梵燈の明かりに親しむ会(妙心寺塔頭・東林院)
          
f0155048_2312063.jpg
今年も行ってきました。
闇と虫の音、そして梵燈の明かりを楽しむことができる空間。
やっぱりこの雰囲気、大好きです。

(※10月14日撮影)






f0155048_2312399.jpg
この時期、超繁忙期なんですが、どうしてもこの会は行きたくて・・・
残業後、受付終了ギリギリの20時20分に飛び込みました。
受付のお母さんに「あんまり時間ゆっくりしてもらえへんけど、カンニンなぁ」と・・・
いえいえ、辿りつけただけでも十分なんです。ありがとうございます。


f0155048_23122062.jpg
とっぷり日も暮れて、辺りは真っ暗。
そして、団体さんもお帰りになったあとで、お寺は静かな雰囲気。


f0155048_2312286.jpg
そう、この日はこの催しに来たのでした。
毎年楽しみにしています。


f0155048_23124146.jpg
灯籠といっても電気じゃないのがこの会のいいところ。
蝋燭の灯なので、丸い穴から漏れた光がフワフワと揺れます。


f0155048_23124510.jpg
炎の明かりって温かみがあっていいですよね。


f0155048_23125250.jpg
今年のお庭のテーマ。
「秋山風月清(しゅうざん ふうげつ きよし)」


f0155048_23125967.jpg
メインのお庭にこのテーマが明かりを使って描かれます。
いつものことながら、本当に素敵です。


f0155048_23132483.jpg
「秋」の文字。
すべてが蝋燭の炎による明かりで表現されています。


f0155048_23133476.jpg
こちらから見ると、滑走路のような(^-^)


f0155048_23135425.jpg
揺れる光に癒やされます。


f0155048_23141982.jpg
手水鉢の縁にも一つ。
おっと、時間がありません。お茶席へ行きましょう。

f0155048_23143747.jpg
もちろん、誰もおられません。
この日、最後のお客となりました。


f0155048_23144236.jpg
この明るさ。
もちろん電気も灯っているのですが、昔の夜はこれに近い暗さだったのでしょうね。


f0155048_2314507.jpg
お抹茶と栗羊羹を頂きます。
虫の音を聞きながら、そしてお庭の明かりを眺めながら飲むお茶は格別でした。


f0155048_23151438.jpg
この鴨居にかかる間接照明・・・


f0155048_23153237.jpg
これも蝋燭なんですよ。
まさに元祖間接照明ですね。


f0155048_2316675.jpg
さぁ、そろそろ閉門の時間です。


f0155048_2316217.jpg
お茶席を出ると、ガラス戸が閉められました。
映り込む梵燈の明かりを撮らせていただきました。


f0155048_23164717.jpg
21:00。
「拝観終了ですよ~」などと、ヤボは言われません。
木板をカン・カン・カン・・・としばらく鳴らされます。
最後は大相撲の拍子木のようにスピードが速まり、「カカカン、カカン、カカン!」とリズムがついて、
ああ、終わりだなぁ、と感じさせてくれます。思わず拍手したくなる気遣いです。


f0155048_23172214.jpg
最後はお寺のお母さんに見送られ、閉門となりました。

無理くり行った感のある、短い訪問時間でしたが、
その分闇と静けさ、そして、最後の拍子木まで聞けて満足の一夜でした(^-^)
by kwc_photo | 2015-10-22 07:11 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24594412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2015-10-22 07:23
今年もありがとうございます、やっぱりバグースです。間に合った、そして暖かいお見送りが嬉しいですね。アラック、秋は全てキャンセルして仕事に専念した方が良いのかな、いや、それはストレスだな!
Commented by cynchia at 2015-10-22 07:34
おはようございます、お疲れ様です!
素晴らしい景観をありがとうございます。
なかなか行けませんね。
Commented by susatan at 2015-10-22 11:58
この日最後のお客様になられたお茶室の雰囲気!!
蝋燭の灯りの美しさを 堪能させていただきました。
お仕事終わって 駆けつけられた理由がよくわかります。
こんな素晴らしい一時を過ごせるなんて 羨ましいです♪
Commented by G7_2007 at 2015-10-22 21:08
なるほど〜、閉まる前が狙い目なのですね…
今年は行かなかったのですが、来年は最後の訪問者になってみようと思います。(^^;;
Commented by rollingwest at 2015-10-22 22:29
素晴らしい光のページェントですね~!奈良興福寺の万灯会に行ったことがありますがあの時の荘厳な光景を思い出しました。
Commented by kurese0535 at 2015-10-23 22:24
こんばんわです。
ああ、行かれたんですね。
自分はみなさんの記事で思い出して行こうとしていけませんでした。
閉門まぎわならおられないんですね。なるほど。
でもちょっと自分は落ち着かないんです。
マジックアワーの時間帯からぼーっとしたいのですが
混雑し過ぎで無理なんですよね。
見せてきただきありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2015-10-29 08:31
>アラックさん
私も仕事が詰まってて、今年は無理かなと思ったのですが、
なんとか閉門ギリギリに飛び込んで行ってきました。
お寺で「闇」と「灯り」を体感できるイベントはなかなか
ないですしね。
短い時間でしたが、行ってよかったです。
ストレスは溜めないのが一番です(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-10-29 08:33
>シンシアさん
ありがとうございます。
なかなか出会えない雰囲気なので、無理してでも行きたい
催しなんですよねー(^^)
20:30まで受け付けておられるので、
ギリギリで30分だけ楽しませていただきました。
Commented by kwc_photo at 2015-10-29 08:36
>Susatanさん
最後だとお茶席が独り占めでした(^^)
混み合ってるとこういう撮影はできないので、
ある意味正解でした(笑)
のんびりした気分を味わいましたが、
ゆっくりし過ぎて、木版がカンカンと…(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-10-29 08:39
>G7さん
平日最後のお客になるのは、結構オススメでした。
終了のお触れとなる木版の音、闇夜なんでお寺内に
響き渡ります。多分耳が敏感になるのだと思いますが、
何とも心地よい響きでした(^^)
本当は1時間ゆっくりできるよう、20:00前には入りたいですね(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2015-10-29 08:41
>rollingwestさん
萬燈会もロウソクの炎ですよね。
キラキライルミネーションも素敵ですが、
お寺でこの雰囲気はなかなか味わえないので、
毎年楽しみにしています(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-10-29 08:44
>kureseさん
ブルーモーメントに行きたいところですが、
なかなか夜は出歩きにくく、仕事終わりの平日を
狙いました。
時間的に真っ暗闇でしたが、それがまた良かったという気がします。
最後のお客になるのも良いものです(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< ダイモンジソウ咲く(古知谷阿弥陀寺) コスモス畑の朝(藤原宮跡) >>