左義長(城陽市)
          
f0155048_225391.jpg
今年も左義長が行われましたので行ってきました。

立派なとんど焼きが燃える様子をお届けいたします。






f0155048_226519.jpg
雲一つない紺碧の空。
今年の左義長は温かい日でした。
しかし見事なとんど焼きの櫓。


f0155048_2261666.jpg
近所の方もしめ縄を焚べに来ておられました。

f0155048_2262347.jpg
旧暦1月15日に宮中で行われていたという、青竹を束ねて毬杖(ぎっちょう)を三本結んだ上に扇子や短冊などを置き、
陰陽師が謡いはやしながら燃やす、という行事が、左義長のいわれ。


f0155048_2263491.jpg
三(さん)本の毬杖(ぎちょう)=左義長(さぎちょう)というわけですね。
これが宮中から民間に伝わり、今の形になったと言われます。


f0155048_2265575.jpg
現在は扇子や短冊の代わりに、しめ縄などのお正月飾りや、御札、そして、書き初めなどを燃やします。
書き初めが燃えた灰が高く舞い上がると、書道の腕前が上達するそうです。


f0155048_2291297.jpg
さぁ、スタンバイは万全。


f0155048_2292026.jpg
参観日が終わり、子どもたちが校庭に集まり始めました。


f0155048_2293840.jpg
とんど焼きを囲んで円になりました。


f0155048_2295144.jpg
さぁ、点火です!


f0155048_2295582.jpg



f0155048_22103389.jpg
勢い良く立ち上る炎。


f0155048_22112117.jpg
あっという間に竹の結び目にも着火です。
暖かい空気があたりを包みます。


f0155048_22114062.jpg
結び目の縄が燃え尽きそうです。


f0155048_22123859.jpg
それと同時に、まわりの竹櫓も崩れ始めました。
パチパチと竹の爆ぜる音が響き始めます。


f0155048_2213195.jpg
お、崩れました!


f0155048_22134819.jpg
炎の勢いはさらに増します。


f0155048_22141949.jpg
大きな炎、普段見ることがない炎です。
このとんど焼きの火にあたると、その年を無病息災で過ごせると言い伝えられます。


f0155048_2215571.jpg
みんなで火にあたりながら・・・


f0155048_22151427.jpg
今年の健康を祈りましょう。


f0155048_22154028.jpg
竹は節になっていますよね。
節の間の空気が温められて破裂するんです。
その音が大砲のように「ドーン!」と鳴ることもあり、これが「とんど焼き」または「どんと焼き」の名前につながったと言われています。
ほら、煙をあげて、竹が爆ぜました(^-^)


