京都の紅葉2015・天授庵ライトアップ
          
f0155048_23292029.jpg
今年も行ってまいりました~。
昨年は待っている間、凍えていた天授庵。
今年は寒くなかった分、真っ赤ではなく、錦色のライトアップとなりました。

(※11月18日撮影)






f0155048_23322631.jpg
仕事帰りに天授庵へ。
あら~。書院には大勢の人がいるようです(^^;
雨なんですが、雨だけに人が多いのが天授庵。


f0155048_23332957.jpg
お部屋の中からゆっくり紅葉が眺められるんですよね~。


f0155048_23333951.jpg
今年は色づきが遅めでヤキモキ。
やっと赤くなりましたが、やはり緑が残ります。


f0155048_2333593.jpg
とはいえ、美しい赤を見せてくれる天授庵。


f0155048_23347100.jpg
角々に灯される行灯も雰囲気を盛り上げてくれます。


f0155048_23342332.jpg
紅葉の赤の補色となる松と苔の緑。
色合いの美しさに惚れぼれします。


f0155048_2334433.jpg
おっと、こちらもいい感じ。
雨で濡れた敷石に紅葉が反射していますね。
竹の緑も効果的です。


f0155048_23345446.jpg
ここの紅葉は本当に色づきが良いので、お昼間も来たいところなんですが、今年はやや散りが早めでした。
ライトアップは、そのあたりを補ってくれるのでうれしいですね。


f0155048_2335929.jpg
人が座らない状態で濡れ縁も撮れたので、さぁ、書院へ行きましょうか。


f0155048_23352461.jpg
通路からみた光景に目を奪われます。
散り紅葉も植え込みに散りかかって綺麗。


f0155048_23364249.jpg
さぁ、書院へやってきました。
いきなり人が立ってくれて、無人でまずはひとつ目の額縁光景(^-^)


