一休善哉の日(酬恩庵・一休寺)
          
f0155048_063942.jpg
1月の最終日曜日は「一休善哉の日」。
美味しいお善哉を頂きに、一休寺を訪れました。

(※1月31日撮影)





f0155048_014633.jpg
冬枯れの一休寺。
秋の鮮やかな色味と一変して、なんとも静かな雰囲気。


f0155048_015328.jpg
参道もこの通り。
昨年は雪景色を楽しみましたが、今年はまだ降りませんね~。


f0155048_015651.jpg
手水鉢に朝日のスポットライト。


f0155048_015841.jpg
今日は一休善哉の日。
元旦生まれの一休宗純禅師。大徳寺の住職にお餅の入った小豆汁を頂いた時に、
「善哉此汁(よきかなこのしる)」といったことから、この小豆汁を善哉(ぜんざい)と呼ぶようになったそうです。


f0155048_02688.jpg
それでは、まずは境内へと・・・。


f0155048_02963.jpg
重要文化財の本堂を小門の額縁で。


f0155048_022166.jpg
冬枯れの枝。青空が冷たい空気感をさらに演出してくれます。


f0155048_022396.jpg
僅かに彩りを添えてくれたのはマンリョウの赤でした。


f0155048_023156.jpg
庫裡のほうへ。


f0155048_05448.jpg
方丈庭園は朝の光に包まれていました。


f0155048_054865.jpg
まずは受付で頂いた絵馬に目標を書きます。
ここの絵馬には「願い事」を書くのではなく、自分の「決意」を書くんですね。


f0155048_055211.jpg
堂内でご住職のお話を聞き、座禅体験をさせていただきました。
パンパンと肩を打ってもらいましたよ。

華頭窓からソテツを見ながら、外へ向かいます。

f0155048_055569.jpg
虎丘庵を眺めながら、今度は江庵の方へ。


f0155048_055851.jpg
この日は宗純王廟の扉が開いていました。
ここが開くのはお正月の三が日と、この一休善哉の日だけなんです。
ご挨拶して絵馬堂へ向かいます。


f0155048_061847.jpg
絵馬堂に先ほど書いた絵馬を奉納しました。
上の漫画は、ご存知「一休さん」の母上さまですね(^-^)


f0155048_06264.jpg
さぁ、江庵へ。
ここが善哉の接待所となっています。
普段は立ち入り禁止なんですが、この日は入れていただけます。


f0155048_063218.jpg
違い棚のある床の間の前で・・・


f0155048_014064.jpg
美味しいぜんざいを頂きました。
口直しには一休寺納豆。塩辛さがまた善哉に合うんです~。
とても美味しかったです。


f0155048_064598.jpg
一休さんの教え。

諸悪莫作(しょあくまくさ) 衆善奉行(しゅうぜんぶぎょう)
諸々の悪を作すことなかれ 衆の善を奉行せよ。

平たく言うと、悪いことはするんじゃないよ、善いことをするんだよ、という意味です。

美味しいお善哉とともに、この言葉も心に頂いて一休寺を後にしました。
by kwc_photo | 2016-02-04 07:15 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24922533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-02-04 08:00
冬の一休寺さんも良いですね、バグースです。新幹線に乗りたくなりましたね。でもなかなか行けないのでした。梅は見に行きたいな。
Commented by kirafune at 2016-02-04 08:09
katsuさん

