京都御所秋季一般公開・蹴鞠
          
f0155048_23182169.jpg
今年も御所の一般公開の蹴鞠を見てきました。
青空にも恵まれ、雅な装束で行う蹴鞠の艶やかさに華を添えてくれました。

(※11月1日撮影)


京都御所秋季一般公開・雅楽 はこちら。



f0155048_2319128.jpg
蹴鞠が始まる頃には鞠庭のまわりにはたくさんのお客さん。
さぁ、蹴鞠保存会の皆さんが入場。カラフルな衣装です。
蹴鞠をする人たちのことを「鞠足」と呼びます。


f0155048_23195927.jpg
さぁ、鞠の入場です。
解鞠の儀、と言います。


f0155048_23203162.jpg
二又のモミジに挟まれた鞠は長老に手渡されます。


f0155048_23205462.jpg
枝ごと受け取った長老は中央へ歩み寄ります。
秋らしく、少し紅葉したモミジでした(^-^)


f0155048_23212396.jpg
長老は腰をかがめ・・・


f0155048_23213973.jpg
袖で隠しながら、枝から鞠を解き放ちます。


f0155048_23221074.jpg
セット完了(^-^)
鞠は丸い鹿革を二枚貼りあわせたもので、中空。
硬そうに見えますが、実は柔らかく、軽いものだそうです。


f0155048_2323342.jpg
鞠足が入場。長老から順に配置につきます。
烏帽子の紫色の緒は最上級者の証。


f0155048_23231617.jpg
この方、武将風の風格がありますよね。


f0155048_23233765.jpg
カラフルな衣装は、実は意味があります。
鞠の上手な人から初級者まで、装束の色で段位がわかるようになっています。
長老は水干が香金紗、袴が片身替(左右で色違い)ですので、十段。
武将風の方は水干が紅金紗、袴が蘇芳色なので三段上か四段下、という感じです。


f0155048_23234782.jpg
まずは小鞠、と言って、1人ずつ鞠の感触を確かめる試し蹴り。
長老から順に行います。


f0155048_2324436.jpg
それが終わると、いよいよ蹴鞠の始まりです。
高く鞠が上がると、観客も沸きます。
とは言え、蹴るのは4mくらいが上限とされています。


f0155048_23243381.jpg
さすが長老は鞠のコントロールが巧みです。


f0155048_23243642.jpg
なかなか続きませんが、うまく鞠が回ると「おお~」と歓声が。


f0155048_23251616.jpg
時折、アクロバティックなキックも(^-^)。


f0155048_2326013.jpg
衣装もキレイで、何とも雅な光景です。


f0155048_23273113.jpg
鞠沓は鴨の嘴に似ているので、「鴨沓」とも言われます。


f0155048_23275084.jpg
女性の鞠足さんも頑張っておられました。


f0155048_23281349.jpg
そこだぁ~!オーバーヘッド!・・・とは行きませんが(笑)、難しい位置の鞠を追う姿に観客も盛り上がります。


f0155048_2329375.jpg
表情も真剣!


f0155048_2329468.jpg
マトリックス・・・ではありません(古っ・・・笑)
この方、なかなか動きがダイナミックでした(^-^)


f0155048_23304978.jpg
基本、鞠庭に円形で陣形を組んで行われるので、背中ばかり見えていますが、
鞠が弾む方向で、上手く皆さんがこちらを向いてくれる瞬間も。


f0155048_23333632.jpg
秋の空が高い~。
弾む鞠と共に、空を見上げてしまいました。


f0155048_2334357.jpg
追いつけ~!
・・ムリでした。実は蹴鞠、左足を使ってはいけません。
左足なら追いつけたかも、ですが、左利きだろうと右足のみを使って蹴らねばならないのです。


f0155048_23343014.jpg
今度はホイッと!
いえいえ、ホイ!ではありません。掛け声は「アリ!」「オウ!」「ヤ!」のみです。


f0155048_23353722.jpg
御門をバックに行われた蹴鞠。
観客も鞠の行方を見守りつつ、鞠足たちの技を見るのを楽しんでいました。


f0155048_23361451.jpg
蹴鞠保存会の皆様、お疲れ様でした~。
by kwc_photo | 2015-11-02 07:12 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(20)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24630388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2015-11-04 17:07
タイトル : 京都御所
京都御所にて 京都御所の一般公開。 紫宸殿の見事な風景を見せていただく事が出来ました。 春興殿前広場にて蹴鞠が行われました。 蹴鞠保存会の方々による軽快な足さばき。 建春門を背景に行われる蹴鞠は優雅の一言。 ダイナミックな足技に魅了されます。 京都御所にて見事で優雅な蹴鞠に魅了されるばかりでした。 ... more
Commented by arak_okano at 2015-11-02 07:33
一般公開でこんなに素晴らしい行事があるのですね、行きたかったですが、無理。バグースをありがとうございます。
Commented by kanageohis1964 at 2015-11-02 08:37 x
こんにちは。

