追儺狂言-茂山千五郎社中-(北野天満宮)
          
f0155048_22584447.jpg
2月3日は節分でしたね~。
今年も北野天満宮の節分行事「北野追儺式」に行ってきました。

まずは茂山千五郎社中による、追儺狂言の様子をお届けします。






f0155048_22584786.jpg
北野天満宮にやって来ました。
節分祭の幟がはためく一の鳥居。


f0155048_2259136.jpg
境内の白梅は何ともう見頃間近。
今年は早いですね。


f0155048_22591493.jpg
今日はこちらの神楽殿で節分行事「北野追儺式」があります。


f0155048_22594855.jpg
茂山千五郎社中による狂言「福の神」。
京都の節分は各地で鬼退治が行われますが、こちら北野天満宮では、
表鬼門(北東)である吉田神社で追われた鬼が、南東の八坂神社、南西の壬生寺を経て
北西の北野天満宮にやってきた鬼を退治するお話「福の神」です。


f0155048_22595441.jpg
茶筅売の皆さんが、梅の枝を肩に入場。


f0155048_2315029.jpg
北野天満宮の摂社「福部社」を詣でるのです。
福部社に祀られているのは「十川能福(そごうののうふく)」。
そのお名前から「福の神」として崇められています。


f0155048_2323070.jpg



f0155048_2323337.jpg
鉦やひょうたんを打ち鳴らし、賑々しく謡いが始まりました。


f0155048_2334528.jpg
舞台を縦横無尽に動きながらの楽しい謡い。


f0155048_234759.jpg



f0155048_2341069.jpg
楽しそうです。


f0155048_2341665.jpg
そこへ現れたのは、深泥池から出てきた鬼。


f0155048_2343422.jpg
刀を振り回し暴れます。



f0155048_235164.jpg
地団駄を踏み、狼藉を働きます。


f0155048_236412.jpg
そこへ福部社から福の神が表れました。


f0155048_237873.jpg
福の神が大笑いしながら鬼を諭します。
鬼さん、平伏するほかありません(^-^)


f0155048_2374616.jpg
笑顔が福々しい~。


f0155048_2381448.jpg
扇を用いて舞い踊り、鬼の邪気を払います。



f0155048_2384194.jpg


f0155048_2385138.jpg
両手を広げて鬼に幸福パワー注入~(いや、そんな風に見えただけですが(笑))


f0155048_239256.jpg
そして、福の神は福部社に去って行きました。


f0155048_2392492.jpg
やや弱った鬼でしたが・・・



f0155048_2394176.jpg
刀を突き立てて、最後の抵抗を試みます。


f0155048_2395087.jpg
すると、茶筅売たちが一斉に豆を撒いて鬼にぶつけます。

f0155048_23101361.jpg
勢い良くぶつけられる豆にやられ、這々の体で逃げ出す鬼。


f0155048_23102017.jpg
まさに「鬼は~外!」


f0155048_23104111.jpg
「福は~内!」
福が舞い込みそうな元気良さ。


f0155048_2311559.jpg
笑顔で豆まき。


f0155048_23111210.jpg



f0155048_23112178.jpg
勢い良く豆を撒いて、邪気を払いましょう!


