない質感です。
古今雛はその豪華さに比べると少しシンプルに見えますが、
実は古今雛だけでも家一軒建つほどの値打ちだそうですよ。すごい!
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 桃山駅の寒桜 興正寺・紅白の梅 >>