生谷家特別公開(京の夏の旅2015)
          
f0155048_23582417.jpg
京の夏の旅で公開されている生谷家。
町家の中に、様々なお宝を飾ってくださっていました。





f0155048_23582713.jpg
鞍馬口駅からほど近いところに存在する生谷家。
明治時代まで「万(よろず)や」の屋号で青物問屋を営んでいた旧家です。


f0155048_23583034.jpg



f0155048_23583271.jpg
この町家は歴史的意匠建造物・景観重要建造物・歴史的風致形成建造物ということで京都市から認定されています。


f0155048_2358343.jpg
もちろん屋根には鍾馗さんが(^-^)

f0155048_23583782.jpg
お宅の中に入らせてもらうと、吹き抜けのこのスペースが気持ち良い~。



f0155048_23584162.jpg
まずは一階のお部屋へ。
こちらには、近年作庭された「光臨庭」があります。


f0155048_23585342.jpg
尾形光琳邸宅があった場所から近いこと、仏神の降臨を願ってのことから、
「光」琳と降「臨」を取って、光臨庭と名付けられたそうです。


f0155048_2359188.jpg
中央の赤い石を「光琳石」と呼び、左右の石と合わせて三尊石としています。
これらの石は尾形光琳敷地内にあったものと伝わります。


f0155048_23591220.jpg
立派なお軸がかかるお部屋。
籐むしろに葦簀の襖。夏の風通しを考えた、涼やかなお部屋の工夫。
もちろん、冬になると普通の襖と畳に戻されます。


f0155048_23591545.jpg
お庭を見ながら、二階へ上がります。


f0155048_2359202.jpg
町家らしい階段です。


f0155048_23592445.jpg
お軸が惜しげも無くかけてあります。


f0155048_23592698.jpg
なんと松平定信の書!
力強い墨跡ですね。
刀剣と香炉もあわせて床の間に飾ってありました。


f0155048_23592883.jpg
勝海舟の書。


f0155048_23595397.jpg
二階も葦簀と籐むしろ。
気持ちいいお部屋です。


f0155048_002161.jpg

これまたお宝をたくさん展示いただいていました。
中央は目玉の「新選組発注の刀」。島田魁が発注したという曰くつきの刀です。


f0155048_003174.jpg
虫籠窓をバックに、陸奥守包重。


f0155048_005973.jpg
銘もはっきり確認できます。


f0155048_01580.jpg
こちらは海部泰吉。
カイフヤスヨシとカタカナで銘が刻まれたものは珍しいようです。


f0155048_011334.jpg
匕首も展示されていました。


f0155048_012013.jpg
見下ろす町家。
梁が立派ですね。


f0155048_012795.jpg
おくどさん。


f0155048_013921.jpg
おや、これはいわゆる「おままごとセット」ですね。すごく精巧に作られています。
お重は本物。漆に金蒔絵の逸品です。


f0155048_014440.jpg
祇園祭の団扇、ご自由にお取り下さい、とのことだったので、並べさせてもらいました。
「おー、こんなに綺麗に」と係の方に喜んでもらいました(^-^)


f0155048_014959.jpg
階段の見える光景。
町家の美、ですね。


f0155048_015929.jpg
山岡鉄舟の扇絵も額装されていました。


f0155048_02969.jpg
井戸端にも坪庭が。
何気ないところにも杉板を使って、おしゃれなお庭にしてしまうのが素晴らしいですね。


f0155048_021645.jpg
お宝いっぱいの生谷家。
今年は暑い夏になっていますが、クーラーも効かせていただいていますので、
ゆったりくつろがせて頂きました(^-^)
by kwc_photo | 2015-08-06 22:57 | 京都(Kyoto) | Trackback(2) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24335529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from デジタルな鍛冶屋の写真歩記 at 2015-08-07 16:51
タイトル : 生谷住宅 京の夏の旅・2015
毎年、夏のこの時期に行われております京の夏の旅、 通常非公開となってる建築や庭園などを特別に公開してくれる、ありがたいイベント。 その中の一つ、明治時代まで「万(よろず)や」の屋号で青物問屋を営んでいた、 旧家の生谷家住宅に行って来ました。 1.国の有形文化財。 老朽化が進んでいたのですが、近年綺麗に改修され甦りました。 2.格子の美学。 駒寄に出格子が魅せる京町家。 3.青物問屋。 今で言う所の流通業のようなもの。 4.びっしり!。 玄関くぐって振り...... more
Tracked from Deep Season  at 2015-08-30 19:21
タイトル : 生谷家住宅
 よろずや  生谷家は、室町時代の御家人であったが、時の所司代の命で賀茂川築堤を成し遂げ、  「万(よろず)や」の屋号で青物問屋を営んでいた。  近年に作庭された坪庭は、「光臨の庭」と名づけられている。  中央に配置された存在感のある赤茶けた石は、尾形光琳屋敷内にあったと伝わる光琳石だそうだ。  白梅を添えた光琳石を風神に、那智黒石敷で流水を表現し、石橋の先の紅梅を配した右岸には  青石で風神を見立てている。    光琳の代表作「紅白梅図屏風」が、光琳が傾倒した俵屋宗達...... more
Commented by dejikaji at 2015-08-06 23:19
こんばんはです。
ここ、自分も日曜日に行って来ました。
綺麗に改修されていたので、自分的にはもう少し生活臭が残っていて欲しかったな〜と思ってしまいました。
それと、結構人が来てまして、こんな風に引きであまり撮れなかったのが残念でした。
刀の展示は見応えありましたね!
真剣をケース無して見れるのってそうはないので。
Commented by miyasan at 2015-08-07 00:36 x
素敵な場所ですね!! 今度京都に出かけたら是非行ってみたい場所です。
刀身を見たいですが、勝海舟の字体が面白いです!!
これは行かねば成らない場所です。
何度か真剣を持った事は有りますが、こんな素晴らしい物は見とれてしまうでしょうね。

