京都の紅葉2015・修学院離宮(上離宮編)
          
f0155048_1922365.jpg
魅惑の修学院離宮、ついに上離宮へはいりました。
上御茶屋から眺める浴龍池に青空が写り込んで、見事な秋景色となりました。

(※11月27日撮影)

※京都の紅葉2015・修学院離宮(下離宮・中離宮編) はこちら。





f0155048_19221443.jpg
上離宮に入ると、真っ赤な紅葉が出迎えてくれました。
散りが入っているものの、色はいい感じ。


f0155048_19222128.jpg
上御茶屋・隣雲亭の周りは紅葉が鮮やかに残ってくれていました。


f0155048_19223361.jpg
3年前の美しい紅葉と比べるとちょっと寂しいですが、
これだけ赤い紅葉が残ってくれていて嬉しい~(^-^)


f0155048_19223736.jpg
隣雲亭の足元は「一二三石」と言われる赤い鞍馬石と黒い鴨川石による装飾がされています。


f0155048_19413556.jpg
見事な青空。
浴龍池を眼下に見下ろすこの光景、素晴らしいですね。


f0155048_19414185.jpg
紅葉越しに京都市街も見下ろせます。
絶景だなぁ~。


f0155048_1942911.jpg
鮮やか!
青空が一層カラフルさを盛り上げてくれます。


f0155048_19415433.jpg
さぁ、上からの眺めを満喫したら・・・


f0155048_19421319.jpg
降りて行きましょう~。
見下ろす紅葉もなかなか綺麗。


f0155048_19422994.jpg
そして、下から見上げる真っ赤もいいですね(^-^)


f0155048_19423777.jpg
滝見灯籠の上には黄色と黄緑の紅葉も輝きます。


f0155048_19424320.jpg
散り紅葉に彩られた雄滝。
水辺の散り紅葉は色もまだ鮮やかに残ってくれています。


f0155048_1942496.jpg
紅葉越しに隣雲亭が見えました。


f0155048_1943316.jpg
晩秋の光景ではありますが、いい色です。


f0155048_19443159.jpg
池の畔を紅葉に導かれながら歩きます。


f0155048_1944392.jpg
千歳橋の周りも紅葉が彩っています。


f0155048_19445566.jpg
紅葉をバックに千歳橋の鳳凰を。


f0155048_19473227.jpg
こちらは窮邃(きゅうすい)亭。
後水尾上皇は蔀窓から池を見て楽しまれたのでしょうね。


f0155048_19475226.jpg
浴龍池の船着場。
散ってしまったカエデが惜しいですが、良い光景です。


f0155048_1948068.jpg
池越しに紅葉を。
やっぱり池の畔の紅葉は水分供給がうまくいっているのか、鮮やか!


f0155048_19481985.jpg
船着場の屋根に散り紅葉。
池向こうの紅葉のラインもいいですね。


f0155048_19482554.jpg
チリチリ部分はありましたが、蛍光色と言っていいくらい鮮やかに色づいていました。


f0155048_19485294.jpg
紅葉が光に照らしだされます。
千歳橋が遠くに見えます。


f0155048_1949293.jpg
光に浮かび上がる紅葉。
離宮の紅葉!という図ですね。


f0155048_19492082.jpg
土橋の向こうは常緑樹が多いんです。
その中に紅葉が入ると良いアクセントになります。


f0155048_1949544.jpg
隣雲亭を望む。


f0155048_19502529.jpg
池に映り込む土橋と紅葉。
見事なパノラマビュー。


f0155048_1951398.jpg
中島の紅葉もビビッド。


f0155048_1951102.jpg
黄金色に輝いていました。


f0155048_19511611.jpg
青空も見事。
静かな浴龍池に賑やかな紅葉。離宮の秋、ですね~。


f0155048_19515064.jpg
鮮やかな紅葉に見送られて、上離宮を後にしました。


f0155048_1952934.jpg
御馬車道を下りながら。
山紅葉も借景とする離宮の庭。
後水尾上皇の美的センスが、離宮造営にこの地を選ばせたのですね。


f0155048_19522851.jpg
入口に帰ってきました。
今シーズンの紅葉の状況に鑑みると、ここ修学院離宮の紅葉は及第点。
また次の機会も楽しみにしたいと思います(^-^)
by kwc_photo | 2016-01-17 07:48 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24870419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pengini at 2016-01-17 19:04
うわ~。美しいですね~。
明るいからかビシバシ輪郭も強調されて凄いですね~。
おそそわけありがとうございます。
Commented by deepseasons at 2016-01-17 19:33
こんばんは〜
紅葉は期待どおりまでいかなくても、青空が最高じゃないですか‼️
私も、どちらかといえば晴れ男ですが、何故か此処に来ると雲がはりだします。
だから、余計に羨ましい光景です。
鳳凰の煌めく写真もカッコええです。
Commented by dejikaji at 2016-01-17 19:50
kwc_photoさん、こんばんはです。
色味のない冬景色の今、この怒濤の色彩を見せられると眩しいですね~!(◎o◎)
一度行ってみたいのですが、応募しなあかんのが面倒でいつも見させてもらってばかりです。
Commented by cynchia at 2016-01-17 20:16
こんばんは、素晴らしいです❗
なかなか、応募のタイミングが難しいですね。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-01-17 20:30
ほーーーおーーーー!!
平等院さんの鳳凰とは
また、違うような??(笑)

