都ライト’15 sanpo
          
f0155048_23164658.jpg
今年も楽しみにしていた都ライト。
今年はしっかり石畳に水を打ってくれたので、綺麗に明かりがにじみました(^-^)。

(※11月6日撮影)

*** 都ライト’15は11月6日~8日で終了しています ***




f0155048_23174971.jpg
町家から漏れ出す明かり。
光と影が美しい模様を路面にうみだします。


f0155048_23181279.jpg
いつも美しい和久傳さんの格子戸。


f0155048_23182270.jpg
放射状に広がる格子の影が綺麗です。


f0155048_23184172.jpg
メインと言っても良い格子と犬矢来のあるこの場所。
ライティングも美しく、しばし見惚れました。


f0155048_2319020.jpg
改めて、造形美を感じる光景です。
町家のデザイン、素敵ですね。


f0155048_23191931.jpg
影がクロスする様子は、異空間を思わせます。


f0155048_23192995.jpg
こちらも影が美しい。
ヒツジグサの浮かぶ蹲もいいですね~。


f0155048_23193626.jpg
こちらはメダカの水桶。
映りこみが美しい。


f0155048_23195373.jpg
広がりのある明かりと影。


f0155048_2320571.jpg
ここは「大黒町です。」


f0155048_23201618.jpg
虫籠窓もある、伝統的な町家造り。
内側から照らし出す都ライトの試み、毎年楽しみにしています。


f0155048_23201986.jpg
これはニャンコ?ワンコ?


f0155048_23203413.jpg
今年も撮ってみました、「自転車と町家」(^-^)。


f0155048_23205162.jpg
こちら、格子戸からの明かりも綺麗でしたが、もっと目を引くものが。


f0155048_23215710.jpg
ちらりと見える、この明かり。
小さな屏風のように見えますよね。


f0155048_2323897.jpg
これ、西陣織の模様を作るパターン。
ジャガード織機の模様パターンのパーツを使ったイルミネーションの試み。
これにはシビレました。


f0155048_23245072.jpg
こちらでは西陣織の折機も見られました。


f0155048_23251548.jpg
昔はこのあたりは至る所で機織りの音が響いていたんです。
親戚も西陣織の職人でした。懐かしいなぁ。


f0155048_23252550.jpg
和傘だったらよかったんですがね。
カラフルな傘のオブジェでした。

f0155048_23254293.jpg
場所は変わって上七軒へ。
くろすけさんの町家も美しい。
格子戸には影絵の遊び心。


f0155048_23255912.jpg
交差する光と影。


f0155048_23267100.jpg
懸崖菊をバックに、勝奈さんがお店から出てこられました。
焦ってちょっとブレました(^_^;)

