紫陽花の寺(柳谷観音 立願山楊谷寺)
          
f0155048_15264877.jpg
アジサイが美しく咲くお寺、楊谷寺。
境内を散策させていただきました。

(※6月20日撮影)






f0155048_15265114.jpg
小葉ランタナが咲く参道を通って楊谷寺境内へ。


f0155048_15275179.jpg
石段横にもガクアジサイが綺麗に咲いていました。


f0155048_15275599.jpg
観世音菩薩の大きな提灯がかかる本堂。
こちらは「柳谷観音」とも呼ばれます。


f0155048_15284445.jpg
裏山を登っていく道はアジサイロード。


f0155048_1529073.jpg
庫裡を見下ろすこの場所の斜面にもアジサイがいっぱい咲いています。


f0155048_1529862.jpg
アジサイに誘われるように上へ。


f0155048_15291832.jpg
こちらのアジサイは結構玉も大きめでしたよ。


f0155048_153078.jpg
両横を彩るアジサイたちを愛でながら


f0155048_15294999.jpg
あじさい回廊を登って奥の院へ行きます。


f0155048_15302484.jpg
奥の院はガクアジサイが出迎えてくれました。


f0155048_153113.jpg
しっとり梅雨に濡れたアジサイがいい雰囲気です。


f0155048_15302812.jpg
奥の院。静かです。


f0155048_15304186.jpg
お、墨田の花火、ですね。
爽やかな色です。


f0155048_1531481.jpg
こちらはピンク色。
変わり種ガクアジサイですね。


f0155048_15312981.jpg
帰り道もアジサイに誘われるように・・・。


f0155048_15315389.jpg
斜面にはワインレッドのシックなアジサイが。


f0155048_153277.jpg
カシワバアジサイも満開です。


f0155048_15321567.jpg
帰り道もずっとアジサイですね(^-^)


f0155048_15323251.jpg
ガクアジサイに包まれる石灯籠。


f0155048_15324343.jpg
たくさんのアジサイを楽しめた楊谷寺。


f0155048_15325682.jpg
帰りの石段でもアジサイがお見送り。


f0155048_1533261.jpg
パステルカラーのアジサイが手を振ってくれました。

また来年も訪れたいなぁ。
静かなアジサイ詣でができた柳谷観音、楊谷寺でした。
by kwc_photo | 2015-08-16 23:16 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24369947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2015-08-17 05:49 x
最後の丸い花たちがとても可愛いですねぇ。
本当に笑顔で手を振っているように見えました。
Commented by arak_okano at 2015-08-17 13:07
いろいろな色がありますね、良いですね。
バグースですよ、紫陽花ロード。
来年は休みが取れるかな。
Commented by dejikaji at 2015-08-17 21:46
kwc_photoさん、こんばんはです。
こちら、今年初めて伺いましたが、好い所ですね~!
紫陽花の数はそれほど多くはございませんが、凄くのんびりとした雰囲気の中で撮れるのが気に入りました。
Commented by kwc_photo at 2015-08-19 22:17
>阿修羅王さん
でしょ~。思わず帰り際でしたがいっぱい撮ってしまいました。
色合いが良いですよね。グラデーションしてて。
ニコニコ笑顔に見えました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-08-19 22:18
>アラックさん
シックなものからパステル調まで、アジサイって本当に
多種多様ですよね。形も色も飽きさせませんね~。
アジサイの頃の京都も見どころいっぱいですので、
来年、時間がとれたら是非来てくださいね~。
Commented by kwc_photo at 2015-08-19 22:25
>dejikajiさん
あ、dejikajiさんも初だったのですね。
私も昨年行きそびれたので、今年は行きたい、と思っていました。
ノンビリしていますよね。善峯寺のあとだったので、花数は
物足りなく思いましたが、種類も色もいっぱいで楽しめました(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 八朔の日に(祇園甲部・まめ藤さ... 八朔(祇園甲部) >>