京都の紅葉2015・修学院離宮(下離宮・中離宮編)
          
f0155048_22313.jpg
魅惑の離宮へ。
3年ぶりに晩秋の修学院離宮を訪れました。
2回に分けてお届けいたします。

(※11月27日撮影)

※京都の紅葉2015・修学院離宮(上離宮編) はこちら。





f0155048_2233391.jpg
朝イチで修学院離宮へ。
前日までに降った雨はどこへやら。快晴!でした。


f0155048_225351.jpg
待合前の紅葉もすでに晩秋光景。
赤と黄色のコラボレーションです。


f0155048_225667.jpg
下を見れば赤い河が流れていました。


f0155048_226495.jpg
さぁ、まずは下離宮へ。


f0155048_226716.jpg
門にはこの離宮を造営した後水尾上皇好みの花菱の透かし彫りがあしらわれています。


f0155048_2262053.jpg
庭はやはり晩秋の装い。



f0155048_2263012.jpg
でも、寿月観の脇にある紅葉は鮮やかな赤でした。


f0155048_2263846.jpg
朝の光が差し込む寿月観の一の間。


f0155048_2265115.jpg
前庭には山茶花が美しく咲いていました。


f0155048_2264553.jpg
さぁ、先へ進みましょう。


f0155048_2282130.jpg
中離宮へ続く道、御馬車道への門。


f0155048_228514.jpg
門の脇にも鮮やかな色づきの紅葉が。


f0155048_2281965.jpg
田んぼの真ん中の御馬車道を進みます。


f0155048_2216589.jpg
坂道を登っていくあの道は、後ほど上離宮へ行くときに歩きます。


f0155048_23140100.jpg
さぁ、中離宮入り口です。


f0155048_221732.jpg
これまた真っ赤とオレンジの紅葉が出迎えてくれました。


f0155048_22173754.jpg
やや散り始めていましたが、これも青空に映える真っ赤です。


f0155048_22181957.jpg
楽只軒と客殿が見えてきました。


f0155048_22183036.jpg
客殿横にも紅葉が残ってくれていましたよ。


f0155048_2219974.jpg
やはりここでは「天下三棚」と言われるうちの1つ、「霞棚」が注目の的。
何度見ても美しい棚です。霞がたなびくような・・・なるほど、霞棚というわけです。

f0155048_22191719.jpg
鯉と鮒の図も有名。
あまりにいきいきと描かれすぎて、夜な夜な杉戸を抜け出て池で泳いだ、という逸話。
後から金網が描かれたそうですが・・・もうすでに何箇所か破れた跡が。
今も抜け出ているのでしょうか(^-^)
作者不詳のこの活き活きとした魚の絵を見て、網を描いたのは・・・なんと、伝・円山応挙とのこと。


f0155048_22201935.jpg
つぎは楽只軒へ進みます。
客殿の西側を通ると・・・


f0155048_22203421.jpg
網干の欄干が。
漁師が網を干す様子を表した意匠です。


f0155048_22205157.jpg
楽只軒は扁額やその周辺を見るとススで黒ずんだ跡が。
これは、楽只軒が林丘寺の建物であった時代、林丘寺二代の普光院宮の疱瘡平癒のために護摩を焚いた時の名残。
二の間の襖に見える竜田川の紅葉の絵は、狩野探幽の息子、狩野探信の筆。


f0155048_2221238.jpg
井戸端の紅葉も赤く色づいてくれていました。


f0155048_222201.jpg
さぁ、再び中離宮の入口付近へ戻ってきました。


f0155048_22243180.jpg
やはりここの赤さは美しかったです。


f0155048_22301641.jpg
さぁ、御馬車道を進み、ついにあの坂道を登ります。


f0155048_22302317.jpg
これを登れば上離宮。
馬車が通れば、松の枝葉に擦れてしまい痛そうですが、そこは離宮ですから。
葉先の細い、刺さっても痛くない松並木なんですよ。


f0155048_22305041.jpg
坂道を登って行くと、ここにも紅葉が待ってくれていました。


f0155048_22313042.jpg
さぁ、上離宮入口の門へ到着。

晩秋の修学院離宮、後編は上離宮へ入っていきます。
by kwc_photo | 2016-01-11 07:18 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24852854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 雪だるま at 2016-01-11 07:46 x
絶景ですね
好天にも恵まれて
素晴らしい撮影になりましたね


