西国街道ひな巡り・塩崎家 sanpo
          
f0155048_22461280.jpg
桃の節句、ひな祭りですね~。

というわけで、今年も行ってまいりました、西国街道ひな巡り。
昨年は別の用件もあって中小路家しか行けなかったので、今年はそれ以外の場所を巡ってきました。
まずは塩崎家のお雛様からお届けします(^-^)





f0155048_22361294.jpg
塩崎さんのお宅へ。


f0155048_2238778.jpg
玄関から入ると、お部屋にたくさんのお雛様が飾ってありました。


f0155048_22381286.jpg
こちらは昭和9年の五段飾り。
古式ゆかしいセット、お人形も立派です。


f0155048_22381564.jpg
こちらは平成元年の七段飾り。豪華!です。
こちらもかなり立派なお人形。
調度品の数々も凝っていますね。


f0155048_2242041.jpg
奥にはつるし雛も。
こうやって飾ってもらえて、たくさんの人に見てもらえるお雛様たち、シアワセですね。


f0155048_22381880.jpg
こちらは雛道具。
漆器や陶器のミニチュアです。
おままごとに用いるには、あまりにも芸術的すぎますね。
実際の大きさのものと見紛います。すごい精度ですね。


f0155048_22393270.jpg
リビングに飾ってあったこちらも年代物。昭和10年の作。
御膳などの調度品や雛道具も見事!


f0155048_22423371.jpg
こちらはなんと江戸後期のお雛様。


f0155048_22423864.jpg
雅なお顔。
相当古いものなのに、衣装も綺麗に残っています。
手の指の細工までかなり細かい。


f0155048_22424111.jpg
お雛様も年季がはいっていますが、かなり綺麗に残っています。
脇にいるのは狆(ちん)。
狆は天平の昔に、新羅から聖武天皇へ献上されたという小型犬。
平安時代には上流階級で狆を飼うことが流行したという史実もありますが、
犬は安産、ということもあり、女の子の健やかな成長と将来を願っての象徴とも言われます。


f0155048_22424543.jpg
この江戸期のお雛様を見ていると・・・


f0155048_22435859.jpg
何と、明治44年のもの、というお雛様が持ち込まれてきました。
82歳のおばあさんが持ってこられました。
もう作られてから105年も経っているのですね。歴史を感じます。


f0155048_2244574.jpg
古いながらも、穏やかなお顔をしておられますね。
一輪挿しが飾ってあった床の間の棚に飾られました。


f0155048_22425481.jpg
こちらは昭和17年のもの。
うちの父母の生まれた年です。
先ほどの明治のお雛様たちと比較するとかなり新しく見えますが、もう74年も経っています。
素晴らしい保存状態ですね。


f0155048_2242586.jpg
お顔も時代によって少しずつ変遷していくようです。
こちらも可愛らしいお二人です。


f0155048_2243188.jpg
なにより、いきいきとした三人官女と五人囃子が素晴らしい。


f0155048_22451087.jpg
そして、案内の方がオススメしてくださったのはこちらの御殿雛。
昭和15年のものだそうです。


f0155048_22454713.jpg
背景の金屏風がとても綺麗。
お内裏さま、お雛さま、そして三人官女の楽しそうな様子。



f0155048_2236862.jpg
女の子たちは、この御殿雛をみて、宮中御殿の華やかな生活を夢見たのでしょうね。


f0155048_22463169.jpg
見事な御殿雛。
夢のある世界ですね。

たくさんのお雛さまを見せていただいた塩崎家に感謝!です(^-^)
by kwc_photo | 2016-03-03 07:12 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/25003934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-03-03 07:21
そうでした、今日のはひな祭りですね、立派な雛壇をありがとうございます、バグースです。今日のはお祝いですね。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-03-03 16:49
歴史を感じさせる数〃のお雛様たち。
わんこの狆が大事にされていた時代は
知ってってましたが、お雛様とのセットは
初見ーーーでした。
そして
御殿雛は(これほど豪華ではありませんが)
私のために、祖父母が買ってくれた桧の御殿雛を
今は我が家で大事に飾ってます(^^
’50年代後半のものです。

3人のお姫様達と、ステキなおひな祭りを♪
Commented by deepseasons at 2016-03-03 19:07
こんばんは〜
皆さんが持ち寄ったひな祭りを飾られるので、年によって展示物が変わり興味深いものがあります。
奥様も優しい方ですね。
お茶を勧められませんでしたか。
西国街道ひな祭りが早い時間に終わるのを勘違いして、昼からのこのこ出かけていくと公開時間が終わっていました。
Commented by dejikaji at 2016-03-03 22:04
kwc_photoさん、こんばんはです。
塩崎家、今回初めて伺いました。
こんなに色々なお雛様飾られてるとは知りませんで、中入ってビックリしました。
立派な雛壇も好いですが、こちらは色々な小さなお雛様が沢山飾られていたのが凄く印象的でした~♪
Commented by kwc_photo at 2016-03-05 01:17
>アラックさん
ひな祭り、うっかり忘れがちですが被写体の少ないこの
時期、西国街道ひな巡りは足を運ぶ催しとなっています。
華やかなお雛様を見せてもらうと、我が家よりこちらで
見せてもらうほうが楽しいかも(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-03-05 01:17
>A-HIMEKKOさん
ひな祭り、娘より私が楽しんでいる感じですね(笑)
狆を連れた女官のお人形、江戸~明治のお雛様には
結構セットなんですよ。
また別の場所で見た7段飾りにもありましたので、
後日掲載しますね(^^)

御殿雛をお持ちですか~!すごい。
和歌山、香川、岡山あたりではすごく豪華なものが流行った
ようですね。
Commented by kwc_photo at 2016-03-05 01:17
>deepseasonsさん
塩崎さんのお宅はアットホームでいいですよね。
この日も記事のお雛様が持ち込まれてきて、
「カメラマンさん、撮ってあげて」とおすすめ頂いて
撮らせていただきました。
結構な人出だったので、お茶、とはなりませんでしたが、
暫くの間、奥様や係の方と談笑させていただきましたよ(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-05 01:17
>dejikajiさん
塩崎さんお宅、ステキでしたよね~。
一昨年訪れたのですが、昨年は娘の予定があったので
早めに見せてくれていた中小路家しか行けなかったんです。
なので、今年は必ず!と思っていました。
御殿雛も可愛らしかったですが、リビングのお雛様も
味がありましたよね(^^)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-03-05 07:49
雛人形も、
時代で顔が違いますね。
江戸後期のお人形はキツメの表情。
当時は、
こういう顔がイケメンだったのでしょうか。
Commented by kwc_photo at 2016-03-05 22:13
>j-garden-hirasatoさん
雛人形も奥深いですよね。
やはり時代ごとにはやりのお顔があるようです。
美智子様ブームの頃は、美智子様のお顔に似たお雛さまが
ブームになったとか。
右大臣はイケメンというのが相場だったようで、こういう
お顔が男振りが良いと思われる表情だったんでしょうね~(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< Finale!京都の紅葉201... 梅の季節(北野天満宮) >>