f0155048_23371339.jpg
あとは待つのみ。
閉門時間が近づくと、カメラマンタイムの到来です。
スッキリと人がいない広い額縁で。


f0155048_23373858.jpg
緑が残るお庭も、これはこれで綺麗かもしれませんね。


f0155048_2339012.jpg
美しい演出をしてくれる天授庵。
京都全体として紅葉の状態がもうひとつ、という中で、美しい光景を見せてくれたことに感謝です。
by kwc_photo | 2015-11-27 07:28 | 京都(Kyoto) | Trackback(3) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24711625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ2 at 2015-11-27 19:35
タイトル : 紅葉の南禅寺 天授庵ライトアップ
 南禅寺天授庵のライトアップに行ってきました。2015年11月16日撮影。1.ライトアップは初めて訪れました。去年は開催日を間違ったり、カメラの電池を忘れたりでいけなかったのでようやく^^;夜7時半過ぎに到着。昼とは違い書院の中に入ることができます。でもやはりといいますか、たくさんの人が縁側、窓側に座っておられました。こりゃ無理かなと書院のほうから方丈前庭のほうへ。ここもやっぱり多し。朝や昼とはちがう庭が見れました。2.前が空いたので自分も座ってぼけっとしてみました。で、カメラを置いて撮影してみました...... more
Tracked from Deep Season  at 2015-11-27 20:11
タイトル : 天授庵
 も る  紅葉にとって厳しい年になった。  昼間は、痛々しい葉っぱが目立つが、  ライトアップが紅葉を補ってくれた。  青葉から散り葉まで五色の紅葉が  混在するのも今年の傾向だ。    自然な色でないと言われるかもしれないが、  目くじら立てないで  騙されたと思って  今宵は紅葉に酔いしれましょうか。  (2015.11.18)... more
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2015-11-30 09:57
タイトル : 天授庵(南禅寺塔頭)
美しき紅葉風景 南禅寺塔頭天授庵ライトアップ。 先に方丈を伺いました。置かれた灯籠と紅葉。 闇夜の中に浮かび上がる紅葉を愛でる事が出来ました。 そして書院へ。人もいなくなり静寂の風景が広がりました。 前から紅葉を愛でても素敵ですが 少し下がって書院の柱などの建物を額縁として 眺めた風景はより素敵に感じました。 静かな中で美しい風景を堪能出来る時間は贅沢の一言。 目の前に広がる美しい風景に癒されるばかりの天授庵ライトアップでした。 ... more
Commented by youpv at 2015-11-27 07:40
おはようございます。
色づきの悪い今年の中では
美しい風景を見せてくれた感じになりましたね。
それにしても人が多かったですね(^_^;)
Commented by arak_okano at 2015-11-27 07:53
やっぱり素晴らしいですね、天寿庵さんのライトアップをありがとうございます、バグースです。アラック、日曜日に行こうと思います、交番に行かないと、どこか間に合うところはありますかね、あ、でも脚が駄目かな。
Commented by A-HIMEKKO at 2015-11-27 10:34
人ばかりの京都で
ライトアップ閉門ぎりぎりまでの写真♪
粘り勝ちですね。
紅葉は
色の移り変わりの妙が味わえるっていうのを
再確認しました^^
Commented by kurese0535 at 2015-11-27 19:35
こんばんわです。
混雑、屋内から撮影だから雨とか関係ないんですね、やっぱり。
今年は暖かすぎたんですね。って言っていたら
急に寒くなりましたね。もう遅いですが・・、今度は寒すぎです。
やっぱり閉門粘りなんですね。
短い時間での撮影、さすがお見事です。
自分には難しそうです。焦って撮れないと思います^^;
Commented by deepseasons at 2015-11-27 19:43
こんばんは〜
今年の紅葉は、あまりお会いしないなあと思っていましたが、流石にこの日は集合状態でした。
見事にシャープな画像を改めて感心して見させてもらっています。
今年は、皮肉にも暖かったので待ち時間も苦になりませんでした。
続いてアップしますので、TBさせてくださいね。
Commented by 雪だるま at 2015-11-28 06:03 x
やはりこちらのライトアップは格別ですね
先週末に昼間のこちらを訪れましたが
今年の紅葉の残念さにがっかりしましたが
ライトアップともなると見事にいい風景になってます
Commented by kwc_photo at 2015-11-28 18:41
>youpvさん
今年のライトアップはホントに難しかったです。
どこへ行っていいやら。天授庵さんもギリギリでしたね。
とはいえ、これだけ魅せてもらえれば今年は十分ですかね。
人はホント多かった・・・どこへ行っても今年は多いですね。
Commented by kwc_photo at 2015-11-28 18:42
>アラックさん
天授庵のライトアップ、今年も狙っていましたが、例年より
早く真ん中の赤が散り、それ以外が緑という難しい条件に
なりました。タイミングが難しいところでしたが、綺麗な
ライトに照らされて何とかごまかせましたかね(笑)
日曜日、人が多いと思いますが、上手く回ってくださいね~。
Commented by kwc_photo at 2015-11-28 18:42
>A-HIMEKKOさん
人が多すぎる京都で、人のいない写真を撮るのは最初か最後
を狙うしかない、という感じですね(^-^)
今年の紅葉は一気に染まる、ということがなかったので、
いずこも色が混ざり合う形になりましたが、ライトアップ
ならこれも綺麗に演出してくれて綺麗でした(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-11-28 18:42
>kureseさん
今年、あまりにも温かい11月でした・・・。
やっと冷え込んだのが今週からですもんね。
既にコシがなくなったモミジ葉は、雨風ですぐ傷むので
結局散りもあまり綺麗じゃないという、ある意味記憶に残る
2015年となりました(^^;
この日の閉門待ちは知り合いばっかりだったので、
喋りながらでしたので待ち時間が全く苦にならなかったです(^^;
Commented by kwc_photo at 2015-11-28 18:42
>deepseasonsさん
思いがけず全員集合!という感じでしたよね(笑)
昨年はガタガタ震えながら閉門待ちをしましたが、
今年は余裕でした。そりゃぁ紅葉も赤くならないはずですよね(^^;
秘密兵器のおかげでシャープに撮れます(^-^)
ライトアップにはオススメですよ。
Commented by kwc_photo at 2015-11-28 18:42
>雪だるまさん
昼間だとあらが目立つ紅葉でも、ライトアップだと光の
色もあって綺麗にみえますしね~。
何より誰もいない状況で撮れたのが良かったです。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の紅葉2015・金色の紅葉... 京都の紅葉2015・秋の移ろい... >>