アートアクアリウム~京都・金魚の舞~
          
f0155048_04116.jpg
今年も行ってまいりました。
二条城の夜の空間に広がる異次元の世界。

アートアクアリウム、今年は空いてます(笑)






f0155048_043384.jpg
昨年も開催された「アートアクアリウム城」。
昨年は京都世界文化遺産登録20周年でした。そして今年、再び京都へ。


f0155048_05348.jpg
琳派400年記念祭にあわせての開催。
屏風に見立てた水槽が何ともカラフル。


f0155048_061641.jpg
幻想的な美しさは昨年同様でした。


f0155048_065857.jpg
キモノリウム。
これも昨年見ましたね~。


f0155048_07467.jpg
水槽前には漆塗りの下駄がありました。


f0155048_083258.jpg
これが今年のメイン水槽ですね。


f0155048_083853.jpg
刻々と色が変化します。
まさに異空間。


f0155048_085174.jpg
個人的には、あまりヘンに色がついていない方が好み(笑)


f0155048_09197.jpg
このぐらいが一番水槽らしいですよね。
綺麗なディスプレイです。


f0155048_091229.jpg
金魚もたくさん泳いでいました。


f0155048_0102020.jpg
そんな水槽を見上げるのは・・・どなたでしょ?


f0155048_0104883.jpg
美しい水槽に見惚れておられましたが・・・


f0155048_0112185.jpg
水槽の金魚よりも目を引く勝奈さん。


f0155048_014191.jpg
表面張力で盛り上がる水面を眺めて・・・金魚に触りたいネコちゃんみたいです(^-^)


f0155048_0145027.jpg
え、ウチ、気に入ってもらえたん?
そうみたいですよ(笑)


f0155048_0462094.jpg
闇に浮かび上がる丸い水槽。


f0155048_0152172.jpg
興味津々な笑顔は、まだあどけなさも。


f0155048_0153593.jpg
でも、ふとした表情はグッと大人に見えて・・・
少女と大人の魅力が行き来する異次元空間でした。


f0155048_0164031.jpg
特設舞台では、今年も荒城蘭太郎氏による金魚の舞が披露されました。


f0155048_01703.jpg
背の高い、スラっとした女形の荒城蘭太郎さん。
目線をビシっとくださいました。


f0155048_0182079.jpg
夢の共演。


f0155048_0184113.jpg
夜は更けてゆきました。


f0155048_0214156.jpg
再びメイン水槽へ。


f0155048_0215533.jpg
今年は目新しい水槽がこれっきりでしたが・・・


f0155048_0221393.jpg
変化に富んだ演出、楽しませていただきました。


f0155048_022504.jpg
フェニックス柄の着物。


f0155048_023889.jpg
花魚繚乱模様図の間でラスト。
Under the Sea、ではありませんが、水槽の金魚になった気分を味わえました。

展示としては、昨年に比べて少し寂しかったアートアクアリウム城。だから空いていたんでしょうね。
でも、スペシャル・ゲストの勝奈さんのおかげで、華やかになりました(^-^)

※許可をいただいております。
by kwc_photo | 2015-11-11 07:12 | 京都(Kyoto) | Trackback(1)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24660293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ2 at 2015-11-13 00:10
タイトル : 二条城 アートアクアリウム城-京都・金魚の舞-2015
 二条城で開催されているアートアクアリウム城・京都・金魚の舞へ行ってきました。2015年10月/ 11月平日撮影日。もう記事にしないでおこうかなと思いましたが周りのブロガーさんがきっちりされてますのでアップします。去年、だだ混みだったアートアクアリウム。今年は去年やったばかりで一度いけばいいか!と思う方がたくさんいたのかどうかわかりませんけど思いのほか空いていました。でも展示的にはあまり代わり映えせずな感じで。まあ、相変わらず幻想的な雰囲気の金魚アートです。行ったことない方はオススメします。1.中に入...... more
    
<< 京都の紅葉2015・彩秋(鍬山神社) バラと唐辛子(京都府立植物園・後編) >>