先日はお逢い出来て良かったです。
また!? 何かの機会が有れば宜しくお願いします。

Commented by 雪だるま at 2015-08-07 05:46 x
これは、参考になりました
以前、ここの近くの特別公開の町家では
撮影禁止だったので
今年のこちらももしかしたら撮影禁止かな?と思い
訪れずにおりました

次回の京都巡りで訪れてみたいと思います
Commented by cynchia at 2015-08-07 08:12
おはようございます、お宝の山ですね。
素晴らしい物を見せていただき、ありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2015-08-07 12:27
>dejikajiさん
すごく綺麗に改修されましたよね~。ちょっと町家美術館的な
感じにもなりましたが、昔の雰囲気を残してくださっているので
ありがたいことです。
私は出勤前の平日ですので、もちろん誰もおらず・・・(笑)
帰る頃に2名ほど来られましたが、ほぼ独占でした。
真剣があんなに間近で見られるとは!でしたよね。
あまりにマジマジと見ていたので、「触れたらスパッといきますよ」
と言われちゃいました(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-08-07 12:27
>miyasanさん
先日はお会いできて嬉しかったです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

生谷家、この夏の特別公開なのですよ~。
9月30日までの会期です。著名な江戸、幕末期の方々の
書などもあり、お宝いっぱいでした。
抜身の刀身は惹き込まれますね~。魔力を感じました。
触るとスパッと切れますよ、気をつけて、と言われました。
もちろん触りませんが、ほんとに手を伸ばせば届くところ
に展示してくださっているので、じっくり眺められます。
Commented by kwc_photo at 2015-08-07 12:27
>雪だるまさん
撮影OKなんですね?って聞いたら、どうぞどうぞ、全て
大丈夫です!と大変気前よく言っていただきましたよ(^^)。
きっと風通しもよいお宅だと思うのですが、公開中は
全館クーラーを入れて頂いています。風を感じてみたかった
ですが、この暑さ・・・クーラーがとてもありがたかったです(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-08-07 12:27
>シンシアさん
本当に惜しげも無くお宝を見せてくれていて
それを町家の中で見せていただくことで古き良き雰囲気
まで感じられます。刀剣はケースではなく、抜身のまま
みせてくださいますよ。
Commented by misat at 2015-08-07 12:36 x
貴重なお写真見せて頂き有難う御座います。
京都の町家は色々と工夫が一杯ですね~。
そして、京の夏の旅では普段見れない様なところが公開されていていいですね!
大変興味深く拝見しました。
Commented by kurese0535 at 2015-08-07 23:38
こんばんわです。
夏の旅・・・
広告は拝借してチェックしてたんですが
夏!!と聞くともう最近だれだれで引きこもっています^^;
いやしかし刀、見たくなりました。
クーラーも効いているなら、
もう少し暑さ和らいだら行ってみようかな・・^^;
Commented by kwc_photo at 2015-08-08 12:49
>misatさん
立派な町家、さすが老舗の問屋さんだった場所です。
お庭も立派ですし、お部屋のしつらえも素晴らしいです。
夏と冬で建具を変えるっていうところもスゴイですね。
お宝もいっぱいで見ごたえありました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-08-08 12:58
>kureseさん
夏の旅、どこへ行こうかと考えたら、こちらにたどり着きました。
刀が飾ってあるのは知らなかったのですが、一番惹かれました。
刀身を間近で(しかもガラス越しではなく)見るというのは初めて
だったかもしれません。吸い寄せられるような魔力を感じます。
人を斬る道具だったのに、美しい。なぜそれを美しく仕上げるように
なったのか・・・ロマンはつきませんね。
Commented by at 2015-08-10 22:11 x
こんばんは~
格子戸に虫籠窓、屋根には鍾馗さんが・・・この2枚嬉しいです。
銘入りの刀、波打った模様入りの刀など本当に切れ味が凄そうですね。
黒光りの太いむき出しの梁に吹き抜けの長い灯りが暖かい雰囲気がいいですね。
お宝が沢山所蔵の町家をありがとうございました。
Commented by kwc_photo at 2015-08-11 23:05
>彩さん
紅殻格子に虫籠窓、という町家建築は、何だかホッとさせてくれる雰囲気が
ありますね。京都人のDNAがそうさせるのでしょうか(^-^)
鍾馗さんも京町家には欠かせないですね~。

乱れ刃紋、刀剣好きは引き込まれますね。
たくさんの刀が展示されていて、この二階で長居してしまいました(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 紫陽花の海(善峯寺) 花傘巡行・祇園東編(祇園祭2015) >>