なかなかこういう具体的な様子を見る機会がないので、こうして見せていただけると参考になります。蹴鞠は右足しか使ってはいけないというのは初めて知りました。
写真も何時もながらクリアで鮮やかですね。
Commented by A-HIMEKKO at 2015-11-02 12:40
いつも拝見させてもろうてます。
いやあ、お見事です♪
御所の威厳な風合いと、蹴鞠装束のカラフルさが
実にいいですね。
奥深い京都が好きです。
貴重な写真を、ありがとうございます^^
Commented by ericanada at 2015-11-02 13:44
ほぉ~~。
これが蹴鞠なんですね。
平安時代の雰囲気そのままに、華やかな衣装で素敵です。
光源氏もこうして遊んでいたんでしょうね。
Commented by miyakokoto at 2015-11-02 16:52
こんにちわ(^^♪
 初めて拝見しました。
正面から撮られて見ごたえが有りますネ 1日は京都へ出て居ましたが全く
気が付きませんでした(笑) 白い筋雲は眺めて居ました♪
Commented by deepseasons at 2015-11-02 20:01
こんばんは〜
こちらの蹴鞠には、行ったことがないですが、広々として開放的な雰囲気があります。
いつもkatsuさんが行かれるので秋晴れのようですね。
色鮮やかなお衣裳も映えています。
Commented by dejikaji at 2015-11-02 21:33
kwc_photoさん、こんばんはです。
昨日行かれて、早くも出て来るとは、凄いですね~!
自分はまだ先月のネタをアタフタやってます(笑
皆さん集まられてるので自分も行こうかな?と思いましたが、
前日飲んでいましたので、人混みに揉まれるのも辛いので止めておきました。
蹴鞠の詳しい説明よくご存じですね、勉強になりました。
Commented by rollingwest at 2015-11-02 22:34
蹴毬レポート堪能です!初めて見ましたが実に躍動的な連続写真、楽しませてもらいました~
Commented by kurese0535 at 2015-11-03 00:45
こんばんわです。
蹴鞠!自分は前日の雅楽を見物してました。
あの囲いが蹴鞠の会場だったんですね。
青空の下、彩りある衣装での蹴鞠、優雅ですね。
されている方々はあの衣装では難しそうです。
蹴鞠は未だ見たことありませんのでいつか見てみたいです。
Commented by 雪だるま at 2015-11-03 08:10 x
雪だるまも土曜日に訪れました
ただ少し遅い出発だったので
到着したのは10時前くらい
蹴鞠のあった会場では雅楽を演奏しいました
調度、還城楽の題目時だったのですが
あまりの人込みで撮影するところまで近づけませんでした
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:14
>アラックさん
御所の一般公開の蹴鞠は、比較的席取りがしやすいので、
お正月の蹴鞠よりも楽ちんです(^^)
午後からの予定もあったので、この日は蹴鞠をゆっくり
2度見てから家に帰りました。
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:14
>kanageohisさん
こんにちは~。蹴鞠を見る機会、京都だと年に何度か
あるんですが、なかなか見られないですよね。
御所の一般公開時の蹴鞠は四方から見られるので、
比較的見やすいと思います。機会があれば是非お越しに
なってくださいね。
ルールは蹴鞠の最中に保存会の方がマイクで説明してください
ますが、なかなか奥深いです(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:14
>A-HIMEKKOさん
御所の門をバックに、雅な装束での蹴鞠。なかなか絵になり
ますよね。毎年楽しみにしているところです。
鮮やかな衣装がお天気もよくて良く映えました(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:14
>ericanadaさん
蹴鞠を見ていると、なるほど古式ゆかしい衣装もあって、
お公家さんの雅な遊びはこうだったのだろうなぁという
イマジネーションを膨らますための材料になりますね。
光源氏のころから続く伝統ですね(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:14
>miyakokotoさん
御所一般公開時の蹴鞠は、あまりハードルが高くなくて、
場所取りも十分1時間前でいけます。
お正月の下鴨神社などは、寒空の中かなり待たないと
いけませんので、一般公開の時がおすすめですよ(^^)
同じ白い筋雲を眺めてらっしゃったんですね(^ー^)
私は今日も御所へ行ってきましたよ。
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:14
>deepseasonsさん
四方から眺められる鞠庭なので、どうしても後ろに
人が入ってしまいますが、広々とした雰囲気なので
あまり気になりませんね。空も広く撮れるし、気持ちいい
です。
あ、昨年は私が行ったにもかかわらず(笑)、雨の中の
蹴鞠となって、車寄せの下で行われましたよ。
あれはあれで、レアですね(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:14
>dejikajiさん
なんせ平日の時間があまりないので、枚数撮ったものの
現像は休みのウチじゃないと、お蔵入りになってしまい
ます(笑)。
私も先月のネタがまだ溜まっているので、頑張って出して
行きます(^^ゞ
御所は入るときはすごい人だかりですが、広すぎて中に
入れば意外とそうでもないんですよ。
特に蹴鞠は10時からなので、9時だと余裕で前列に
入れます(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:15
>rollingwestさん
ありがとうございます。
蹴鞠、実際に見るとなかなか雅ですよ。
アリ!オゥ~!などの掛け声も雰囲気が出ます。
鞠足さんがダイナミックな動きをすると、観客も
おおっ、とどよめくんですよ(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:15
>kureseさん
前日の雅楽、素晴らしい雲が出ていましたよね。
私は今朝行ってきましたが、青空!でした。
お約束通りですね(笑)
途中雲が出たり消えたりして、それはそれで面白かったです。
蹴鞠はお正月の下鴨神社を敬遠しているので、この一般公開
は外せません(笑)
待ち時間も短く、気温もまだ低くないので楽ちんです(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-11-03 23:15
>雪だるまさん
土曜日に行っておられましたか。
私は雅楽は3日に!と、その日は山へ走ってしまいましたので、
惜しいことをしました。綺麗な秋雲が出ていましたしね。
今日も還城楽でしたので、演目としては同じでしたね。
また後日掲載しますね~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 百花繚乱(京都丹波亀岡夢コスモス園) Prologue 京都の紅葉2... >>