詩仙堂・淡雪
          
f0155048_23315686.jpg
今年は暖冬で雪がほとんど降りませんねぇ。
もう3月になりそうなので、貴重な雪景色を出しておきます(笑)
あわ~く積もった詩仙堂の雪景色です。

(※1月25日撮影)






f0155048_23321913.jpg
凍てついた朝。
詩仙堂入口は雪こそなけれ、ガッチガチに凍っていました。


f0155048_23322721.jpg
嘯月楼前は真っ白!
日陰だからでしょうか。期待が膨らみます。


f0155048_23331239.jpg
決してたくさんは積もっていないのですが、これだけ白いと嬉しいですね。


f0155048_23331577.jpg
茶室の茅葺屋根はパウダーシュガーでコーティングされたみたいになっていました。
手前の地面も美味しそう(違うか(笑))


f0155048_23343544.jpg
さぁ、中へ。
おお、お庭にもうっすら白いものが!


f0155048_23345021.jpg
ちょうどいい具合な白さ。
ドカ雪よりはこの方が似合うような気がしますね。


f0155048_23355256.jpg
いやぁ、今年の暖冬にあっては、この光景でもかなり嬉しい!


f0155048_23361085.jpg
そして、人もいないのがありがたいです(^-^)
秋では考えられないのんびり撮影。


f0155048_23371816.jpg
よく見ると、砂の掃き目も雪に浮き出しています。
良い雪だなぁ~。


f0155048_23401864.jpg
クチナシの実のオレンジが色のない景色に彩りを添えてくれました。


f0155048_23404594.jpg
モミジの枝にも薄く雪がついています。
もう少し白かったらサイコーでした。


f0155048_2341578.jpg
凍てついた世界に暖かい色のセンリョウ。


f0155048_23411057.jpg
池は全面凍結。
赤いマンリョウも寒そうにしています。


f0155048_23412994.jpg
嘯月楼から入口方面を望む。
ホントに淡雪ですね。


f0155048_23423118.jpg
マンリョウがいっぱい。
雪によく似合う赤い実です。


f0155048_23483452.jpg
少し日がさしてきたようです。
そろそろ外庭を歩きましょうか。


f0155048_23434936.jpg
日陰はまだまだいい感じなんですけどね~。


f0155048_2344653.jpg
センリョウとマンリョウの赤がいっぱい。
刈り込みにはパウダースノーがうっすら降り積もっていました。


f0155048_23442025.jpg
うん、これも今年らしい雪景色。
ポコポコと雪で白くなった植え込みが立つ姿が面白いですね。


f0155048_23444419.jpg
嘯月楼を見上げる。
白いベールを一枚被った、そんな感じの詩仙堂です。


f0155048_23455555.jpg
鹿威しのところにはツララが下がっていました。


f0155048_23461472.jpg
そして・・・
水晶のようにキラキラと光る一角が。
小さな滝の滝壺の回りに飛沫氷ができています。


f0155048_23464761.jpg
おお、横にはツララも。
やっぱりよく冷えていたのですね。


f0155048_23465663.jpg
竹の柵にも淡雪が積もって白い直線を作っていました。


f0155048_2347276.jpg
嘯月楼の屋根をサツキの刈り込み越しに。

ふんわり淡雪。今年の貴重な雪景色を詩仙堂で楽しむことが出来てよかったです。
by kwc_photo | 2016-02-27 11:50 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24977058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-02-27 12:01
紅葉の後に、薄っすら雪化粧の詩仙堂さんですね、季節が行ったり
来たりのジェットコースター、これこそ、PCのありがたさですね。
バグースです。
次は、どこの紅葉かな?
いや、旬の梅かな、城南宮なんかがありがたいですね。
アラック、全く出掛けられません。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-02-27 13:36
うっすらの雪化粧
コレはこれで、味わい深いですね。
砂紋の上のあわ雪^^
余計にわびさび~感じましたよ♪

寒い中、お疲れ様~どした(^^;)
Commented by prado9991 at 2016-02-27 16:22
こんにちは
京都の雪って感じがしますね~。
淡雪も詩仙堂の雰囲気によくあっています。
飛沫氷も鹿威しとコラボして良いですね。
Commented by kurese0535 at 2016-02-27 16:26
こんにちわです。
うっすら雪化粧の詩仙堂さん。
これは美しいですね。
おっしゃる通りドカ雪より絶対よいと思います。
ドカ雪だと埋もれてしまいがちになりますし!
Commented by dejikaji at 2016-02-27 18:43
kwc_photoさん、こんばんはです。
まさに淡雪って言葉がはまる光景ですね。
一乗寺方面は、まだ一度も雪景色撮った事がないんですよ。
雪が降ったら大原や鞍馬へ行ってこちらはスルーしてしまうので。
滝に氷柱が出来るほど寒いのに、なんで雪が降らないのか、ホンマに不思議な冬でしたね。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-02-28 06:54
これも早い時間でしょうか。
雪が消えずに残っています。
ドカ雪より、
こういう薄っすらとした雪の方が風情がありますね。
詩仙堂にこれだけ人がいないというのも驚きです。
Commented by 雪だるま at 2016-03-01 05:49 x
雪の少なかったこの冬
数少ない降雪の機会に
またいい場所を選ばれましたね
うっすら薄化粧の雪景色
狭すぎず広すぎない空間のこちらには合いますね
Commented by kwc_photo at 2016-03-01 22:43
>アラックさん
今年は雪が少なかったので、撮った雪景色も本当に少ない
のですが、紅葉と行事モノに押されて今頃公開しました(笑)
紅葉はそろそろフィナーレです。梅も出していかねば!ですね。
城南宮は7分咲きくらいで行ってきましたので、また後日
アップしますね。
Commented by kwc_photo at 2016-03-01 22:43
>A-HIMEKKOさん
全然降らなかったので、いつもより余計にたっぷりの雪が
欲しかったシーズンでしたが、これはこれで今年の情景を
表してくれる雪になりました。
出勤前撮影としては、かなり満足のできるものでしたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-01 22:43
>pradoさん
京都の雪の儚さが出ていますよね~。
ホント、幻感たっぷり。日がさすと消えてなくなる雪。
朝イチのシアワセでした。
飛沫氷、今年は縁があります(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-01 22:43
>kureseさん
この日の雪は本当に「淡雪」と呼ぶのにふさわしい感じで、
ある意味上品な雪景色になりました。
白砂の掃き目も見える程度というのがポイントですね。
いい日にゆっくり撮影出来て良かったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-01 22:44
>dejikajiさん
ホント、パウダーシュガー的淡雪でした。
この情景は、詩仙堂によく似合いますね。
雪深いとあの坂道を登るのも一苦労ですが、
この日はほとんど道路が普通に歩ける程度だったので、
楽ちんに到着できました。
しかし、寒いばかりの日が多くて、雪が楽しめず無念。
今日は何とか出勤前に撮ってきましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-03-01 22:44
>j-garden-hirasatoさん
流石に開門前には入れないので、9時の朝イチです(^-^)
日がさすとあっという間に解けてしまうので、時間との
勝負ですよね、京都の雪は。
この日はほとんど人もおらず、ゆっくり撮影させてもらえました。
Commented by kwc_photo at 2016-03-01 22:44
>雪だるまさん
この雪は、きっと一乗寺へ行こう!と決めて行きました(^-^)
淡雪だったので、平地はほとんど積雪がなかったので、
ここは正解だったと思います。
大好きな場所なので、雪景色を見られて嬉しかったです。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2015・安楽寺の散り紅葉 京都の紅葉2015・宇治興聖寺... >>