f0155048_2216407.jpg
今年は風もなく、炎も綺麗によく燃えました。


f0155048_22172241.jpg
あれだけ立派だった櫓がこんなに小さく。
それでもまだまだあったかい。
私も今年も無病息災で行きたいところです。

動画でもどうぞ(^^)
竹の爆ぜる音、子供達の歓声が楽しめます。


f0155048_22184764.jpg
さぁ、とんど焼きが終わったら、お楽しみはこれ。
たくさんのお餅が準備され・・・


f0155048_22185434.jpg
皆さんにぜんざいが振る舞われます。


f0155048_2219128.jpg
私も一杯いただきました。
身体もあたたまる、あま~いぜんざい。お餅も柔らかでした。

今年も立派な櫓を組んでくださった自治会連合会の皆さん、社会福祉協議会の皆さん、ほか、
地域のみなさま、ありがとうございました。
こういう行事、続いていることは本当に素晴らしいと思います。
by kwc_photo | 2016-01-10 00:01 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24849686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-01-10 05:15
わお、サクラダファミリアに見えてしまいました。
どんど焼き
どんと焼き
どんどん焼き
いろいろの呼び名があるように思います。
今日も、バグースをありがとうございます。
Commented by revoir-dima at 2016-01-10 18:00
こういう季節の行事はいいですね。
左義長、とんど、他全国では色んな呼び名があるそうです。
とんどには青空が似合いますね。
Commented by deepseasons at 2016-01-10 20:09
こんばんは〜
私にとっても子供の頃の思い出がいっぱい詰まったとんどを、今年も見せてくれてありがとうございます。
今年の上空からの構図(校舎からでしょうか)もいいですね。
Commented by A-HIMEKKO at 2016-01-10 20:27
とんどは最近、復活しました。
かつては、ダイオキシン?問題とかでしてませんでしたが。。。。
こういう行事は継承していくべきですね。
こちらでもぜんざいがふるまわれました。
左義長・・・は、初めて聞きましたぁ~
Commented by dejikaji at 2016-01-10 21:11
kwc_photoさん、こんばんはです。
左義長、大きなの組まれてやってるんですね。
自分所は六孫神社がやっておりますが、こんな規模ではございません。
去年、新熊野神社の左義長見に行きましたが、神道と修験道の両方のご祈祷なんかがあって、迫力ありました。
その後、ぜんざいが振る舞われたんですが、凄い人で自分はありつけませんでした・・・・。
Commented at 2016-01-11 06:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kwc_photo at 2016-01-11 19:39
>アラックさん
なるほど、りっぱなとんどがサグラダ・ファミリアに・・・
言われたら見えてきました(笑)
どんど焼き、とんどやき、どんと焼き、いろいろ言い方は
ありますね~。昔あった「キンチョーどんと」というカイロも
この温かさからネーミングされたんでしょうね~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-01-11 19:39
>revoir-dimaさん
この時期、毎年行っています~。
というか、ウチは3人娘で、4年ずつあいているので、
小学校はあと2年通うことになるんですよね~。
長女のころから通算して11年目です(笑)
今年は青空で気持ちよく燃えてくれました~。
Commented by kwc_photo at 2016-01-11 19:39
>deepseasonsさん
deepさんのところもとんど焼きがありましたか~。
子供の頃の思い出って色濃く残っていますよね。
これからも続けていって欲しい催しです。
上からのは、渡り廊下からと非常階段からのショット
です。勝手知ったる、ですね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2016-01-11 19:39
>A-HIMEKKOさん
ダイオキシンかぁ~。まぁ、しめ飾りを燃やすだけなら
そんなのは出ないでしょうし、大丈夫なんでしょうね。
左義長のいわれ、面白いですよね。毬杖でぎっちょうと
読むところから難しいですが、なるほど!と思いました(^-^)
子どもたちの思い出にも残るいい行事なので、継承して
行って欲しいですね。
Commented by kwc_photo at 2016-01-11 19:39
>dejikajiさん
結構大きいです~。
今年はしめ飾りを外に飾る分が少なめでしたが、知っている
係員さんにお願いして、中に放り込まれた袋から、ちょっと
豪華目なしめ縄を出してもらって飾り付けました(^^ゞ
新熊野神社の左義長も豪華なとんど焼きに修験道と神道で、
なかなか見応えありそうですね。また機会があれば行ってみたいです。
Commented by kwc_photo at 2016-01-11 19:39
>鍵コメさん
ありがとうございます~。
当たってて良かったです。
写真、いろいろ撮っているので、駄作も含めて
毎日のようにアップしています(^^ゞ
今年もどうぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
どこかでお会いできたらいいですね~(^-^)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-01-16 07:34
初めまして。
初コメントいたします。
どんど焼き、
小学校単位で行われているのですね。
自分の住む長野では地区単位なので、
こんな広い校庭で、
大人数で盛大にどんど焼きが行われるのが、
少し羨ましく思います。
とても臨場感のあるお写真でした。
また、訪問させていただきます。
よろしくお願いいたします。
Commented by kwc_photo at 2016-01-16 11:43
>j-garden-hirasatoさん
来ていただいてありがとうございます(^-^)
どんど焼き、うちの地域の小学校は行われているのですが、
全部で行われているわけでもないんです。
地域の方々が熱心に続けていただいているおかげで
楽しませてもらっています。
小学校の子達は、今はこれが当たり前になっているでしょうけれど、
大きくなってからも思い出になると思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2015・修学院離宮... 京都の紅葉2015・彩りの化野念仏寺 >>