京都の寺社
ほぼ巡ってますが
実はこちらだけは入ったことが無いんですよ
いつか訪れる機会があるはず
今からワクワクする絵を拝見させていただきました
次回の分楽しみです
Commented by arak_okano at 2016-01-11 10:35
大変だ、大変だ、夢のまた夢ですよ、この紅葉の時期なんて
どうしよう、いや、見させていただいて感謝ばかりです。
いつも、外から眺めていて、警備の方に、入れてくれないかなと
思っているばかりです。
新年に良い夢をありがとうございます、バグースです。
Commented by 阿修羅王 at 2016-01-11 14:16 x
う~、晴れ男パワー、素晴らしいです。
今年もこちらへは行けなかったので、なんとも嬉しいですね。
さあて、上離宮、どんな様子だったんでしょう。
楽しみ。
Commented by deepseasons at 2016-01-11 19:24
こんばんは〜
確かに晴れ男らしいピカピカの青空ですね。
塀の外から待合室や表門辺りの色つきがいいなあと見ていました。
中に入ってしまうと、広がりのある庭に晴れ間が似合います。
建物も見応えあるし、比較的空いている冬場に訪れて見ようかなと思えてきました。
Commented by miyakokoto at 2016-01-11 20:27
こんばんわ(^^♪
 憧れの修学院離宮・・・中々申し込んでまで行かれない。諦めて居たワタシです。
これぞ、居ながらにして魅せて頂き嬉しいです。有り難うございます<(_ _)>
勢いの良い「鯉」・・・網を描かれる程・・・凄いです!
中まで魅せて頂き有難うございました。
次が楽しみです♪
Commented by kurese0535 at 2016-01-12 00:21
こんばんわです。
修学院離宮行かれたんですね!
事前申し込みでこの青空!晴れ男パワー全開ですね^^
一度も行ったことないので今年こそ行ってみようかなと思いつつ
申し込みが面倒でいつもスルーです^^;
見せてただきありがとうございます。
Commented by lecouple at 2016-01-12 06:49 x
おはようございます。
晴れ男の面目躍如でしょうか! ^-^
昨秋の紅葉の中でこちらは比較的良かったかなと思っています。
上離宮も楽しみにしていま~す。
Commented by kwc_photo at 2016-01-12 12:22
>雪だるまさん
ホント、見事な晴天でした。真っ赤な紅葉とはコントラスト
が見事で、来てよかった~と思いましたよ。
後編もぜひご覧下さいね。近々アップ予定です。
Commented by kwc_photo at 2016-01-12 12:22
>アラックさん
そうなんです。うまい具合に紅葉の季節に訪れることが
できました。3年ぶりだったので感慨もひとしおでした。
参観券がないと絶対いれてもらえませんから、敷居が
高いですよね~(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2016-01-12 12:23
>阿修羅王さん
滑り込みセーフでギリギリキャンセル待ちにありつきました。
27日、例年ならバッチリな日程ですが、やっぱり今年は
難しかったですね~。とは言え、綺麗に染まった紅葉もあり、
十分楽しませてもらいました~。
上離宮も近々アップしますね。
Commented by kwc_photo at 2016-01-12 12:23
>deepseasonsさん
見事な青空でビックリな感じでした(笑)
意外と門から見える紅葉が綺麗でしたよね。
奥は、やっぱり晩秋光景でしたが、それでも手入れの賜物
でしょうか、綺麗なところもあって、楽しめました~。
冬場は行ったことがないんですが、雪景色を見てみたい
なぁ、と思いますね。
Commented by kwc_photo at 2016-01-12 12:23
>miyakokotoさん
魅惑の離宮~ですよね。私はまだ仙洞御所や桂離宮には
入ったことがないので、いずれ行ってみたいと思っています。
紅葉で天気に恵まれて・・・というのはなかなか得がたい機会
なので、今年の紅葉はイマイチ、とは言いながら、ありがたく
参観させていただきました(^^)
Commented by kwc_photo at 2016-01-12 12:23
>kureseさん
行ってきました~。
私も予約のハガキを出すのは苦手(というか忘れてる)なので、
キャンセル待ちで何とか日程を押さえることができました。
確かに日が選べないので、青空に当たるかどうかは運任せ。
そういう意味では、面目躍如!でした(笑)
Commented by kwc_photo at 2016-01-12 12:24
>lecoupleさん
ホント、晴れすぎ!くらいの青空でした。
lecoupleさんの行った24日がベストだったのでは?
と思います。やっぱり25、26日の風雨で随分やられて
いました・・・。散りが綺麗な年なら良かったのですがね。
上離宮編もそういう意味では3年前を超えられないですね(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード
    
<< カンザキハナナ(寒咲き花菜)咲... 左義長(城陽市) >>