f0155048_23262914.jpg
梅乃さんの暖簾の向こうには塗下駄が。


f0155048_23264645.jpg
上七軒の夜はやさしい光で彩られていました。


f0155048_23271681.jpg
最後は昆布の五辻さんの明かりで。

格子戸から漏れる優しい明かり。
都ライトも11年目だそうです。これからも新しい試みを取り入れながら続けていって欲しい催しです。
by kwc_photo | 2015-11-18 07:15 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24682808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2015-11-18 07:23
やっぱり期間限定には縁がありません。見事な光と影の芸術をありがとうございます。さらには勝奈さんの登場とは驚きました、バグースです。天候はどうなっているのでしょうかね。
Commented by susatan at 2015-11-18 08:17
おはようございます
格子の美しい世界に引き込まれてしまいました。
あの塗下駄の…カタカタっていう音まで聞こえてきそうです
Commented by A-HIMEKKO at 2015-11-18 10:10
わぁ・・・・・雰囲気あるわぁ!!
伝統の町家が
灯りのマジックでより幻想的ですね。
姫路にもこういう町家、古民家通りがありますが・・・・
イベントとして成立っていない。。。残念><
Commented by misat at 2015-11-18 12:36 x
素晴らしい町家と格子から漏れる優しい光、私がイメージする"京都”です^^
昨年も此方で見せて頂いて、いつかこのイベントに行けたらいいなあと夢見てます。
本当に綺麗ですね!!
Commented by kurese0535 at 2015-11-18 18:34
こんばんわです。
わ、綺麗!見事ですね〜。
比叡山の帰りに行ったんですが
自分は去年と同じ写真ばかりになってしまいました^^;
去年は高雄の帰り、今年は比叡山の帰り!いつもへとへとです(笑)
Commented by dejikaji at 2015-11-18 21:12
kwc_photoさん、こんばんはです。
都ライト、開催からほぼ毎年通っていて、マンネリ化してるんですが、
ついつい通ってしまう魅力がありますね。
3枚目の和久傳さんのこの構図は気付きませんでした!
いつもここは真正面からばかり撮ってしまうので。
上七軒と大黒町を結ぶ途中の光景も、いつもバイクなんで撮らずに帰ってしまってますが、
勿体ない事してますね。
来年からはここも撮らねば。
Commented by revoir-dima at 2015-11-18 22:17
今年の傘、フツーの傘だったんですねぇ。
私が行った最終日は雨だったこともあるのか傘の場所は何も置いてませんでした。
確かに、私もマンネリというか同じような写真しか撮れませんが、
それでも見てみたくなる町屋の夜灯りは美しいですよね~
Commented by kwc_photo at 2015-11-19 12:15
>アラックさん
3日間のみのイベントですが、毎年楽しみにしています。
京都の町家をうまくプロデュースしてくれていると思います。
勝奈さんはふと横をみたら出てこられたので、慌ててシャッター!
でしたが、ブレちゃいました(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2015-11-19 12:15
>susatanさん
町家建築ってノスタルジックなので、こういうイベントとの
相性は抜群ですね。
何ともいえない、あたたかさを感じる催しです。
コロンコロン、と下駄の音が聞こえると、あ!と振り返って
しまいますね。今回は偶然いいタイミングで出てこられたので
嬉しかったです。
Commented by kwc_photo at 2015-11-19 12:15
>A-HIMEKKOさん
ありがとうございます。格子からの光、普段はこんな
感じに明かりが漏れないので、とても雰囲気がいいですね。
姫路も城下町みたいな雰囲気の場所がありますね。
同じようなイベントをやってみたら面白いと思うのですがね~。
Commented by kwc_photo at 2015-11-19 12:15
>misatさん
京都らしいイメージが増幅されますよね~。
普段は真っ暗なんですが(笑)
町家造りの造形美の美しさが強調されるライトアップです。
ずっと続いて欲しいです~。
Commented by kwc_photo at 2015-11-19 12:15
>kureseさん
ありがとうございます。
仕事帰りでしたが、何とか撮れました。
ちょっと出遅れたので、最後は消灯されてしまいました(笑)
比叡山の帰り、とはなかなかの・・・(笑)
夜まで撮影だとヘトヘトですね~(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2015-11-19 12:15
>dejikajiさん
都ライト、いいですよね~。
大黒町の雰囲気はこの催しにピッタリだと思います。
牛乳パックの灯籠は、常に出しておいて欲しいですね。
ちょっとさみしかったです。
上七軒~大黒町のところは、あの折機があるところが
好きなんです。五辻さんも洗練されてますしね。
Commented by kwc_photo at 2015-11-19 12:15
>revoir-dimaさん
今年は「ちょっとおしゃれな」普通の傘でした(^_^;)
やっぱりこの雰囲気だと、和傘がいいですよね。
例年、確かに同じ感じになってきていますが、
定番の催しとして、楽しみにしています。
新しい試みにも期待したいですね。
Commented by miyasan at 2015-11-22 01:16 x
兎に角素晴らしいです!! 見られ事が羨ましいです!!
行った時に・・、見て歩いている場所とは思えないです。
放射状に広がる光と格子の影が見て下さいと言っている感じ・・
自分が帰る夜は!?かすかな灯りの中を駐車場まで歩いています(笑)
何時もこんな雰囲気なら楽しいでしょうね。
勝奈ちゃんの簪と足元の菊がマッチングしているヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ
梅乃さんは新館ですね! 
下駄の有る左側には小さな部屋が有り、冬はコタツが準備してありますよ。
芸舞妓さんが待機する場所なのか??
こうして行けなくても見れる事に感謝です。
有難う御座います。。
Commented by kwc_photo at 2015-11-23 15:30
>miyasanさん
ありがとうございます。
この催しはホントに味があっていいなぁって毎年思います。
町家の美しさを内側からライトアップすることで際立たせるというのは
ナイスアイディアな試みだと思います。
勝奈さん、ホントですね。懸崖菊と簪の菊がコラボ!
梅乃さん、内側はそんな感じなんですね。魅惑の内部・・・(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 石蕗と柿(常寂光寺) 京都の紅葉2015・雨の高台寺 >>