f0155048_23113228.jpg
いい笑顔(^-^)
福の神は、それぞれの心の内にいるのかもしれませんね。

節分らしい狂言を楽しませていただきました。
茂山千五郎社中の皆様、ありがとうございました。
by kwc_photo | 2016-02-05 07:12 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24928471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2016-02-05 09:21
タイトル : 北野天満宮 北野追儺狂言
 北野追儺狂言  立春の前日、旧年の終りである節分は、来る一年の災厄を払い病を除く日です。  北野天満宮は、都の西北の隅「乾の隅」にあり、  昔から神様や尊い貴人の場所であると共に  追われた鬼までが逃げ込む魔所とされた。    北野天満宮を参拝された一行が  神様に捧げる為だろうか、早春を迎えた歓喜だろうか、  鉦や瓢箪を鳴らし歌を歌い始めた。  そこに突然・・・     「ここに異形の者が」  鬼が逃げ込み、  騒然となった場に今度は福の神...... more
Commented by 阿修羅王 at 2016-02-05 07:33 x
おはようございます。
この狂言は何回見ても楽しいですね。
解りやすいからもっと楽しめます。
しかし、平日は厳しい~ お休みが取れたんですか。
羨ましいです。
Commented by arak_okano at 2016-02-05 07:50
白梅に迎えられて、狂言に豆まき、これは福がいっぱいきますね、バグースです。
Commented at 2016-02-05 07:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by deepseasons at 2016-02-05 19:05
こんばんは〜
TBありがとうございます。 そうか、茶筅売りだったんですね。
前にも聞いていたと思いますが、失念していました。
追儺狂言を見るのは、真正面の柱間隔に限りますね。
今年は、特に真正面がやっぱり特等席だったようです〜
Commented by prado9991 at 2016-02-05 21:43
こんばんは
寒い中、お疲れ様でした。
節分の狂言は、わかりやすいのが一番。
皆さん楽しく演じられていましたね。
僕の位置からは、柱が邪魔で鬼も福の神も四苦八苦でした。
Commented by kurese0535 at 2016-02-05 23:21
こんばんわです。
わわ!あの白梅がもうこんなに!!早いですね〜。
北野さん、行ったことないので行ってみたいですがなかなか行けません。
追儺狂言よいですね。そして床にいっぱいの豆がなんともいえません^^
見せていただきありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2016-02-08 22:53
>阿修羅王さん
北野天満宮にピッタリの狂言。
楽しい演目ですね。北野天満宮を訪れた茶筅売たちの
楽しい謡や鬼退治の活躍も面白いですが、やっぱりいかめしい
鬼と、それをにこやかになだめてしまう福の神。
これぞ節分!ですね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-02-08 22:53
>アラックさん
満開の白梅に迎えられる節分も珍しかったです(^-^)
狂言は鬼も福の神も出てくる、わかりやすい演目で、
やっぱり北野天満宮の節分にはこの演目です~。
Commented by kwc_photo at 2016-02-08 22:53
>鍵コメさん
あ、来られていましたか。
後ろではなく、右隣りにおりましたのが私です(^-^)
朝9時に到着しましたが、すでに6~7人おられました。
あの神楽殿は柱が太いので、意外にもセンターが空くんです。
アングルをとったほうが、舞台は見やすいんですが、
せっかく早く行ったしなぁ~と真ん中を選択しましたよ。
舞もたくさん撮ったのですが、現像が追いつきません~(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2016-02-08 22:53
>deepseasonsさん
茶筅が梅の枝にぶら下がっていますね~。
茶筅売が福部社を訪れ、そこへ現れた鬼を福の神が
なだめ、茶筅売たちが追い払う、というお話ですね。
にこやかな福の神、鬼が平伏してしまう様子、
そして、みなさんの笑顔の豆まき。とても楽しい狂言でした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-02-08 22:53
>pradoさん
この日は朝の間のほうがまだ暖かかったです(^^ゞ
昼に近づくに連れて寒くなりましたね。
節分にピッタリの追儺狂言。
センターに近いところも、二列に並ばれるとキッチリ
柱に隠れてしまい・・・難しいものですね(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2016-02-08 22:53
>kureseさん
北野天満宮、有料区間が広くなりすぎて、何だか撮りにくい
感じです(^^ゞ
でも、梅はホントたくさんあるので、そろそろ見頃で
いい感じになりそうですよ。
追儺狂言はわかりやすい楽しいものなので、節分気分を
味わえますよ~。豆も景気よく撒いてくれました(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2015・艶秋(廬山寺) 一休善哉の日(酬恩庵・一休寺) >>