後水尾上皇の美的センス

ま、まさにーーーー^^
絵葉書のようにな絶景です♪
Commented by arak_okano at 2016-01-17 20:42
katuさん、とにかくこんな景色をいっぱい見させていたただき
感謝ばかりです。
バグースです。
昔なんですが、ビジネスクラスに初めて乗った友人の感想なんです、
「下々」まさにそう思う光景です。
Commented by kwc_photo at 2016-01-18 17:22
>penginiさん
ピーカン!というくらい青空だったので、コントラスト強めですが、
これで紅葉の状態がMAXだったら・・・と贅沢なことを思ってしまい
ましたよ。
でも、秋の修学院離宮へ入れるだけでもラッキーでしたので、
この上望んではだめですね~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-01-18 17:23
>deepseasonsさん
紅葉、もっと綺麗なイメージがあるので、少し消化不良でしたが、
今、改めて見なおしてみると、まずまずの色づきだったなぁと
思っています。
修学院離宮の場合、私は結構な打率で晴れるんですよ。
http://kwcphoto.exblog.jp/tags/Shugakuin%20Imperial%20Villa/ 
↑過去の記事を見ても、晴ればっかり(笑)
一度雪景色を、と思いますが、なかなか難しいですね。
Commented by kwc_photo at 2016-01-18 17:23
>dejikajiさん
流石に紅葉の時期から1ヶ月以上たちましたので、
季節外れ感が否めませんが、とにかく毎年のごとく出しきります!(笑)
日は選べませんが、キャンセル待ちに上手く滑り込めれば、と
いうやり方でこれまで何度か行くことができました。
春秋以外は土曜日の参観が少ないのがイタイですね(;^_^A
Commented by kwc_photo at 2016-01-18 17:24
>シンシアさん
私も応募が苦手で(というか、8月に申し込もうとしたら
朝5時からインターネットがパンクするくらいの人気でした(^^ゞ)
結局これまでちゃんとハガキを出して通ったことがありません。
いつもキャンセル待ちに飛び込む感じです。
ぜひその手で行ってみてくださいね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-01-18 17:24
>A-HIMEKKOさん
そうですね。私もそう思いました。平等院の鳳凰より
プリティかもしれません(^-^)
後水尾上皇はお庭の造営に本当に熱心だったようで、
この修学院の前には岩倉に造営されています。
それが、現在の円通寺です。幡枝離宮と呼ばれていたそうですよ。
Commented by kwc_photo at 2016-01-18 17:24
>アラックさん
お天気の良い日に離宮を訪れる事ができてよかったです。
ホント、桁違いのお庭です。
向かいの山も変な建物が建たないように買い取ってある
というのも壮大な話ですよね~。
Commented by 阿修羅王 at 2016-01-18 21:14 x
こんばんは~、かなりご無沙汰です。
もう、羨ましくて泣きたくなりますよ、これは(笑)
次のシーズンこそは行きたいですね。
Commented by kurese0535 at 2016-01-18 22:54
こんばんわです。
うわ〜いいですねー。
秋まで待てない!年中行けるんでしょうか?
下見含め行ってみたくなりました。
でもこんな青空あたるとは限らないし
こんな画、自分には撮れませんし
悩ましいです^^
Commented by kwc_photo at 2016-01-18 23:23
>阿修羅王さん
私もかなり久しぶりの修学院離宮でした。
ちょっと終盤の紅葉になりましたが、シーズン中に行けて
幸せでした。仙洞御所も行ってみたいです。
青もみじでも久しぶりに行きたいですね~。
Commented by kwc_photo at 2016-01-18 23:27
>kureseさん
年中いけるんですが、春秋以外は土曜の公開が限定的なんです。
平日は毎日申し込めるんですがね。ただ、人気なのですぐ
埋まってしまいます。
青空があたるかどうかは、運ですね~。
3ヶ月前から申し込めますので、チャレンジしてみてくださいね。
ちなみに、参観はグループできっちり進みますので、行ったり戻ったり
は出来ないんです。一箇所に数分なので、効率よく撮ることが必要です。
無人で撮ろうと思うと先頭か殿か。これも判断が難しいんですよね(^^ゞ
Commented by 雪だるま at 2016-01-19 05:38 x
なんとも圧巻で見事な光景ですね
修学院離宮
さながら大名庭園を精緻にした雰囲気です
Commented by kwc_photo at 2016-01-19 14:46
>雪だるまさん
さすが離宮!という感じのお庭ですよね。
ほんとに広いし、お庭も見事です。
繊細な美的センスを持っていたと言われる後水尾上皇の
功績ですね。現代でも見られるというのが素晴らしいです。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-01-20 07:08
目が覚めるような鮮やかさです。
天気がいいときに拝観できたんですね。
昔、学生のとき、
除草作業のボランティアで入ったことがあります。
今でも、その時の印象が強く残っています。
それ以来、訪れていないので、
いつか、訪れたいですね。
Commented by kwc_photo at 2016-01-21 00:32
>j-garden-hirasatoさん
離宮は7年ほど前に初めて訪れてから魅力の虜に。
本当に四季を通じて美しいお庭です。
といいつつ、冬はまだ入ったことがありませんが・・(^^ゞ
ここへ行くとき、日にちや時刻を事前に選んでしかいけないので、
お天気は運ですね。
私の場合、晴れ男なのか青空に出会っている確率が高いです(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2015・彩りの御所... 新春の挨拶回り(宮川町)その1 >>