おはようございます!
秋の一休寺も魅せていただきましたが
冬枯れのお寺さんも静かで心安らぎますね。
「善哉」の由来も湯気のお写真とともに
知ることができ、朝からほっとあたたまりました^^
Commented by ericanada at 2016-02-04 15:57
冬は、お寺でおぜんざいがふるまわれるのですね。
こちらのブログで四季折々の景色が楽しめます。
苔のうえに立つマンリョウがちょっと別世界のように見えました。
私も座禅体験してみたいです。
Commented by miyakokoto at 2016-02-04 17:30
一休さん
 元、会社の同僚がお近くなので一度行って居ますが、懐かしいです。
1月31日の「善哉」全く知りませんでした。
こんなに広かったかしら・・・と記憶が薄く・・・(笑)
静かな佇まいで頂く善哉は美味しく頂けた事でしょうネ 
メモがどんどん増えてゆきます。有り難うございました。
Commented by deepseasons at 2016-02-04 20:28
こんばんは〜
朝の陽だまり、良き1日にどんな決意を書かれたのでしょうか。
去年の秋に久しぶりに訪れて、この行事は知っていましたが仕事で行けませんでした。
ぜんざいは、善き哉だったんですね。
今でも夫婦善哉の店はあるのかなあ〜
Commented by rollingwest at 2016-02-04 22:07
冬の禅寺、いい時間を過ごされておりますね~!春も近いことですが今日から突然花粉症になっていまいました。くしゃみ・鼻づまり・・春の訪れは待ち遠しいものの、ちと辛い日が続きそうな予感も・・(苦笑)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-02-05 05:06
「宗純王廟の扉が開いていました。」
決められた日にしか開けられないんですね。
自分が訪れたときは閉まっていました。
お庭が見えたので、
扉の菊模様の隙間から
苦労して写真を撮ったのを思い出しました。
お寺の周辺には田園風景が広がっていたイメージがあるんですが、
開発が進んじゃったかなあ。
Commented by kwc_photo at 2016-02-05 22:16
>アラックさん
冬の一休寺さんもいいですよね。
ちょっと京都市内とは離れていますが、とても雰囲気が
よいので大好きです。
梅、そろそろ見頃が近づいてきましたよ。
今年は早めかもしれません。
Commented by kwc_photo at 2016-02-05 22:16
>kirafuneさん
一休寺さん、善哉の名前がついた由来になったことから
一休善哉の日に善哉を振る舞って下さいます。
善哉とともにいただく納豆も美味しいです~。
冬場は観光客が少ないのですが、この日ばかりは
たくさんの人で賑わっていましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-02-05 22:16
>ericanadaさん
お善哉は、普段もいただくことができるのですが、
この日は特別な日になっています。お師さんのお話の後、
座禅体験、そして絵馬奉納をして、お善哉がいただけます。
なかなか得がたい体験ですね~。
マンリョウ、とても綺麗なのと、冬枯れの庭に色が
映えていたので撮影しましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-02-05 22:16
>miyakokotoさん
京田辺に元同僚さんがおられるのですね~。
善哉、とても美味しいんですよ。拝観料込で1000円で
楽しませていただきました。
方丈は広々としたお庭で、本堂奥もお庭が広がっています。
秋も美しいですが、春も綺麗ですよ~。
Commented by kwc_photo at 2016-02-05 22:16
>deepseasonsさん
あ、実行可能な決意じゃないといけないなぁと思って、
「暴飲暴食を避けて、健康な身体をいたわる」という目標
にしました(笑)
ホントは自分のこと書いちゃダメですね。一善一年、ですから、
他人に良い事をしなくっちゃ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-02-05 22:16
>rollingwestさん
昼から用事があったので、朝イチに一休善哉を楽しませて
もらいましたよ。座禅体験もあって、貴重な時間を過ごせました。
花粉症ですか~。春はツライですよね。
って、私はニブいので、花粉の訪れがわからないんです(^^ゞ
ありがたい話ですけどね。
Commented by kwc_photo at 2016-02-05 22:16
>j-garden-hirasatoさん
御廟が開くは三が日と一休善哉の日だけなんですよ~。
普段はほぼ閉まっていますので、仰るとおり菊の透かし彫り
のところから覗くしかないですね。
お寺のあたりは、大きな道が通ったので、ちょっと昔とは
雰囲気が変わりましたが、一休寺自体は昔から変わらずです。
後ろの山が開発されそうになっているので、署名運動が
起こっていますけどね・・・(^_^;)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 追儺狂言-茂山千五郎社中-(北... 京都の紅葉2015・晩秋の蓮華寺 >>